0歳児から2歳児の子どもが楽しめるハロウィン製作。保育に役立つ、おばけやかぼちゃなどのアイデア

ハロウィンに向けて、0歳児からできる製作を知りたいという先生もいるのではないでしょうか。0歳児、1歳児、2歳児向けのハロウィン製作には、手形など素材の感触を楽しめるようなアイデアを取り入れるといいでしょう。今回は、0歳児から2歳児向けのハロウィン製作について、バッグやお面などのアイデアを紹介します。


ハロウィンのかぼちゃを持つ子ども

FamVeld/shutterstock.com

 

ハロウィン製作に使えるモチーフとは?

10月31日のハロウィンに向けて、乳児向けの製作を考えている先生もいるでしょう。

 

ハロウィンと聞くとかぼちゃやおばけなどをイメージする方が多いかもしれませんが、そのほかにも、

 

  • コウモリ
  • 魔女
  • 帽子やマント
  • お菓子入れやバッグ

 

などさまざまなモチーフがあります。

 

これらのアイデアを0歳児から2歳児の製作に取り入れるときには、手や指先を使って感触を楽しんだり、色付けやお絵かきをして自由に表現したりなど、乳児のねらいをもとに考えるといいかもしれません。

 

具体的には、手形や足型を使ったかぼちゃのお絵かきやスタンプ遊び、指スタンプで模様づけするコウモリの製作などを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

それでは、保育に役立つハロウィン製作のアイデアを年齢ごとに見ていきましょう。

保育園で作れる0歳児向けのハロウィン製作

ここでは、0歳児の子どもが楽しめるハロウィン製作のアイデアをまとめました。

 

手形や足型でかぼちゃのお絵かき

 

子どもたちの手形や足型をアレンジしてかぼちゃの絵をかいてみましょう。

用意するもの

  • 画用紙(黒やオレンジ、紺など)
  • 絵の具(白やオレンジ、紫など、画用紙に合わせる)
  • シール
  • 手を拭くためのタオル

作り方

1.子どもの手や足に絵の具を塗ります。

2.画用紙に手形や足型をつけます。(指スタンプなどでも可)

3.先生が手形や足型に模様を付け足して、かぼちゃをかいたらできあがりです。

ポイント

先生が手や足を画用紙に乗せる動きをして子どもたちに見せれば、子どもも真似して手形をおしてくれるかもしれません。

 

先生は子どもたちの手形や足型に目や口をかくときに、「みんながかいてくれた模様がかぼちゃになっちゃった!」などと声をかければ、子どもたちとコミュニケーションを取りながら製作できそうですね。

 

手形や足型をつけたあとは、手を濡れたタオルなどできちんと拭き、舐めたり他の場所を触ったりしても安全なように配慮しましょう。

 

手形でつくるおばけ

 

子どもたちの手形をおばけの手に変身させる製作を紹介します。

用意するもの

  • 手を拭くためのタオル
  • 画用紙(白色・黒色)
  • 絵の具
  • はさみ

作り方

1.子どもの手に絵の具を塗り、画用紙に手形をつけます。(両手)

2.先生は画用紙を手の形にそって切ります。

3.画用紙で作ったおばけに(2)を貼り付けて、おばけの手を作ればできあがりです。

ポイント

手形をおばけに貼り付けるときは向きに注意しましょう。指先が下を向き、両手の親指が内側に来るように貼ると、より本物らしく見えますよ。

 

手形をつけるときは片手ずつ行ない、1度手形をつけたら濡れているタオルで絵の具をふき取ることも忘れないようにしましょう。

 

たんぽでお絵かき

 

たんぽを使ってかぼちゃのお絵かきをしてみましょう。

用意するもの

  • 画用紙(白色)
  • 絵の具(オレンジ)
  • ガーゼ
  • 綿
  • 輪ゴム

作り方

1.丸めた脱脂綿をガーゼで包み、輪ゴムでとめます。

2.たんぽに絵の具をつけ、画用紙で作ったかぼちゃにたんぽで色をつけていきます。

3.かぼちゃにまんべんなく色がついたらできあがりです。

ポイント

子どもがたんぽを持ちにくそうにしている場合には、綿に割り箸を刺したものをガーゼで包んでたんぽを作れば、スタンピングも安定しやすいかもしれません。

 

