0歳児、1歳児、2歳児向けの雪だるま製作。冬にぴったり毛糸を使ったアイデア

保育園での冬の製作に、雪だるまを取り入れてみましょう。身近な素材を使ったり手形などを用いたりと、0歳児や1歳児でも楽しめるアイデアがさまざまありますよ。今回は、1歳児向けのアイデアを中心に、0、2歳児も楽しめる雪だるまの製作を紹介します。毛糸を使った立体製作や壁画製作などで冬の季節を楽しみましょう。


雪だるまの写真

Volodymyr TVERDOKHLIB/shutterstock.com

 

乳児クラスの子どもたちと雪だるまの製作を楽しもう

0歳児から1歳児の乳児クラスの子どもたちは、手や指、足など五感を使って製作を楽しむ頃でしょう。

 

また、2歳児になると、ペンを持って自由に色つけやお絵かきをして表現を楽しむようになるかもしれません。

そんな乳児クラスの子どもたちと、冬の時期ならではの雪だるまをモチーフにした製作をしてみましょう。

 

0歳児や1歳児の子どもたちとは、手形やシール貼り、たんぽなどの技法を用いて壁画製作を楽しみ、2歳児であれば、毛糸や綿を使った立体的なアイデアにも挑戦できるかもしれません。

 

0歳児から2歳児の乳児クラスに雪だるまの製作を取り入れて、子どもたちと冬の季節の訪れを楽しみましょう。

0歳児向けの雪だるま製作

まずは、0歳児向けの雪だるま製作のアイデアを紹介します。

 

手形雪だるま

 

0歳児の手形を活用して雪だるまを作ってみましょう。

用意するもの

  • 画用紙(白色)
  • 画用紙(目や鼻などのパーツ)
  • 大小の画用紙1枚ずつ
  • 絵の具
  • 絵筆
  • 濡れたタオル
  • のり
  • はさみ

作り方

1.先生は白い画用紙を丸くカットします。(片方はひと回り小さめ)


2.(1)を2枚貼り合わせ、大きな画用紙に貼ります。


3.子どもの手のひらに絵の具を塗り、小さめの画用紙に手形をつけます。

これを両手行います。

4.(2)に、手形に沿って切った(3)を貼りつけます。


5.画用紙で作った目や鼻、帽子などのパーツを貼りつければできあがりです。

ポイント

絵の具がついた子どもの手をすぐに拭けるように、先生は濡れたタオルを手元に置いておきましょう。

 

先生が手をパーの形にして手形を押す仕草をすれば、子どもも動きを真似してやってくれるかもしれません。

 

画用紙の目や鼻、口などの位置に鉛筆で薄く目印をつけておけば、子どもたちもパーツを貼りつけやすくなりそうですね。

 

レースペーパーで作る雪だるま

 

レースペーパーを使って、簡単に雪だるまを作ってみましょう。

用意するもの

  • レースペーパー(サイズ違いのものを2枚)
  • 画用紙(鼻・手・帽子のパーツ)
  • 大きめの画用紙
  • 丸シール
  • のり

作り方

1.レースペーパーを大きな画用紙に2枚貼りつけて雪だるまの土台を作ります。


2.黒い丸シールを貼って目を作り、カラフルな丸シールでボタンを作ります。


3.作っておいた鼻と帽子のパーツをのりで貼りつければできあがりです。

ポイント

0歳児にとってシールを貼るのは少し難しいかもしれないため、先生は台紙からはがしたものを手渡し、貼る際に目印となる位置を指さししながら子どもたちを誘導するとよいでしょう。

 

ボタンの部分は、シールだけでなく子どもたちの指スタンプで装飾してもよいですね。

 

紙皿雪だるま

 

紙皿を使って壁に掛けられる雪だるまを製作してみましょう。

用意するもの

  • 画用紙(白色)
  • 画用紙(鼻・木の枝の手・帽子のパーツ)
  • 紙皿
  • 丸シール
  • 毛糸
  • パンチ
  • のり
  • はさみ

作り方

1.先生は、白い画用紙を紙皿よりもひと回り小さく円形にカットします。


2.(1)の画用紙に丸シールや画用紙を貼りつけて顔を作ります。


3.(2)を紙皿に重ねて貼りつけます。


4.画用紙で作った雪だるまの手を(3)に貼りつけ、ボタンの装飾をします。


5.先生は雪だるまの帽子にパンチで穴をあけ、毛糸を通して結べばできあがりです。

ポイント

0歳児は雪だるまにパーツを貼るなど装飾する工程をメインとして行い、画用紙を切ったり穴をあけたりする工程は先生が担当しましょう。

 

