保育士が有給休暇を取得するには?取得日数の実態や義務化について

保育士は、仕事が忙しく有給休暇を取りにくいという現状があるかもしれません。しかし、2019年から有給休暇の5日取得が義務化されたので、自身の状況を見直すことにより休みを取得しやすくなるかもしれません。今回は、有給休暇制度の概要や保育士の取得日数、有給休暇を取得しやすくするためのポイントを紹介します。


女性の後ろ姿

Pikoso.kz/shutterstock.com


有給休暇制度についてのおさらい

ここでは、有給休暇の制度について簡単におさらいします。



有給休暇制度の概要


有給休暇は、正式名称を「年次有給休暇」と言い、一定期間勤続した労働者に対して、心身の疲労を回復し、ゆとりある生活を保障するために付与される休暇のことをいいます。


労働者が申請することで取得でき、雇用側から賃金が支払われる休暇となります。

原則として一定条件を満たせば、企業などに雇用されている労働者全員に与えられることになっています。



有給休暇が付与される条件


労働者が有給休暇を付与される条件は、以下の2つです。


  • 雇入れから6カ月間継続して働くこと
  • 所定労働日数の8割以上出勤すること

フルタイムで勤務する場合で考えると、初年度は勤続6カ月で約120日以上出勤していれば、10日間の有給休暇が付与されることになります。


勤続年数が長くなるにつれて付与される休暇日数も増えていき、6年6カ月以上働くと最長日数となる20日間の有給休暇が付与されます。



有給休暇が付与される対象者


有給休暇は、業種や業態、あるいはパートやアルバイトなどの勤務形態に関わらず、一律に付与されます。


週所定労働日数が5日で週所定労働時間が30時間以上の一般労働者には、先述したように6カ月の勤続で10日の有給休暇が付与されます。これはパートやアルバイトであっても同様です。


しかし、週所定労働日数が4日以下かつ週所定労働時間が30時間未満の労働者に対しては、週所定労働日数に応じて比例的に付与されることとなっています。



有給休暇取得日数の図表

出典:年次有給休暇の付与日数は法律で決まっています/厚生労働省から抜粋


上の表の通り、週所定労働日数が4日以下で1年間の所定労働日数が169日から216日の場合、6カ月間継続して働くと有給休暇が7日付与されます。ただし、同じく6カ月間継続して働いたとしても、週所定労働日数が3日以下の場合は5日の付与となります。


有給休暇はすべての労働者に対して付与されるものの、パートやアルバイトの場合は働き方によって付与日数が異なるということを覚えておきましょう。



年5日の有給休暇の取得義務化について


2019年4月より、労働者に有給休暇を取得させることが義務化されました。


具体的には、有給休暇が10日以上付与される労働者に対して年5日以上取得させることを、雇う側に義務づけるという意味です。


また、有給休暇を取得する時季はできるだけ「労働者の意見を尊重したもの」でなければならないと定められているので、自身の希望にあわせて有給を取ることができるかもしれませんね。



出典:年5日の年次有給休暇の確実な取得 わかりやすい解説/厚生労働省

出典:年次有給休暇の付与日数は法律で決まっています/厚生労働省

保育士は有給休暇を取りにくい?

保育士は有給休暇を取れない、あるいは取りにくいと思われがちですが、実際どうなのでしょうか。



保育士の有給休暇取得実態


2016年の全国保育協議会の実態調査報告書によると、私立保育園で働く正職員保育士さんの平均有休取得日数は以下のようになっています。


  • 2日以内 :2.6%
  • 3~6日  :23.9%
  • 7~9日  :27.2%
  • 10~15日 :30.7%
  • 16~20日 :9.6%
  • 21日以上 :1.9%

最も多いのが10~15日で、次いで7~9日という結果でした。ちなみに、公立保育園で働く公務員保育士さんの平均有給取得日数は3~6日の割合が多い結果となっています。


一般的に保育士さんは有休取得が難しいというイメージながらも、極端に少ないというわけではないようです。


休みをもらったあとに有給休暇として消化したり、退職時にまとめて消化したりと、保育園が忙しい時期などに考慮して取得のしかたを工夫する保育士さんが多いのかもしれません。