子どもたちは、たんぽを画用紙にのせるとだんだん色がついていく様子を見て楽しんでくれるでしょう。

 

以下の動画を参考に、コウモリやおばけなど、たんぽを使ったハロウィン製作を取り入れてみてくださいね。

 

参考動画:「【お絵かき】タンポでやさしい色使い ポンポンお絵かき/保育士バンク!」

 

ハロウィン帽子

 

ハロウィンの仮装にも活躍する帽子の製作を紹介します。

用意するもの

  • 画用紙(黒やオレンジ、紺など)
  • 絵の具(白やオレンジ、紫など画用紙に合わせる)
  • ゴム紐
  • 穴あけパンチ
  • セロハンテープ
  • ペン

作り方

1.子どもの手や足に絵の具を塗ります。

2.画用紙に手形や足型をつけ、先生がペンでかぼちゃやおばけの絵をかきます。

3.画用紙を丸めて三角錐の形にして、セロハンテープでとめます。

4.(3)の下のほうにパンチで2箇所穴をあけます。

5.(4)の穴にゴム紐を通して結べばできあがりです。

ポイント

子どもたちが作ったものが、そのまま仮装アイテムに大変身する製作です。

 

今回紹介したアイデアでは手形や足型を用いて飾り付けしていますが、指スタンプをしたりデカルコマニーをしたりして、画用紙に模様付けしてもみてもいいかもしれませんね。

保育園で作れる1歳児向けのハロウィン製作

ここでは、1歳児の子どもが楽しめるハロウィン製作のアイデアをまとめました。

 

ハロウィンスタンプ

 

かぼちゃの顔をスタンプで作ってみましょう。

 

用意するもの

  • 折り紙 数枚
  • クッションテープ 5cm×5cm 1枚
  • 乳酸菌飲料の容器 1個
  • 鉛筆
  • 水彩ペン
  • はさみ

ポイント

先生はスタンプを作って用意しておきましょう。

かぼちゃの顔以外にも、おばけの顔やコウモリの顔などのデザインを用意しておけば、子どもたちはいろいろなスタンプを楽しめそうです。

 

できあがった物は壁画製作やその他のハロウィン製作の飾りつけにも活用できますよ。

 

新聞紙をびりびりやぶっておばけをつくろう

 

ビニール袋と新聞紙でおばけのおもちゃを作ってみましょう。

用意するもの

  • 小さめのビニール袋(白)
  • 新聞紙
  • 折り紙
  • はさみ
  • セロハンテープ

作り方

1.新聞紙を小さくちぎります。

2.持ち手の部分をはさみでカットしたビニール袋に(1)の新聞紙を入れます。

3.(2)のビニール袋の口をセロハンテープでふさぎ、中身がこぼれないようにします。

4.折り紙で作った目や口を貼り付ければ、おばけのできあがりです。

ポイント

ビニール袋に新聞紙を入れるときは、先生が「お片付けだよ」と言いながらいっしょに行なうと、子どもたちも動きをまねして新聞紙を詰めてくれるかもしれません。

 

触るとくしゃくしゃとした音が楽しめるおばけのおもちゃなので、1歳児にはぴったりのハロウィン製作と言えそうですね。

 

かぼちゃのお面

 

簡単に作れるかぼちゃのお面の製作を紹介します。

用意するもの

  • 画用紙(白と黒)
  • 輪ゴム
  • 絵の具(オレンジ)
  • 両面テープ
  • はさみ
  • セロハンテープ

作り方

1.画用紙をかぼちゃの形に切り、目や口のパーツも作ります。

2.画用紙を細長く帯状に切ったものを2枚作り、それぞれの片側に3~4cm程度の折り目を付けます。

3.(1)のかぼちゃの形の画用紙に指スタンプで色をつけていきます。

4.絵の具が乾いたら、(1)の目や口のパーツを貼り付けます。

5.(2)の画用紙の折り目がついていない方を、それぞれ(4)の左右に両面テープで貼り付けます。

6.(5)で貼り付けた帯状の画用紙の折り目に輪ゴムをひっかけます。

7.(6)の輪ゴムが外れないように、画用紙を両面テープでとめればできあがりです。

ポイント

画用紙に目や口の切り込みを入れて、子どもたちの顔が見えるお面にアレンジしてもいいでしょう。かぼちゃのお面をかぶって大変身したら、子どもたちも喜びそうですね。

 

