4歳児向けの新聞紙遊び。ねらいや導入方法、遊びの展開アイデア

4歳児になると手先がだいぶ器用になってくるため、新聞紙遊びのなかでも帽子や洋服を作ってファッションショーをしたり、棒を作って運動性のある遊びをしたりするようになるかもしれません。今回は、4歳を含む幼児クラスができる新聞紙遊びのアイデアと、指導案を書くときの手助けになるようなねらい、導入方法や配慮することついて紹介します。


4歳児向けの新聞紙遊び。導入方法やねらい、遊びの展開アイディアなど.jpg

Ed Krisiak/shutterstock.com

 

 

4歳児が行う新聞紙遊びのねらい

4歳児になると、はさみやのりといった工作道具を使って製作を行うことが多いのではないでしょうか。

 

1歳児や2歳児と比べると手先を使うのが上手になるため、4歳児自身が「自分で何かを作りたい」という意欲が高まってくる頃かもしれません。新聞紙は丸めたり、ねじったりと工夫次第でさまざまな形に変わるため、新聞紙遊びをすることで創造力や発想力を伸ばすというねらいがあるようです。

 

新聞紙で洋服と帽子を作って身につけてみたり、新聞紙で釣り竿と魚を作って魚釣りをしたりと、ごっこ遊びをするときにも活用できるでしょう。

 

さらに、4歳児を含む幼児クラスでは、友だちと協力して1つのことを行う姿が見られるかもしれません。ルールがある遊びもできるようになってくるため、新聞紙遊びでチームワークを育む遊びに挑戦するのもいいでしょう。

 

このように、4歳児の新聞紙遊びでは子どもたちの創造力や発想力を伸ばすだけでなく、友だちと協力して遊ぶことの楽しさや難しさを知るというねらいがあるようです。

新聞紙遊びの導入方法や指導案の書き方

4歳児で新聞紙遊びを始める際、導入方法や指導案を書き方に悩む保育士さんは多いのではないでしょうか。

そこで、新聞紙遊びを始める前の導入の仕方や指導案の書き方、遊ぶときに配慮することについて説明します。

 

新聞紙遊びの導入方法と指導案の書き方

 

新聞紙遊びの導入として、新聞紙をテーマにした絵本を読み聞かせたり、折り紙を使って製作をしたりと、工作にもある程度慣れさせておくという方法が挙げられます。

 

工作をするときは保育士さんが見本を見せながら進めていき、子どもたちの様子を見ながらフォローに入るといいかもしれません。子どもたち一人ひとりの良いところ、がんばったところを見つけて褒めることが大切です。

 

チームワークを必要とする遊びを行う場合は、事前にきちんとやり方を説明するようにしましょう。4歳児はルールがある遊びもできるようになってきますが、慣れないうちは同じ遊びでもやる度にルールを伝えるとよさそうですね。

 

そして、子どもたちはできることに個人差があるため、4歳児の幼児クラスでは、クラス全員ができる遊びを選んで指導案を作成しましょう。

新聞紙遊びは、洋服や鉄砲など形に残るものを製作することができ、全身を使うバランス遊びやゲームなど展開がしやすいため、指導案が書きやすいかもしれません。

 

新聞紙遊びで配慮すること

 

4歳児で新聞紙遊びのアイデアを行うときは、友だち同士で協力し合うことにまだ慣れていないかもしれないので、保育士さんの配慮が必要になるでしょう。

 

特に運動性のある遊びをしていて上手くいかなかったときは、遊び方のルールを変更するなどして、子どもたちが最後まで楽しめるように工夫することが大切になります。

 

さらに、新聞紙は滑りやすいため、転んでけがをすることも考えられます。動き回る遊びでは安全に十分配慮した上で行いましょう。

 

このように、新聞紙遊びを取り入れるときは新聞紙を題材にした絵本を読んだり、クラスの子どもたちが楽しめる遊びを指導案で考えたりしてから、けがをしないように安全に配慮して行いましょう。

 

では、4歳児ができる新聞遊びのアイデアについてくわしく紹介します。

4歳児が楽しめる新聞紙を使った製作遊び

新聞紙は洋服になったり、かぶとになったりと工作次第でさまざまな形に変わるため、子どもたちは思い思いの作品を作ることができるかもしれません。

4歳児の幼児クラスを対象とした新聞紙を使った製作遊びのアイデアを紹介します。

 

新聞紙で紙鉄砲を作ってみよう

 

