ばんそうこう保育 保育の見えない落とし穴(前)

保育士おとーちゃんの「保育の力」って何だろう?


近ごろ、僕が多くの保育施設に研修で訪れて感じるのは、保育士の疲弊です。
それには様々な原因がありますが、多くの園現場に共通するのは「幼児クラスが大変」になっていることです。例えば情緒がかなり不安定であったり、遊びを壊したり、叩くといった行動をする子どもが多い。また、何度注意しても困る行動をやめない...。
こうした現状に対してばんそうこうを貼るように、応急処置するしかない保育が、悪循環を生んでいるといえます。今回から複数に分けて、この問題について一緒に考えていきましょう。
ばんそうこう保育 保育の見えない落とし穴(前)


保育士が疲弊する園に共通する「幼児クラスの大変さ」



多くの保育士を悩ませる「幼児クラスの大変さ」。特に年齢があがればあがるほど、その大変さ・しんどさは増しているようです。

この「大変さ」に対して、「子どもたちの今の姿は、保育がうまくいっていないからだ。頑張ってなんとか解決しよう」というように、保育者の「頑張り」で対処するしかない場合、そこで働く保育士は精神的、肉体的に疲弊していきます。
そして実際、そのようになっている保育施設は少なくないことでしょう。


子供理解を深めて、保育上の問題として解決できる



努力や意欲、愛情といった精神論で考えがちな保育施設においては、こうした「幼児の大変さ」を口にすることさえ難しいでしょう。その精神的な負担は、「あの親は甘やかしている」「あの子はしつけがなっていない」といった悪口、陰口を言うことに向かわせたりもします。

僕はこの状態の保育をなんとか解決してほしいのです。
解決のためには「保育者の我慢」ではなく、施設全体で取り組む体系的な保育や、専門的な保育が必要なのです。

つまり、「幼児クラスの大変さ」は「子供が悪い、親が悪い」という問題ではなく、保育上の問題として解決、対処できます。
そのために、保育実践のスキルや、子供への理解を保育者として深めていく必要があるのです。


ダメなアプローチの例...「ばんそうこう保育」とは?



解決策の前に、まず実際の保育施設が取ってしまっている対応はどうなっているかを考えたいと思います。今、「幼児クラスの大変さ」に対して、実際の保育現場では、できてしまった傷にまるで「ばんそうこう」を貼っていくかのような対応をしています。

例えば......
「今年度の年長さんも手がかかって大変そうね。じゃあ、子供をまとめるのが上手い○○先生に担任してもらいましょう」

とばかりに、「子供への対応」が上手な保育士を配置して、なんとかその大変さを押さえこむような保育を展開している現場が多いのです。


傷口にふたをするだけの「ばんそうこう保育」では解決にならない



この「子供をまとめるのが上手い」というところがポイント。大変な子であっても適切な保育で向き合い、情緒や愛着形成などの面から安定させられる保育者であれば問題はありません。

しかし、時にそれは大きな声で子供を威圧するのがうまいばかりの人だったり、「先生の言うこと聞かない子は、お外の遊びは無しです」など、子供に疎外感を与えるやり方で、単に子供の「管理」が上手な人であったりします。

逆に、幼児や年長クラスの担任を希望してくれる職員がいなくて、なにも事情をしらない異動してきたばかりの職員や、新人職員を配置するといったことも起こっています。
特に問題なのが、まじめな人や責任感が強い保育士にばかり大変なクラスを押しつけることで、精神的な疲弊がたまり、退職を招いてしまうケースです。

このように、大変な状態のクラスにまるでばんそうこうを貼るように、「押さえるだけ」「傷を大きくしないだけ」の保育になってしまうことを、僕は「ばんそうこう保育」と呼んでいます。


ばんそうこう保育を回避するには...大きな視点を持つ



でも、こうしたばんそうこう保育は、保育者の認識や取り組みによって回避できます。
そのためには視野を変えてみることが必要です。

考えてみてください。子供の大変さが出るからといって、それを押さえつけることを毎年のように繰り返していたら、それは避けられませんし、ずっとその状態が続いてしまいます。だから、幼児が荒れてしまっている根本原因をしっかりと理解し、そこからアプローチしていく必要があるのです。

では、その原因はどこにあるのでしょうか。ばんそうこう保育回避の鍵は、3歳未満児の保育にあります。
幼児クラスの大変さをその幼児クラスの問題と考えていては、この保育の疲弊の連鎖を断ち切れないのです。幼児クラスの大変さの根っこは、実のところ乳児クラスにおける保育にあります。
ここにおいて必要なものを適切に保育に反映していくことで、幼児クラスの大変さの解消につながります。
では、幼児クラスの大変さを招いている原因を考えてみましょう。


「幼児クラスの大変さ」の原因は


3歳未満児保育にある幼児クラスの大変さには、具体的にどんなものがあるでしょうか。

日々、保育に従事しているみなさんは、いろいろとそれに直面していることと思いますが一部挙げてみます。

・他児の遊びを壊したり、叩くなどの行動をする子がいる
・何度注意しても困る行動をやめない
・生活の流れや、集団での行動のとき、あえて保育者を困らせるような逸脱した行動を取る
・大人の話が聞けず、茶化したり、ふざけたりする
・着替えなど身の回りのことを自分でしようとしない
・午睡時、入眠できない。静かにしていられずわざと周りの子を起こそうとしたりする
・情緒が安定せず、カッとなると感情を制御できず対応に苦慮する子がいる
・遅番の時間、落ち着かず手がつけられなくなる
・お迎えが来るとわざと親を困らせる行動を取る