今回紹介したアイデアでは指スタンプでかぼちゃの模様をつけていますが、シールを貼ったりたんぽをしたりしてもオリジナルなお面ができあがりますよ。

 

砂絵でおばけやコウモリのお絵かき遊び

 

砂絵でおばけの絵をかいてみましょう。

用意するもの

  • 砂 適量
  • パステル
  • カッター
  • 画用紙(黒色や白色) 1枚
  • 両面テープ
  • 鉛筆

作り方

1.砂に削ったパステルを混ぜて色砂を作ります。

2.画用紙におばけやコウモリの絵を鉛筆などでかき、かいた線の上に両面テープを貼っていきます。

3.上から砂を振りかけて、砂を払います。

4.接着剤が乾燥したらできあがりです。

ポイント

先生は事前に色砂を作っておき、鉛筆でかぼちゃやコウモリの下絵をかいておきましょう。

そして子どもたちに好きな色の砂を選んでもらい、上から砂を振りかけてもらいます。

 

砂の色や完成度は気にせずに、子どもたちが砂を触る感触や振りかける動きを楽しめるようにしましょう。

 

以下の動画では砂絵のやり方がくわしく紹介されているので、あわせて参考にしてみてくださいね。

 

参考動画:「砂で立体的な画が描ける♪お絵かき遊び/保育士バンク!」

保育園で作れる2歳児向けのハロウィン製作

かぼちゃとおばけ

Olya Detry/shutterstock.com

 

ここでは、2歳児の子どもが楽しめるハロウィン製作のアイデアをまとめました。

 

不思議な模様のコウモリ

 

デカルコマニーという技法を使って、不思議な模様のコウモリを作ってみましょう。

用意するもの

  • 画用紙
  • 絵の具
  • 絵筆
  • クレヨン
  • はさみ

作り方

1.先生は画用紙をコウモリの形に切ります。

2.(1)を半分に折り、片側に絵の具をつけていきます。

3.(2)を半分にたたみ、反対側に模様を転写します。

4.絵の具が乾いたらできあがりです。

ポイント

2歳児になると、クレヨンで線や丸などをかける子どもも出てくるかもしれないため、お絵かきに挑戦してみるのもいいでしょう。

 

デカルコマニーのほかにも、指スタンプやシールなどでコウモリの模様をつけることができるので、いろいろと試してみてくださいね。

 

できあがったものは、ハロウィンの壁画製作にも応用できるほか、穴をあけて糸を通せば、ぶら下がるコウモリのモビールにもなるでしょう。

 

紙コップで作るお菓子入れ

 

紙コップを使って、ハロウィンならではの簡単なお菓子入れを作ってみましょう。

用意するもの

  • 紙コップ
  • 画用紙
  • 折り紙(オレンジや紫など)
  • ペンやクレヨン
  • リボン
  • はさみ
  • キリ
  • セロハンテープ
  • のり

作り方

1.先生が紙コップの上部に2箇所キリで穴をあけます。

2.(1)の穴にリボンを通して結び、持ち手を作ります。

3.折り紙を小さくちぎり、紙コップの側面に貼り付けます。

4.画用紙で作った目と口を貼り付ければ、お菓子入れのできあがりです。

ポイント

先生が前もって(1)と(2)の工程を済ませたものを、子どもたちに使ってもらうようにしましょう。

 

ちぎり絵以外にも、子どもたちがペンやクレヨンを使って、自由に模様をかいて紙コップを飾り付けるのもいいですね。

 

お菓子を入れるバッグとしてだけでなく、遠足やお散歩のときにもお出掛け用のミニバッグとしても活躍しそうです。

 

ゆらゆらおばけ

 

ゆらゆらと揺れ動くおばけのおもちゃを作ってみましょう。

 