新聞紙で紙鉄砲を作ってみましょう。

作り方

1.新聞紙を縦と横に半分に折り、しっかりと折り目をつけます。

2.新聞紙を横にして、(1)でつけた折り目に向かって4つの角をそれぞれ折ります。

3.手前に向かって半分に折ります。

4.中央の折り目に向かって左右を手前に折り、三角形を作ります。

5.中央で山折りにしたらできあがりです。

製作のポイント

新聞紙で作る紙鉄砲は、三角形の底辺のほうを上にし、端を持って思い切り下に振るとパンと音が鳴ります。新聞紙は紙が柔らかいので、画用紙などの固めの紙よりも紙鉄砲の音は鳴りやすいようです。

 

比較的簡単な折り方ではありますが、子どもの様子を見ながら保育士さんがフォローするといいかもしれません。三角形の底辺を上にした状態で振らないと、音が鳴りにくいので注意しましょう。

 

新聞紙で作るかぶと

 

新聞紙でかぶとを折ってみましょう。

作り方

1.新聞紙を三角形になるように半分に折ります。

2.左右の端を頂点に重ねて折ります。

3.上下を逆にして、下の頂点を上の頂点に向かって折ります。

4.(3)の頂点をななめ手前に折ります。

5.下の頂点を1枚だけ奥に向かって折り、さらにもう1回奥に向かって折ります。

6.(5)で折らなかった下の頂点を奥に向かって半分に折り、折り目を付けて中に折り込めばできあがりです。

製作のポイント

新聞紙で作る方は折り方が少し複雑なので、保育士さんが最初に折り方の見本を見せたり、子どもたちいっしょに折り進めたりすると、スムーズに作ることができそうですね。

 

新聞紙で作るかぶとは折り紙よりも大きいので、子どもたちや保育士さんもかぶることができますよ。

 

この製作は、以下の動画で紹介している、折り紙で折るかぶとの新聞紙バージョンです。折り方をより分かりやすく紹介していますので、詳しく知りたい保育士さんは参考にしてみてくださいね。

 

参考動画:こどもの日に折ってかぶろう♪折り紙かぶと

 

新聞紙で行うファッションショー

 

新聞紙で洋服や帽子を作って、友だち同士で見せ合いっこしてみましょう。

洋服を作ろう

一番手軽な洋服の作り方は、新聞紙の真ん中に穴を空け、そこから頭を通せばできあがりです。

腰の部分をベルトで締めればワンピース風に仕上がりますし、色紙やシールなどで飾りをつけるときれいにできあがりそうですね。

 

もう少し発展させて新聞紙でドレスを作る場合は、新聞紙を山折り谷折りと少しずつずらしながら蛇腹に折り、プリーツを作ります。プリーツの右端か左端に細長く切った新聞紙を貼って帯をつけましょう。

 

次に、帯の反対側に四角く折りたたんだ新聞紙を貼ります。スカートと胸当てをつけた帯をお腹に巻きつければ、新聞紙ドレスの完成です。

新聞紙を蛇腹に折り、中心をテープでとめて両脇を広げるとリボンになります。ドレスの帯や胸元に飾りつけると、さらにかわいく仕上がりそうですね。

帽子を作ろう

新聞紙を折って帽子を作ってみるのも楽しいかもしれません。

 

折り紙で帽子を折るのと同じ要領で作れますが、新聞紙は折り紙に比べて破けやすいので、必要に応じてテープで補強するなど、子どもたちの様子を見ながら保育士さんがフォローしましょう。

 

帽子を折るのが難しい場合は、頭の大きさに合わせて丸めた新聞紙の端をテープでとめれば、それだけかぶることができます。ギザギザに切った新聞紙を輪っかにしてテープでとめれば、王冠も作れますよ。

 

洋服のように色をつけたり、飾り付けたりすればその子だけのオリジナルの帽子が作れます。

アクセサリーを作ろう

新聞紙ではネックレスを作ることもできます。

 

まずは、新聞紙を細長い二等辺三角形に切ります(底辺2.5センチ、高さ15センチ程度) ペンを用意して底辺から巻きつけていき、巻き終えたら新聞紙の先端にのりでとめましょう。ペンを抜き取れば筒状の小さな飾りができます。これと同じものを10〜20個くらい作り、できあがった飾りをひもに通せばネックレスの完成です。

 

個数を少なくしてブレスレットにしたり、足につけてアンクレットにしたりと、工夫次第でネックレス以外のアクセサリーを作ることもできますよ。

 

次に、花のコサージュの作り方も紹介します。

長方形に切った新聞紙を半分に折って細長くします。2cmくらいのゆとりを残して、折った部分から等間隔の切り込みを入れていきます。ゆとりを残した部分を巻いてテープでとめると、切り込み部分が花びらのように広がるため、根元をテープでとめれば花のコサージュの完成です。

