保育士は退職金をもらえる?計算方法や制度ありの保育園に転職するコツ

1つの園で長く働きたいと考える保育士さんにとって、退職金制度を採用している園で働くことは魅力的でしょう。将来退職や転職をするときのためにも、保育士の退職金事情を知っておくとよいかもしれません。今回は、保育士が退職金をもらうための手続きや計算方法、制度を導入している園で働くためのポイントを解説します。


電卓を持つ女性

miya227/shutterstock.com

 

保育士に退職金はある?

保育士に退職金があるのか気になる方も多いでしょう。

 

結論、公立や私立といった勤める園によって退職金の有無は異なるようです。具体的に見ていきましょう。

 

公立

 

公立保育園で働く保育士は、退職金を受け取ることができます。

 

その理由として、公立保育園の保育士は地方公務員と同じ待遇になることが挙げられます。

 

総務省の資料には、地方公務員の退職手当は各地方公共団体の条例によって定められていると記されています。

 

退職金の金額は勤続年数や退職理由によって異なるので、後ほどくわしく紹介します。

 

私立

 

法人によって運営されている私立保育園の場合、すべての園で退職金が支給されるわけではないようです。

 

退職金の有無は園それぞれの就業規則によって定められているので、退職金制度を導入していない園もあるかもしれません。

 

転職する際はきちんと園の就業規則を確認するとよさそうです。

退職金制度のおさらい

そもそも退職金制度とは、職場を退職した時に、雇用主から雇用者へ一定の金額が支払われる制度のことです。

 

日本では多くの民間企業で退職金制度が導入されていますが、法律に定められているものではないため、制度の採用は運営元の方針に一任されます。

 

つまり、保育士が必ず退職金をもらえるというわけではないでしょう。

 

しかし、最近では保育士不足の影響を受けて採用競争が激化していることから、優秀な人材を確保するために退職金制度を導入する園が増えているようです。

 

また1人の保育士に長く働いてほしいという思いを持っていることも、退職金制度の採用が進んでいる要因かもしれません。

 

出典:参考資料/人事院

保育士がもらえる退職金の相場や計算方法

お金の画像

SewCream/shutterstock.com

 

ここでは、保育士の退職金は平均的にいくら程度なのか、計算方法とあわせて紹介します。

 

退職金の相場はいくら?

 

退職金の金額は、勤続年数や退職理由によって異なります。

また、金額の設定も園によって異なるので、平均がいくらなのかは一概に言えないでしょう。

 

総務省「平成31年4月1日地方公務員給与実態調査結果 第1 調査結果の概要」の資料によると、公務員保育士を含む一般職員の退職手当金額の平均は、全地方公共団体を合わせると1人当たり1265万7000円となっています。

 

また60歳定年退職の場合、1人当たりの平均退職手当金額は2133万円となっています。

 

では、具体的な退職金の計算方法についてくわしく見ていきましょう。

 

計算方法

 

一般的に、企業の退職金は「基本給×勤続年数ごとの係数×支給率」で計算されるようです。

公立保育園と私立保育園に分けて、退職金の計算方法を紹介します。

公立保育園

公務員保育士の退職金は、以下のように算出すると定められています。

 

  • 退職手当額 = 基本額+調整額
  • 基本額 = 退職日給料月額×退職理由別・勤続年数別支給率
  • 調整額 = 調整月額のうちその額が多いものから 60 月分の額を合計した額

 

支給率とは退職理由や勤続年数別に設定されており、以下の通りです。



退職金支給率の図

出典:地方公務員の退職手当制度について/総務省から抜粋

 

また、調整額は以下に該当する場合支給されないこととなっています。

 

  • 退職手当の基本額が零である者(勤続期間が6カ月未満で退職した者)
  • 自己都合退職者で、勤続期間9年未満の者
  • 何らかの違法行為を行って退職し、退職日から3カ月前までに処分を受けた者

 

では、基本給20万円で退職した場合の退職金はいくらなのか、シミュレーションしてみましょう。

 