用意するもの

  • ビニール袋
  • タコ糸
  • 割りばし
  • ペン
  • セロハンテープ
  • はさみ

ポイント

先生は、事前にビニール袋の持ち手をはさみで切っておきましょう。

 

この製作は、ビニール袋におばけの顔をかいて糸と割り箸を貼り付けるという、比較的簡単な工程のため、2歳児の子どもでもチャレンジできるでしょう。

 

アレンジとして、画用紙で作ったおばけの手を貼り付けたり、割いたPEテープなどを貼り付けたりすれば、よりおばけのような見た目に近づいて子どもたちも楽しんでくれるかもしれませんね。

 

ハロウィンの壁画

 

ハロウィンにぴったりな壁画製作をしてみましょう。

用意するもの

  • 画用紙
  • ブルーシート
  • 絵の具
  • クレヨンやペン

作り方

1.保育室の床にビニールシートを広げ、その上に画用紙を置きます。

2.子どもの手や足に絵の具を塗り、画用紙の上に手形をつけます。

3.手形や足型にペンやクレヨンなどで絵をかき足せば、ハロウィン壁画のできあがりです。

ポイント

2歳児になると、手や足を大きく動かす子どもも出てくるかもしれないため、子どもたちが自由に手形や足型を楽しめるように大きめの画用紙を用意しましょう。

 

足形を3つ並べたものをかぼちゃに見立てたり、子どもの手をおばけの手やコウモリの羽に見立てたりして、ハロウィンらしい壁画製作をしてみてくださいね。

 

また、大きな画用紙や模造紙などを使えば、子どもたちみんなの手形や足型を付けて一つの壁画製作を作ることもできますよ。子どもたちの成長を感じられる共同制作にも挑戦してみてくださいね。

保育園で0歳児からでも楽しめるハロウィン製作をしよう

今回は、保育園で行なうハロウィン製作について、かぼちゃやおばけ、コウモリなどのアイデアを、0歳児、1歳児、2歳児の年齢ごとに分けて紹介しました。

 

乳児クラスの子どもが行なうハロウィン製作では手や指先を使った手形や指スタンプ、ちぎり絵などを使ったアイデアを取り入れるといいでしょう。

 

お面や帽子、お菓子入れなどは製作が終わった後にそのままハロウィングッズとして活用できるので、保育園でのハロウィン行事の際にも活躍しそうです。

 

0歳児や1歳児の製作では、先生のサポートや援助が必要な場面も多いかもしれませんが、子どもたちといっしょにハロウィン製作を楽しんでくださいね。

 

遊び重視の保育求人を紹介

 

関連する記事

保育園で画用紙遊びを楽しもう!ねらいや簡単な工作アイデア9選

保育園で画用紙遊びを楽しもう!ねらいや簡単な工作アイデア9選

さまざまな色を楽しめる画用紙遊びの製作アイデアを探している保育士さんもいるでしょう。画用紙...

保育園でクリスマスブーツを作ろう!1歳児から楽しめる製作や立体的なアイデア

保育園でクリスマスブーツを作ろう!1歳児から楽しめる製作や立体的なアイデア

冬が近づくと、クリスマスの代表的なモチーフであるブーツの製作を取り入れる保育園もあるのでは...

十字鬼を楽しもう!保育園で遊べる鬼ごっこのルールとやり方アレンジ

十字鬼を楽しもう!保育園で遊べる鬼ごっこのルールとやり方アレンジ

保育園で子どもといっしょに十字鬼を楽しむために、遊び方のアイデアを探している保育士さんもい...

異年齢児保育とは?ねらいや意味、メリット・デメリットをわかりやすく解説!

異年齢児保育とは?ねらいや意味、メリット・デメリットをわかりやすく解説!

異年齢児保育とは、縦割り保育とも呼ばれ、年齢の異なる子どもを同じクラスで保育することです。...

【0歳児~5歳児向け】製作の指導案の書き方とは?ねらいや援助方法の文例

【0歳児~5歳児向け】製作の指導案の書き方とは?ねらいや援助方法の文例

製作活動に向けて指導案を書く保育士さんも多いことでしょう。保育園で子どもたちが楽しく活動で...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!