 

アクセサリーは細かい作業が多く、4歳児が行う工作としては難しい部分があるため様子を見ながら保育士さんがフォローするといいでしょう。

 

このように、洋服や帽子、かぶと、鉄砲など新聞紙では発想力次第で自由に作品が作れます。

洋服や帽子の工作をした後は、ファッションショーに発展させるとクラスみんなで盛り上がりそうですね。4歳児ではファッションに興味を持つ子どもも多いので、楽しんでくれるかもしれません。

4歳児が楽しめる新聞紙を使ったごっこ遊び

4歳児向けの新聞紙遊び。導入方法やねらい.jpg

Cheryl Casey/shutterstock.com

 

4歳児になると、見立て遊びをしたり、想像力を活かした遊びをしたりすることがあるでしょう。

4歳児向けのごっこ遊びができる新聞紙のアイデアを紹介します。

 

新聞紙でできるキャンプごっこ

 

夏の暑い日や寒い日、雨の日など外に出られないときでも、新聞紙でテントを作れば室内でもアウトドア気分が味わえるかもしれません。

新聞紙でテントを作ろう

細く巻いた新聞紙を組み合わせてテントを作ってみましょう。

 

<あらかじめ用意するもの>

  • 新聞紙
  • テープ
  • ひも

 

<作り方>

1.最初にテントの支柱をつくるため、新聞紙を3枚重ねて広げ、角の部分からしっかりと斜めに巻いていきます。

2.巻き終わったら端をテープで止めます。棒の両端は、強度を強めるため折り返してテープを貼りましょう。

3.(1)〜(2)の方法を繰り替えし、支柱となる棒を12本作ります。

4.12本のうち6本を放射状に立てて、六角錐を作ります。支柱の長さが均等になるよう調整し、上の頂点部分は紐でしっかりと縛りましょう。

5.残り6本の棒で、隣り合っている支柱の下と下を棒でつないでテントの底辺部分を作ります。棒の長さははさみでカットして調整し、つなぎ目はテープでしっかり補強します。

6.骨組みとなる棒の側面を新聞紙で覆えばできあがりです。

 

<製作のポイント>

テントの支柱となる棒は、縦や横から巻くよりも斜めに巻くほうが丈夫になりますし、より長い棒ができあがります。支柱の長さが足りないときは、(1)の新聞紙を巻く工程のときに別の新聞紙の棒をいっしょに巻き込むと長くできますよ。

 

さらに、新聞紙を広げて棒の側面を覆うときは、テープできちんと止めることでキレイに見えそうですね。側面の1カ所は出入口になるため、人が通れる程度に空間をあけておきましょう。

 

新聞紙で魚釣りゲームをしよう

 

キャンプ気分を盛り上げるため、魚釣りゲームもしてみましょう。

 

魚は縦長に切り裂いた新聞紙を縦方向に半分に折り、折り目から3分の4くらいのところをねじって尾びれを作ります。魚の形に見えるよう全体を整え、口元の部分にクリップを挟んだらできあがりです。画用紙を丸くくり抜いて目玉をつけると、より魚らしく見えるかもしれません。

 

次に魚を釣る釣り竿は新聞紙を細く巻き、先端にひもを取りつけて磁石を結びつければできあがりです。保育士さんが釣り竿だけでもあらかじめ用意しておいておくと、スムーズに始められそうですね。

 

このように、新聞紙の棒だけでもテントの支柱になったり、釣り竿になったりします。4歳児の子どもたちは、時に保育士さんが思いもしないようなものを作るかもしれません。子どもたちの想像力に任せて、新聞紙をつかった色々な遊びを展開しましょう。

4歳児が楽しめる新聞紙を使った運動遊び

4歳児では1歳児や2歳児に比べると、さまざまな動きができるようになるため走ったり、跳んだりする姿も見られるようです。

室内でも楽しめる新聞紙を使った運動遊びを紹介します。

 

棒を使ったバランスゲーム

 

丸めた新聞紙を使ってバランスゲームをしてみましょう。(再生時間:27秒~48秒

 

 

バランスゲームを始める前に、あらかじめ新聞紙を細長く棒状に丸め、テープでとめておきます。

できあがった棒を手のひらの上に立たせ、落ちないように動かしましょう。手と全身を使い、バランスを取って遊ぶゲームです。

 