【勤続年数5年・自己都合退職の場合】

勤続年数が5年の場合、調整額は支給されないこととなっています。

 

そのため、退職金は基本額である「20万円×3.0=60万円」となります。

 

【勤続年数20年・定年退職の場合】

勤続年数が20年の場合、基本額は「20万円×30.55=611万円」です。

 

この基本額に調整額が加わった金額が退職金となります。

 

【勤続年数45年・定年退職の場合】

勤続年数が45年の場合、基本額は「20万円×59.28=1185万6000円」です。

 

この基本額に調整額を加えると退職金額となります。

 

公務員保育士として45年勤続して定年退職すると、1000万円以上の退職金がもらえるようです。

私立保育園

私立保育園の場合、退職金の計算方法は運営元によって独自に定められています。

 

多くの私立保育園は社会福祉法人によって運営されており、運営元が退職金共済に加入していることも多いようです。

 

もし「社会福祉施設職員等退職手当共済制度」に加入していれば、独立行政法人福祉医療機構による「退職手当金計算シミュレーション」を利用して、退職金の目安を計算することができます。

 

<例:退職するまでの6カ月間の平均月給20万円>

 

【勤続年数5年・自己都合退職の場合】

  • 加入年月:2014年10月(仮)
  • 退職年月:2019年10月(仮)
  • 計算基礎額:190,000円~204,999円を選択
  • 退職理由:普通退職

 

退職手当金計算シミュレーション結果:約49万円

 

【勤続年数45年・定年退職の場合】

  • 加入年月:1975年10月(仮)
  • 退職年月:2020年10月(仮)
  • 計算基礎額:190,000円~204,999円を選択
  • 退職理由:普通退職

 

退職手当金計算シミュレーション結果:約940万円

 

共済組合に加入していれば、まとまった額の退職金を受け取ることができるようですね。

 

出典:平成31年4月1日地方公務員給与実態調査結果 第1 調査結果の概要/総務省

出典:地方公務員の退職手当制度について/総務省

出典:退職手当の調整額について/総務省

出典:退職手当金計算シミュレーション/独立行政法人福祉医療機構

 

退職金制度の保育士求人一覧

 

保育士が退職金をもらうための条件や手続き

保育士の画像

milatas/shutterstock.com

 

保育士が退職金を受け取るための条件や手続き方法を解説します。

 

退職金の支給条件

 

対象者

私立保育園の場合、退職金を受け取れるのは基本的に正社員のみのようです。

アルバイトやパートなどの場合は支給されないことが多いかもしれません。

 

また、公務員も同様に支給対象者は常勤職員のみとなっています。

しかし、フルタイムで働く会計年度任用職員が一定の条件をクリアすると、退職手当が支給されることがあるようです。

勤続年数

公務員の場合勤続1年から退職金を受け取ることができ、私立保育園の場合、どのように退職金制度を導入しているかによって変わります。

 

園が独立行政法人福祉医療機構による「社会福祉施設職員等退職手当共済制度」に加入していれば、勤続1年から退職金を受け取ることができるようです。

 

これ以外の共済制度に加入している場合、勤続年数の規定はそれぞれ異なります。

 

退職金をもらうための手続き方法

 

勤める園が退職金の共済組合に加入している場合、退職金の受け取るために所定の手続きが必要になるようです。

以下に代表的な手続き例をまとめました。

1.申請

事業所が加入する退職金共済の規定に従って申請書を提出します。

住民票やマイナンバーなどの本人確認書類の提出も必要です。

 

退職金を受け取るまでに「退職所得の受給に関する申告書」を提出しておくと、受け取りに際して税金が源泉徴収されます。

 

この手続きをしておけば確定申告の必要がなくなり、税金を差し引いた分をそのまま受け取ることができます。

2.受理・計算

退職金をもらう本人が申請書を提出後、事業所が退職届を共済組合に提出します。

本人確認や退職理由などを確認し、金額が計算されます。

3.受給

本人の口座に退職金が振り込まれ、支給が完了します。

 

退職金はいつ振り込まれる?