保育士が有給休暇を取得しにくい理由とその影響


有給の取得日数を見るとそこまで有給休暇が取りづらいという印象は受けないものの、「有給休暇を消化しづらい」と感じている保育士さんが多いのも実情のようです。

有給取得しにくい理由

厚生労働省「保育士等に関する関係資料」では、現在の職場に対する改善希望として、31.5%の人が「未消化(有給等)休暇の改善」と回答しています。これは全体で4番目に多い回答となっています。


保育士が有給休暇を取得しにくいのには、園全体で有給休暇を取りづらい雰囲気があったり、職員の人数が少ない園では物理的に取得が難しかったりすることが考えられそうです。


保育園が有給を取得しづらい雰囲気だと、保育士さんの早期離職につながるかもしれません。離職率が増えれば園の人材不足が進むだけでなく、さらに退職者が出るといった悪循環になるのかもしれません。


離職者を増やさないための取り組み

しかし最近では、休日数や労働条件に不満を抱える保育士さんの離職を防ぐための取り組みとして、


  • 有休取得率100%を目指して保育士の配置人数を増やす取り組みを行なう
  • 求人票で有給休暇取得率の高さをアピールする

など、職員の有給休暇取得率の改善を図っている園も増えてきているようです。


職場環境の改善等を行い、有給休暇を取得しやすい状態を作ることができれば、保育士人材の確保にもつながっていきそうですね。


出典:社会福祉法人全国保育協議会 「会員の実態調査報告書 2016」

出典:保育士等に関する関係資料/厚生労働省




有給の保育士求人一覧




保育士が有給休暇を取りやすくするためのコツ

スマホを見る女性

maruco/shutterstock.com


保育士が有給休暇を取得しやすくするためには、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。



タイミングや時期を考える


有給を取るときには、時期を考慮するのが大切になりそうです。

年度初めや年度末を避ける

年度末もしくは年度始めは、保育士さんにとって1年間で最も忙しい時期かもしれません。

卒園する園児を送り出したり、入園してきた園児を迎え入れたりと、行事や事務作業で業務量も多くなるでしょう。


そのため、この時期に有給休暇を取得するのはできるだけ控えた方がよいのかもしれません。

冬の時期を避ける

冬は風邪やインフルエンザなどが流行しやすい時期のようです。

子どもたちが風邪を引いて保育士さんにうつしてしまうこともあるでしょう。体調不良でお休みする保育士さんの分を他の職員がカバーする必要があると考えると、こうした状況のときはできるだけ避けるのが望ましいかもしれません。


取得する場合であっても、職員間で連携をきちんと取れる状態にしておくとよさそうですね。

長期休みに合わせる

世間的な長期休みの時期に合わせて有給休暇を取得するのも一つの手かもしれません。


お盆やお正月の時期は保護者の方も休みであることが多いため、預かる子どもの人数も少ないでしょう。また、前後に大きな行事も少ないので有給休暇が取りやすい時期と言えそうです。


夏季休暇や年末年始休暇の前後とあわせて有給休暇を取得すれば、長い連休をつくることができるので旅行などにも行けるかもしれませんね。



有給を何回かに分けて取る


有給休暇を上手く取得するためのコツとして、短期間の休みを複数回取るようにすることが挙げられるでしょう。


忙しい時期ではなくても、園によっては長期間休まれてしまうと代わりとなる職員が足りないということもあるかもしれません。


そのため、一度にたくさんの日数を休むのではなく、1日や2日程度の有給を取得してこまめに休暇をもらう方法も一案でしょう。



有給休暇が取りやすい園に転職する


現在勤めている園が有給休暇を取得しづらい環境にある場合は、保育士さんが有休を取得することに前向きな園への転職を考えるのも一つの解決策になりそうです。


園のホームページをみたり求人を確認したりすることで、その園の有給休暇の取りやすさを知ることができるでしょう。


最近では、職員の有給休暇日数などを実績としてアピールしている園もあるので、有給の取りやすさをはかるうえでの一つの目安として考えておくといいかもしれません。

保育士が有給休暇を取りやすい園の特徴

では、有給休暇を取りやすい園にはどんな特徴があるのか見ていきましょう。



有給休暇取得率が高い


実績として有給休暇取得率が高い園は、有給休暇を取得しやすい園と考えられるでしょう。


休みの少なさや労働条件などを理由に退職してしまう保育士さんもいるうえに、ワークライフバランスが重要視されている傾向にあるため、積極的に有給休暇の取得を推進している園もあるようです。