画用紙と紙皿をのりで貼りつけたあとに、念のためホッチキスで止めておくと作品が崩れにくくなりますよ。

子どもの手形を切り取ったものを雪だるまの手(木の枝)に貼りつけて、手袋をしている雪だるまを表現してみても、かわいらしい仕上がりになりそうですね。

1歳児向けの雪だるま製作

次に、1歳児向けの雪だるま製作のアイデアを紹介します。

 

たんぽで作る雪だるま

 

1歳児の子どもたちとたんぽを使って雪だるまをえがいてみましょう。

用意するもの

  • 画用紙
  • 絵の具
  • たんぽ(綿、ガーゼ、輪ゴム)
  • マスキングテープ
  • 丸シール
  • 鉛筆

作り方

1.先生は、鉛筆で画用紙に雪だるまの輪郭をかきます。


2.たんぽに白い絵の具をつけ、(1)の線のなかを埋めるように色をつけていきます。


3.絵の具が乾いたら丸シールで目やボタンを装飾します。


4.適度な長さに切ったマスキングテープを貼ってマフラーを作ればできあがりです。

ポイント

白い絵の具がついたたんぽをそのまま活用して画用紙のスペースに雪を降らせれば、より冬らしい製作となるでしょう。

 

小さめのたんぽをもう一つ作り、目やボタン、帽子なども絵の具で表現してもよいですね。

 

この製作は、以下の動画をもとに雪だるまバージョンで紹介しています。作り方が気になる方は参考にしてみてくださいね。

 

関連動画:「【お絵かき】タンポでやさしい色使い ポンポンお絵かき/保育士バンク!」

 

シールで作る雪だるま

 

シールを隙間なく貼りつけて雪だるまを作ってみましょう。

用意するもの

  • 大きめの画用紙
  • 画用紙(手や帽子などパーツを切ったもの)
  • 丸シール
  • 鉛筆
  • のり

作り方

1.先生は、大きな画用紙に鉛筆で雪だるまの輪郭をかきます。


2.(1)の線のなかを埋めるように丸シールを貼りつけていきます。


3.黒い丸シールで目を作り、画用紙で作った鼻や帽子、手などのパーツを貼りつければできあがりです。

ポイント

画用紙の色が見えなくなるようにシールを重ねて貼っていくのがポイントです。

 

子どもたちには「今見えている青色が全部見えなくなるように貼っていこうね」と声をかければ上手にできるかもしれません。

 

シールを貼る作業を通して、子どもたちの指先の器用さを育むことにつながりそうですね。

 

ちぎり絵で作る雪だるま

 

ちぎった折り紙で雪だるまを表現してみましょう。

用意するもの

  • 折り紙
  • 画用紙
  • 鉛筆
  • のり

作り方

1.先生は、鉛筆で画用紙に雪だるまの絵をかきましょう。


2.折り紙を小さくちぎり、下書きの絵にあわせて貼りつければできあがりです。

ポイント

折り紙をちぎる動作は1歳児でもチャレンジしやすいでしょう。

 

上手くできない場合には、先生があらかじめ折り紙に小さな切り込みを入れておくと、子どもたちもちぎりやすくなるかもしれません。

 

ちぎり絵がきれいにできなくても、子どもたちが折り紙やのりの感触などを楽しめるとよいですね。

この製作は以下の動画をもとに雪だるまバージョンとして紹介しています。くわしい作り方を知りたい方は参考にしてみてくださいね。

関連動画:「ちぎり絵で遊ぼう♪/保育士バンク!」

2歳児向けの雪だるま製作

最後に、2歳児向けの雪だるま製作のアイデアを紹介します。

 

ビニール袋雪だるま

 

用意するもの

  • ビニール袋
  • 紙コップ
  • 毛糸(15cm×4本から5本)
  • 綿
  • 綿棒
  • コットンボール
  • 画用紙
  • 接着剤

ポイント

ビニール袋の口はきつく結びすぎないようにし、全体の形を整えながら毛糸を結ぶのがポイントです。

 