 

公立保育園でも私立保育園でも、退職したらすぐに振り込まれるわけではないようです。

 

公立保育園に勤める公務員保育士の場合、「国家公務員退職手当法」により退職日から1カ月以内に支払うことが定められています。

 

一方私立保育園に勤める保育士の場合、園の規定や加入する共済組合によって受け取りの時期は異なります。

 

独立行政法人福祉医療機構による「社会福祉施設職員等退職手当共済制度」に加入している場合、目安として退職金の申請が届いてから2カ月程度で振り込まれるようです。

ただし、繁忙期には2カ月以上かかることもあるそうです。

 

具体的にいつ振り込まれるのか知りたいという方は、園が加入する共済組合に問い合わせて確認してみましょう。

 

出典:会計年度任用職員制度について/総務省

出典:Ⅱ 退職手当共済制度における手続き/独立行政法人福祉医療機構

出典:国税庁ホームページ

保育士が退職金制度のある保育園で働くには?

保育士の退職金についてわかったところで、退職金制度を導入している保育園で働くためのポイントを解説します。

 

求人情報をきちんと確認

 

確実に退職金を受け取るためには、求人票や園のホームページなどを確認しましょう。

 

公務員保育士の場合、常勤職員であれば1年以上の勤続で退職金を受け取れることになっていますが、私立保育園の場合、退職金制度を導入していない園もあるかもしれません。

 

求人票の福利厚生の欄に「退職金制度」などの記載があるかをチェックしておくことが大切です。

 

転職サービスを利用する

 

退職金制度の有無や内容についてきちんと把握したいという際には、転職サービスを利用するのも一つの手です。

 

退職金制度の有無について、面接などで直接確認するのは気が引けてしまうときは、転職アドバイザーを通して園側に確認してもらうとよさそうです。

 

またアドバイザーに相談すれば、自身で調べるよりも詳細な情報を知ることができるかもしれません。

 

園が採用する退職金制度について具体的に知っておきたい方は、転職サービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

退職金をもらえる保育園で保育士として働こう

今回は、保育士の退職金について、支給の有無やいつ振り込まれるのか、退職金制度を採用している園を探すときのポイントを紹介しました。

 

一定の条件を満たせば退職金が支給される公立保育園に対し、私立保育園の場合は園が制度を導入していなければ支給されないので注意が必要です。

 

また、退職金は基本的に正社員のみの支給となり、アルバイトやパート保育士は支給されない場合があることもあわせて押さえておきましょう。

 

今回紹介した内容をふまえて、退職金制度を導入している園で働くことを視野に入れてみるといいかもしれませんね。

 

退職金制度ありの保育求人を紹介

 

関連する記事

保育士さんの貯金事情。平均貯金額と一人暮らしで貯蓄するためのポイント

保育士さんの貯金事情。平均貯金額と一人暮らしで貯蓄するためのポイント

保育士さんの中には、貯金を考えていてもなかなか実行できていないという方もいるでしょう。「給...

玩具の取り合いが起きたときの保育士の対応。環境整備や仲裁の方法

玩具の取り合いが起きたときの保育士の対応。環境整備や仲裁の方法

子どもが玩具の取り合いになったとき、保育士さんはどのような対応をするべきでしょうか。1歳児...

保育士さんの肩こりの解消方法は?原因とツボ押しやストレッチなどの改善アイデア

保育士さんの肩こりの解消方法は?原因とツボ押しやストレッチなどの改善アイデア

保育士さんは子どものお世話をしたり、いっしょに遊んだりと身体に負担をかかることが多く、肩こ...

幼保小連携とは?幼児教育と小学校教育をつなぐ取り組み

幼保小連携とは?幼児教育と小学校教育をつなぐ取り組み

幼保と小学校のつながりを深め、子どもたちの生活や学びの基盤を支える「幼保小連携」。小学校入...

保育士として主任になるには?経験年数などの必要な条件や、仕事内容・給料

保育士として主任になるには?経験年数などの必要な条件や、仕事内容・給料

主任になるにはどうすればよいのか知りたい保育士さんもいるでしょう。研修や経験年数など必要な...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!