園の求人やホームページを見るときは、有給休暇の平均取得日数や職員の取得率などが前年度の実績として数字で示されているかをチェックするといいかもしれません。



人手が充足している


保育士の人手が足りている園も有給休暇を取得しやすいかもしれません。


保育士が有給を取得しにくい理由の一つに、園の人手が足りず取得しづらいといったことが考えられるでしょう。つまり、多くの職員がいる園であれば有給休暇が取得しやすい環境といえるかもしれません。


また、人手が足りているということは、そのほかの休日数や残業時間などにも関係してくるポイントでしょう。


そのため、転職を考えるときには園見学をしたり面接のときに質問したりして、保育士さんが多めに配置されている園かどうか確認しておくとよさそうです。



業務が効率化されている


有給休暇を取得しやすい園の特徴として、業務が効率化されていることが挙げられるでしょう。


近年では、ICTシステムを導入して業務効率化を図り、保育士さんの業務負担を軽減している園も増えてきています。保育士一人ひとりが抱える業務量が削減され、残業や持ち帰り仕事などの軽減も期待できるでしょう。


つまり、業務効率化に前向きな園は、保育士の人材を確保して働きやすい環境を作ることを目指していると考えられます。


そのような園では、保育士さんが働きやすいと感じられるように有給休暇の取得を促進していることもありそうですね。



株式会社などの大きな企業が運営している


一部上場企業などの大きな株式会社が運営元となっている保育園では、有給休暇が取りやすいかもしれません。


大企業などはコンプライアンスが厳しくチェックされているため、保育士さんを含む社員の有給取得状況をしっかりと管理しているようです。


そのため、有給休暇の取得期限が近い場合は園に連絡し、保育士さんに対して積極的に取得するように伝えるなど、しっかりとした体制が整っていることも多いでしょう。

しっかりと有給休暇を取得できる園を探して保育士として働こう

今回は、保育士さんの有給休暇について、取得実態や取りやすくするためのコツなどを紹介しました。


有給休暇は勤務形態に関わらず、パートやアルバイトであっても付与されるものです。

保育士さんは仕事が忙しかったり園が人手不足だったりといった現状もあり、なかなか有給休暇を取得しにくいこともあるようですが、時期や日数を工夫すれば取りやすくなるかもしれません。


また、最近では有給休暇の高取得率を目指している、あるいは実現している園もあるようなので、そのような園で働くことを検討してみるのもよさそうですね。



有給休暇を取りやすい保育求人を紹介



関連する記事

【例文あり】保育士の自己紹介。子ども向けグッズや保護者、職員への挨拶のコツ

【例文あり】保育士の自己紹介。子ども向けグッズや保護者、職員への挨拶のコツ

保育園の新学期は、自己紹介をする機会が増える季節です。ペープサートやスケッチブック、カード...

保育士の時短勤務で働くメリットとは。公立や私立、正社員やパートでの給料や求人状況

保育士の時短勤務で働くメリットとは。公立や私立、正社員やパートでの給料や求人状況

時短勤務で働きたいと考えている保育士さんもいるでしょう。正社員やパートでの制度の概要や対象...

後輩・新人保育士への指導のコツ。先輩としての接し方や伝え方のポイント

後輩・新人保育士への指導のコツ。先輩としての接し方や伝え方のポイント

先輩保育士の大切な役割の一つに、後輩や新人の指導があります。チームワークが重要となる保育現...

【徹底解説】「10の姿」とは。幼児期の終わりまでに育ってほしい具体的な事例や子どもの姿

【徹底解説】「10の姿」とは。幼児期の終わりまでに育ってほしい具体的な事例や子どもの姿

「10の姿」とは、幼児期の終わりまでに育ってほしい子どもの姿や能力を、5領域をもとに10個...

担当制保育のメリットとデメリットとは?子どもとの愛着や食事などについて

担当制保育のメリットとデメリットとは?子どもとの愛着や食事などについて

保育園で行われる担当制保育には、さまざまなメリットやデメリットがあるようです。子どもの遊び...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!