保育園で子どもが泣く理由とは?0歳児、1歳児、2歳児など年齢別の原因や対応方法

保育士さんのなかには、子どもが泣く理由について知りたい方もいるでしょう。 乳児の場合は生理的欲求や思い通りにいかないことで泣いてしまったり、幼児の場合は周囲との関わりのなかでのトラブルなどから泣いてしまったりと年齢によってさまざまなようです。 今回は、保育園で子どもが泣く理由と対応方法をまとめました。


泣いている子どもをあやす先生

maroke/shutterstock.com


子どもが泣く理由とは?

保育園では、泣いたり笑ったり、時には怒ったりとさまざまな子どもたちの声が聞こえてくるでしょう。


そのなかで、0歳児や1歳児のように言葉でうまく自分の気持ちを伝えられないときや3歳児や4歳児、5歳児のように意見の違いから友だちとトラブルになってしまったりして、泣いてしまうこともあるかもしれません。


子どもたちが泣くのには、そのときの状況や年齢の違いによって子さまざまな理由が考えられますが、それぞれの特徴をふまえておくと、その子に合わせた対応がスムーズにできそうですね。


今回は子どもが泣く理由についてくわしく紹介します。

【0歳児】子どもが泣く理由と対応方法

まずは、0歳児の子どもが泣く理由と対応方法について見ていきましょう。



0歳児が泣く理由


0歳児の子どもが泣く理由には以下のようなものが挙げられます。


  • お腹がすいた
  • 眠い
  • おむつが気持ち悪い

主に生理的欲求が満たされていない場合に、泣くという表現で自分の意思を周囲に伝えているようです。ほかにも、その場の環境に飽きてしまったり、相手をして欲しかったりするときに泣いて気持ちを表していることもあるかもしれません。



対応方法


空腹状態や排泄の有無を確認する

先述したように0歳児の場合、「お腹がすいた」「おむつが持ち悪いなど」生理的な面で泣くことが多い時期のため、まずはお腹が空いた状態でないかと排泄の有無を確認しましょう。


ミルクや離乳食をあげたり、おむつを変えた上で抱っこをしたり、おんぶをしたりして様子を見るとよいかもしれません。

環境を変えて、気分転換する

空腹状態などを確認しても、なかなか泣き止まない場合もあるでしょう。そのときは、子どもの様子を見ながら戸外に出て環境を変えて気分転換をしたり、顔を見ながらあやしたりしてみましょう。


また、眠いなどの理由で泣いている場合は、ゆらゆらしたり安心できるような環境を作ったりすることが大切です。周りの子どもが気になる場合は目線を遮って子どもひとりの空間を作るのもよいかもしれません。


あらかじめ、保護者の方に普段どのように寝ているのかを聞くだけでも、子どもが安心して眠れるヒントが出てきそうです。

【1歳児・2歳児】子どもが泣く理由と対応方法

次に、1歳児や2歳児の子どもたちが泣く理由と対応方法について見ていきましょう。



泣く理由


1歳児や2歳児が泣くのには、以下のような理由が挙げられます。


  • 自我が出てくることで思い通りに行かない
  • イヤイヤ期で何でも嫌になってしまう

2歳児になると自我が芽生え始め、イヤイヤ期が現れる時期でしょう。


自分の気持ちが通らないときや思い通りにいかないときなど、自分の気持ちを我慢できず、泣いて訴えることで保育士にわかってほしいという思いがあるのかもしれません。

他にも、1人でやりたかったのにできなかったという思いから、泣いてしまうこともあるようです。



対応方法


気持ちを汲み取り、代弁する

1歳児や2歳児が泣いているときの対応方法として、子どもの思いをきちんと汲み取り「こうしたかったのかな」と聞くことが大切です。そうすることで、「うんうん」と頷いたり首を振って違うと示したりしてくれるかもしれません。


何が原因で泣いているのかがわかったときは、「〇〇だったよね」と子どもの気持ちを代弁して言葉で表現するとよさそうです。

状況に応じて抱っこするなど、落ち着ける環境を作る

また、抱っこをするなど子どもが落ち着けるような環境を作るとよいでしょう。


他の保育士さんがそばにいたら、「何かありましたか?」と状況を見ていた方に聞いてみたうえで、対応考えることが大切です。

【3歳児・4歳児・5歳児】子どもが泣く理由と対応方法

泣いている男の子

Seahorse Photo in BKK/shutterstock.com


続いて、幼児クラスの子どもたちが泣く理由を見ていきましょう。



泣く理由


3歳児、4歳児、5歳児が泣いてしまう理由には以下のようなものが挙げられます。


  • 友だちとケンカをしてしまう
  • 周りの友だちに自分の思いが伝わらない
  • コミュニケーションがうまくとれない

3歳児以降になると友だちとの関わりが増えることで、トラブルになってしまうこともあるようです。


周りの友だちに合わせて我慢することが多くなったり、自分の気持がうまく言えなかったり、伝わらなかったりと周囲の変化や環境によって泣いてしまうケースが多いのかもしれません。