ビニール袋の中に入れる材料は、綿以外にも丸めたフラワーペーパーなどでも代用できます。


毛糸や紙コップの色を変えて子どもたちの好きな雪だるまを作ってみてくださいね。(詳しい作り方はこちら

紙コップ雪だるま

 

用意するもの

  • 紙コップ
  • 新聞紙
  • ペットボトルのキャップ
  • クラフトテープ(白)
  • モール
  • 油性フェルトペン
  • 接着剤
  • はさみ

ポイント

先生はあらかじめ紙コップをはさみで半分に切っておきましょう。

 

ビニールテープを持ちながら新聞紙の周りに貼りつけていく工程は、2歳児にとって難しいかもしれません。

 

そのため、先生が事前に適当な長さに切ったビニールテープを何本か用意しておき、子どもたちに1枚ずつ貼りつけてもらうようにすると、やりやすくなりそうです。(詳しい作り方はこちら

 

毛糸の雪だるま

 

毛糸使ってふわふわとした温かみのある雪だるまを作ってみましょう。

用意するもの

  • ダンボール
  • 毛糸(白色)
  • フェルト(雪だるまのパーツ)
  • 接着剤
  • はさみ

作り方

1.先生はダンボールを大小2種類のサイズの円にカットします。


2.(1)のダンボールにそれぞれ白い毛糸を巻きつけていきます。


3.(2)ダンボール同士を接着剤で貼りつけます。


4.フェルトで作った目や鼻のパーツを(3)に貼りつければできあがりです。

ポイント

ふわふわとした感触を作るために、毛糸を多めに巻きつけるのがポイントです。

モールヤーンやファーヤーンなどと呼ばれる毛足の長い毛糸を使うと、よりふんわりした雪だるまを作ることができますよ。

 

少し大きめのダンボールを使って、雪だるまのクッションを作ってみてもよいですね。

 

この製作は、以下の動画をもとに雪だるまバージョンとして紹介しています。くわしい作り方が気になる方は参考にしてみてくださいね。

 

関連動画:「毛糸を使ってひつじのクッションを作ってみましょう!/保育士バンク!」

0歳児、1歳児、2歳児の子どもたちと雪だるまを製作しよう

今回は、0歳児、1歳児、2歳児の乳児クラスが楽しめる雪だるま製作を紹介しました。

 

0歳児や1歳児の場合、手や指先を使って楽しめる手形やシール貼りなどをメインとした雪だるま製作をして、子どもたちの五感を刺激してみましょう。

また、2歳児の場合は、ペンを使った簡単なお絵かきや装飾など、手先の器用さを活かした自由な表現を楽しめる製作を取り入れるとよさそうです。

 

冬ならではの毛糸や綿などの素材を活用して、乳児クラスの子どもたちと雪だるまをテーマにした製作を楽しんでみてくださいね。

 

遊び重視の保育求人を紹介

 

関連する記事

異年齢児保育とは?ねらいや意味、メリット・デメリットをわかりやすく解説!

異年齢児保育とは?ねらいや意味、メリット・デメリットをわかりやすく解説!

異年齢児保育とは、縦割り保育とも呼ばれ、年齢の異なる子どもを同じクラスで保育することです。...

【0歳児~5歳児向け】製作の指導案の書き方とは?ねらいや援助方法の文例

【0歳児~5歳児向け】製作の指導案の書き方とは?ねらいや援助方法の文例

製作活動に向けて指導案を書く保育士さんも多いことでしょう。保育園で子どもたちが楽しく活動で...

秋を楽しむ!自然物を使った製作15選。どんぐりやまつぼっくりで季節を味わおう

秋を楽しむ!自然物を使った製作15選。どんぐりやまつぼっくりで季節を味わおう

どんぐりや落ち葉などさまざまな自然に出会える秋。これらの自然物を使って、保育園で季節感のあ...

保育園でクリスマスの飾りを作ろう!サンタやトナカイなどの手作り製作

保育園でクリスマスの飾りを作ろう!サンタやトナカイなどの手作り製作

保育園でクリスマスの飾りの製作を子どもと楽しみたいと考えている保育士さんも多いのではないで...

【幼児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

【幼児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

子どもたちの造形活動の成果を披露する一大イベント、作品展。今回、保育士バンク!公式インスタ...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!