4歳児の子どもたちは最初難しく感じるかもしれませんが、練習していくうちに少しずつコツをつかめるようになってくるかもしれません。慣れないうちは新聞紙の棒を太くしたり、もう片方の手で補助したりしながらコツを掴んでいきましょう。

 

新聞紙じゃんけんゲーム

 

新聞紙をつかって行うじゃんけんゲームを紹介します。(再生時間:1分14秒~2分15分

 

 

まず、子どもたちは2人1組になり、床の上に広げた新聞紙の上に立ちます。次に互いに向き合ってじゃんけんをしましょう。負けた方が新聞を半分に折り畳んでいくため、じゃんけんで負ける度に新聞紙がどんどん小さくなります。

 

最後は片足立ちになってしまうかもしれません。バランスを保ったまま新聞紙の上に立っていられたほうが勝ちです。トーナメント制にしてナンバーワンを決めると、クラス全体が盛り上がるかもしれませんね。

 

このゲームを行うときは、バランスを崩して転んでしまったり、けがをしたりする可能性があるため、マットを敷くなど安全に配慮して行うといいでしょう。

 

新聞紙で行う風船リレー

 

新聞紙で風船リレーをやってみましょう。

 

最初にクラスを2つか3つのチームに分けましょう。チームに分かれたら、子どもたちは2人1組になって広げた新聞紙の両端をそれぞれ持ちます。

 

保育士さんが新聞紙の上に風船を乗せ、スタートの合図と同時に子どもたちは協力して風船を落とさないように走ります。コーンなどを置いて折り返す、または室内を一周して戻ってきたら次の子どもに交代し、全員がゴールしたチームが勝ちとなります。

 

走り回る遊びですので、行うときは周囲に物が置いていない広い場所で行い、スタート地点をあらかじめ決めておくことも大切です。友だちと力を合わせることが重要になりますので、協調性やチームワークが育まれそうですね。

 

新聞紙を棒にしたり、広げて使ったりするだけで、運動性があるゲームを行うことができます。ただし、新聞紙の上を走ると滑りやすく、転ぶ可能性があるので周囲の安全に配慮して遊ぶことが大切です。

4歳児の新聞紙遊びではさまざまな工作やゲームをして楽しもう

今回は、4歳児の幼児クラスができる新聞紙遊びとして、洋服や帽子、かぶとの製作、棒を使った運動性のあるゲームなどのアイデアを紹介しました。

 

4歳児の新聞紙遊びは、「想像力、発想力を伸ばそう」というねらいがあります。そのため、導入時には新聞紙をテーマにした絵本の読み聞かせを行い、子どもたちができることに配慮しながら指導案を考えて、クラスみんなで楽しめる新聞紙遊びを取り入れるようにしましょう。

 

新聞紙は柔らかいためちぎったり、丸めたりしやすく、子どもたちの発想力次第でさまざまな遊びに展開できます。4歳の幼児らしい、自由で伸びやかな遊び方ができるといいですね。

 

遊び重視の保育求人を紹介

関連する記事

保育園で楽しむ冬の折り紙11選!雪だるまやサンタさんなどの折り方アイデア

保育園で楽しむ冬の折り紙11選!雪だるまやサンタさんなどの折り方アイデア

冬の季節に子どもと楽しめる折り紙製作のレパートリーを探している保育士さんもいるのではないで...

【動画】ダンボール工作でパソコンのおもちゃを手作りしよう!リアルなキーボードの作り方も紹介

【動画】ダンボール工作でパソコンのおもちゃを手作りしよう!リアルなキーボードの作り方も紹介

ダンボールを使って手作りのパソコンを作ってみましょう。テレワークが普及した昨今、お仕事をし...

【0歳児~5歳児】リズム遊びの保育指導案を作成しよう!ねらいや活動内容

【0歳児~5歳児】リズム遊びの保育指導案を作成しよう!ねらいや活動内容

保育園でのリズム遊び指導案の書き方を知りたい保育士さんもいるでしょう。手作り楽器やカスタネ...

11月30日は絵本の日。記念日の由来や保育園で子どもと楽しめる過ごし方のアイデア

11月30日は絵本の日。記念日の由来や保育園で子どもと楽しめる過ごし方のアイデア

保育園での絵本の日の過ごし方のアイデアを探している保育士さんもいるのではないでしょうか。絵...

【文例集】保育園で子どもに誕生日のメッセージを贈ろう!書き方のコツや内容のポイント

【文例集】保育園で子どもに誕生日のメッセージを贈ろう!書き方のコツや内容のポイント

子どもたちの誕生日に、メッセージカードを贈ってお祝いする保育園も多いでしょう。しかし、どん...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!