対応方法


まずは、泣いている子の周りにいた子どもに状況を聞いてみると対応のヒントが得られるかもしれません。そのあとで本人に「〇〇だったのかな?」と聞き、ゆっくり話し出せるように子どもの目線に合わせて寄り添うようにしましょう。


泣いている間は無理に聞き出そうとせずに、泣き止むまで待ったり、落ち着けるように静かな場所に移動したりすることが大切です。


そのとき、他の先生に「〇〇にいますので、お願いします」と場所を伝え、他の子どもの様子を見てもらうようにしましょう。

泣いている子どもへの対応方法やできること

年齢別の原因や対応方法をふまえて、子どもが泣いているときの対応ポイントをまとめました。



子どもが落ち着くまで待つ


まず、子どもが泣きやむまで待つことが大切です。その間、そばについて背中をなでたり、抱っこをしたりとスキンシップを取ると、子どもも安心して少しずつ落ち着けるようになるかもしれません。


また「今は泣いていいんだよ」と声がけをして、無理に泣き止まなくてもよいことを伝えることもポイントです。



きちんと子どもの話を最後まで聞く


こちらが見た状況で判断をせず、子どもの話を最後まできちんと聞くことが大切です。

保育士さんが最後まできちんと話を聞くことで「話しを聞いてもらえた」「自分の思いを伝えられた」と子どもたちは思えるかもしれません。


一方で、子どもの話を最後まで聞けない場合、泣き続けてしまうことも考えられます。


そうならないためにも、静かな場所に移動したり、子どもに寄り添ってゆっくり話を聞けるような環境を作ったりすることも大切です。



先輩や同じクラスの保育士さんに相談をする


自分だけでは、解決が難しい場合や悩んでしまったときには先輩や同じクラスの保育士さんに相談をするとよいでしょう。


話をしている中で、「あの子はこう思っていたのかな」や「もしかしたらこう思っていなかったのかもしれない」ということに気づくこともあるかもしれません。1人で悩まず、他の先生に相談しながら対応していきましょう。



保護者の方にお家での様子を聞く(同じような場面での)


同じような場面で泣いてしまうことが続いた場合、保護者の方に「こういう場面で泣いてしまう事が多かったのですが、お家ではどうですか?」と家での姿を聞いてみるのもよいでしょう。


その際、保護者の方がしている対応方法も聞いてみると、保育園で接するときのヒントにもなりそうですね。

保育中に子どもが泣く理由を知って年齢にあわせて対応をしよう

今回は、保育園で子どもが泣く理由や対応方法を紹介しました。


0歳児は眠い、お腹が空いたなどの生理的欲求で、1歳児や2歳児は自分の思いが通らないなどが挙げられます。また、3歳児、4歳児、5歳児は集団生活による友だちとのコミュニケーションによって泣いてしまうことがあるようです。


年齢によって原因は異なるものの、落ち着くまで待つことや話を最後まで聞くことが大切になります。また他の保育士さんに相談をしたり、保護者の方に家での様子を聞いたりして、対応するうえでのヒントを探すのもポイントです。


子どもが泣く理由を知って、年齢に合わせた対応をしていきましょう。



持ち帰り残業なしの保育求人を紹介



関連する記事

保育園でクリスマスブーツを作ろう!1歳児から楽しめる製作や立体的なアイデア

保育園でクリスマスブーツを作ろう!1歳児から楽しめる製作や立体的なアイデア

冬が近づくと、クリスマスの代表的なモチーフであるブーツの製作を取り入れる保育園もあるのでは...

十字鬼を楽しもう!保育園で遊べる鬼ごっこのルールとやり方アレンジ

十字鬼を楽しもう!保育園で遊べる鬼ごっこのルールとやり方アレンジ

保育園で子どもといっしょに十字鬼を楽しむために、遊び方のアイデアを探している保育士さんもい...

異年齢児保育とは?ねらいや意味、メリット・デメリットをわかりやすく解説!

異年齢児保育とは?ねらいや意味、メリット・デメリットをわかりやすく解説!

異年齢児保育とは、縦割り保育とも呼ばれ、年齢の異なる子どもを同じクラスで保育することです。...

【0歳児~5歳児向け】製作の指導案の書き方とは?ねらいや援助方法の文例

【0歳児~5歳児向け】製作の指導案の書き方とは?ねらいや援助方法の文例

製作活動に向けて指導案を書く保育士さんも多いことでしょう。保育園で子どもたちが楽しく活動で...

秋を楽しむ!自然物を使った製作15選。どんぐりやまつぼっくりで季節を味わおう

秋を楽しむ!自然物を使った製作15選。どんぐりやまつぼっくりで季節を味わおう

どんぐりや落ち葉などさまざまな自然に出会える秋。これらの自然物を使って、保育園で季節感のあ...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!