幼児にこういった行動が多発するのは、3歳未満児保育からの積み重ねができていないということに尽きます。
子供の育ちは積み木のようなものです。下から積んでいくことしかできません。
しかも、積み木の下の方が安定していなければ、いくら上を上手に積もうと思っても、なかなかその努力は実を結びません。

幼児クラスを安定させようと思ったら、そのときになってからいくら力を入れてもその実現は容易ではありません。
乳児クラスの時から、長期的な視野を持って保育していく必要があるのです。

では、上のような大変さの原因はなんなのか?
そこがわかれば、乳児クラスのときに力を入れるべきことが見えてきます。


乳児の時に大人への信頼感や肯定が不足している



細かく見ればいろいろありますが、今回は字数も限られるので集約してズバリ言います。

・大人への信頼感
・肯定不足

このふたつです。

全ての年齢において、肯定感と信頼感を意識することは大切ですが、保育の中では特に0歳~2歳クラスの間にこの点を踏まえた保育をすることで、幼児クラスが安定し、ひいては園全体の保育が落ち着き、安定して運営できるようになっていくのです。

次回以降、そこを具体的に見ていきます。


プロフィール


保育士おとーちゃん(須賀義一)

20170714-suga.png
1974年生まれ。大学卒業後、男性としてはまだ珍しかった保育士(当時は保父)資格を取得する。
2009年、保育士としての経験などを元にブログ『保育士おとーちゃんの子育て日記』を開設。

現代の子育てに合った具体的な関わり方を伝えつつ、多くの人からの子育ての悩み相談にも応える。

著書に『保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」』『保育士おとーちゃんの「心がラクになる子育て」』(ともにPHP研究所)など。

東京都江戸川区出身、墨田区在住。一男一女の父親。

関連する記事

1歳児の室内遊び。保育で役立つゲームや運動遊びのアイディア

1歳児の室内遊び。保育で役立つゲームや運動遊びのアイディア

1歳児の室内遊びは、ゲーム性のあるものから新聞紙などの素材を生かした遊び、身体を使った運動...

1歳児、2歳児の新聞遊び。ねらいや導入方法、遊びのアイデアなど

1歳児、2歳児の新聞遊び。ねらいや導入方法、遊びのアイデアなど

カシャカシャ音を鳴らしたり大きく破ったり、遊びの展開がしやすい新聞紙遊びは保育指導案のテー...

保育園でのお誕生日会。ペープサートやマジックの出し物のアイディア

保育園でのお誕生日会。ペープサートやマジックの出し物のアイディア

保育園でのお誕生日会は4月から3月まで毎月開催するため、出し物のネタに困る保育士さんも多い...

牛乳パックを使ったこいのぼり製作。素材を生かした作り方など

牛乳パックを使ったこいのぼり製作。素材を生かした作り方など

牛乳パックは園での製作で大いに活躍する材料の一つ。こどもの日のこいのぼり製作にも牛乳パッ...

フルーツバスケットのルールを解説。ルール説明の仕方やルールアレンジなど

フルーツバスケットのルールを解説。ルール説明の仕方やルールアレンジなど

フルーツバスケットは保育園や幼稚園でやることが多いゲームでアレンジもしやすい室内遊びの一...

スタンプを使ったこいのぼり製作。材料や作り方など

スタンプを使ったこいのぼり製作。材料や作り方など

低年齢の子どもでも楽しめるお絵かきの技法の一つがスタンプ。こいのぼりのうろこ模様を表現する...

4歳児向けのこいのぼり製作アイデア。ねらいに沿った作り方など

4歳児向けのこいのぼり製作アイデア。ねらいに沿った作り方など

4歳児になるとこいのぼりはおなじみの春の風物詩なのではないでしょうか。4歳児のクラスでも...

ごっこ遊びとは。保育でのねらいと遊び方の種類や手作りおもちゃ

ごっこ遊びとは。保育でのねらいと遊び方の種類や手作りおもちゃ

ごっこ遊びとは、子どもの成長とともに現れる遊びです。年齢によって遊び方の種類や準備するおも...

変わったバスレクアイデア。面白いゲームや盛り上がる遊びなど

変わったバスレクアイデア。面白いゲームや盛り上がる遊びなど

保育園の楽しい遠足。目的地までの時間を、バスでどのように過ごすか頭を悩ませている保育士さん...

1歳児、0歳児の乳児クラス向けこいのぼり製作のアイデア。ねらいにあわせた作り方など

1歳児、0歳児の乳児クラス向けこいのぼり製作のアイデア。ねらいにあわせた作り方など

乳児クラスを担当されている保育士さんの中には、こいのぼり製作をやろうと考えているけどアイデ...

保育園のこいのぼり製作のねらいとは。指導案を書く際のポイント

保育園のこいのぼり製作のねらいとは。指導案を書く際のポイント

保育園でこどもの日にこいのぼり製作をしようと考えている保育士さんは多いのではないでしょう...

フルーツバスケットのやり方、年齢別にできる工夫とねらい

フルーツバスケットのやり方、年齢別にできる工夫とねらい

保育園でできる定番の遊びの一つが「フルーツバスケット」です。実習の設定保育や日常の保育の...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す