【徹底解説】児童指導員の仕事内容とは?役割や必要な資格、働くうえでのメリット

児童指導員の仕事内容が気になる保育士さんもいるかもしれません。児童指導員は、主に児童養護施設のほか、障がいをもつ子どもが通う施設や乳児院などでも働くことができるので働き方を知って、転職活動にも活用できるとよいですね。今回は児童指導員の仕事内容を中心に、職員として働くうえでのメリットなどもあわせて紹介します。


児童指導員の様子

maroke/shutterstock.com

 

児童指導員とは

児童指導員とは児童福祉施設などにおいて、0歳から18歳までの児童の成長をサポートする職員のことを言います。

 

主に、放課後等デイサービスや児童発達支援センターなどの児童発達支援事業において、配置が求められている職業です。

 

役割

 

児童指導員は、子どもたちの生活を援助したり自立を支援したりする役割を担っています。

 

また、身体的なサポートをする役割だけでなく、心に傷を抱えた子どもたちの精神的な支えとなるような役割も持っています。

 

つまり、児童養護施設や乳児院などの施設に入所している子どもたちにとっての親や兄弟のような存在とも言えるでしょう。

 

働ける場所

 

児童指導員が働く場所として一般的なのは以下のような児童福祉施設です。

 

  • 乳児院
  • 児童養護施設
  • 児童発達支援センター
  • 障がい児入所施設
  • 放課後等デイサービス

 

また、厚生労働省の「児童指導員及び指導員の資格要件等」の資料によると、児童発達支援事業(主に重症心身障がい児を通わせる場合に限る)、児童発達支援センター、放課後等デイサービス(主に重症心身障がい児を通わせる場合に限る)において配置が求められています。

 

障がいを抱えた子どもや、身体的・精神的に傷を抱えた子どもたちを預かる施設で活躍するのが児童指導員です。

 

出典:児童指導員及び指導員の資格要件等/厚生労働省

児童指導員の仕事内容

児童指導員の仕事内容は主に、入所している児童の心や身体のケア、健全な成長の手助けを、基本的な生活習慣や生活上のアドバイスなどのようです。

 

では、くわしい仕事内容について見ていきましょう。

 

生活指導

 

児童指導員のメインとなる仕事内容が子どもたちの生活全般を指導することです。

 

ときには親の代わりとなって起床や就寝、食事作法の指導や、学校の勉強のフォローなどを行います。また、障がいをもつ子どもに対しての生活訓練なども仕事内容に含まれています。

 

障がいを持つ子どもへの療育

 

施設によっては、発達や四肢などに障がいを持つ子どもたちへのケアが求められます。

 

療育では子どもたちの自立を促すために、一人ひとりの発達状況や障がいの特性に合わせた支援を行います。

 

児童の生活指導計画の立案

 

子ども一人ひとりの生活指導案を作成するのも児童指導員の仕事です。

 

障がいをもった子どもの自立を支援するために、一人ひとりの特徴や発達に合った個別の計画を作成する必要があります。

 

子どもたちをどのように指導、支援していくのかといった具体的な目標作りをすることが大切になるでしょう。

 

児童相談所や学校との連携

 

子どもが通う学校や児童相談所と連携を取ることも児童指導員の仕事内容の一つです。

 

子どもたちの状況を把握して丁寧なケアをするためには、関係機関との連携がとても重要になります。

 

学習の指導やフォローをするにも、子どもの状況をくわすく共有することが大切になるでしょう。

 

児童の引き取りをめぐる保護者との面談

 

児童養護施設や乳児院などにいる子どもは、精神的あるいは身体的な傷を抱えている子も多いため、保護者も悩みや不安を持っていることがあります。

 

児童を引き取る際の保護者との定期的な話し合い、面談も児童指導員の重要な仕事内容です。

 

保護者の相談に乗って悩みに寄り添うことが、子どもが健全に成長できることにもつながるため、保護者との面談は大切な業務となっています。

児童指導員になるには

児童指導員の様子

takayuki/shutterstock.com

 

児童指導員の仕事内容がわかったところで、児童指導員に必要な資格や、就職した際の給料や待遇などを紹介します。

 

児童指導員に必要な資格は?

 

児童指導員として働くためには「児童指導員任用資格」を取得する必要があります。

 

厚生労働省「児童指導員及び指導員の資格要件等/厚生労働省 」の資料によると、児童指導員任用資格を取得するためには以下のいずれかの要件を満たす必要があるとしています。

 

  • 地方厚生局長等の指定する児童福祉施設の職員を養成する学校または、そのほかの養成施設を卒業する
  • 社会福祉士または精神保健福祉士の資格を持っている
  • 大学の学部もしくは大学院で社会福祉学、心理学、教育学あるいは社会学を専修する学科を卒業する
  • 高等学校もしくは中等教育学校を卒業し、児童福祉事業に2年以上従事する
  • 小学校、中学校、高等学校または中等教育学校の教諭の資格を持ち、都道府県知事が適当であると認めた場合
  • 児童福祉事業に3年以上従事し、都道府県知事が適当であると認めた場合

 

上記から、大きく分けると大学や大学院を卒業することで自動的に任用資格を取得するパターンと、一定の実務経験を積むことで資格を得るパターンに分けることができます。

 

また、社会福祉士や精神保健福祉士の資格を持っている場合も資格要件を満たしていることになりますね。

 

出典: 児童指導員及び指導員の資格要件等/厚生労働省

 

児童指導員の保育士求人一覧

 

児童指導員の給料や待遇は?

 

ここでは、放課後等デイサービスや発達支援センターの求人を例に、児童指導員の待遇を見てみましょう。

 

給料に関しては、資格手当を含め、月給17万~24万円など、一般的な保育士と同じくらいかそれよりも少し高めに設定されていることが多いようです。

 

正社員のほかにパート求人もあり、時給は約1000円から1600円からなど、比較的好待遇で働くことができそうですね。

 

また、公立の施設では公務員として働くこととなるため、待遇もアップするかもしれません。
公務員の給料形態が適用されるため、長く働いて給料を上げたいと考える方にはぴったりでしょう。

児童指導員として働くメリットや大変なこと

最後に、児童指導員として働くやりがいや大変なことについてまとめました。

 

児童指導員としてのメリットややりがい

 

児童指導員として働くメリットなどを見ていきましょう。

子どもの成長を近くで見守ることができる

子どもたちの日々の変化や成長を身近なところで感じられるという点にやりがいを持てるかもしれません。

 

児童指導員は、生活の指導や個別指導計画の作成などを行い、子どもたち一人ひとりの特性を見極めて接しているでしょう。

 

自身の指導やサポートによって子どもたちのできることが増えたり、集団で過ごせるようになったりする姿を近くで見守ることができるのは、児童指導員ならではのやりがいと言えそうです。

障がいや療育についての知識を得ることができる

児童指導員として働くことで、障がい児や療育についての専門的な知識を身につけることができることもメリットの一つです。

 

障がいをもつ子どもと深く関わることで、身体障がいや知的障がい、精神障がいなどさまざまな障がい支援の実践的なスキルを得ることができるでしょう。

 

また、療育に関する知識を生かして、児童発達支援管理責任者などさらなるステップアップも目指すことができそうです。

子どもだけでなく保護者も支援できる

子どもだけでなく保護者の支えにもなっているという点にやりがいを感じることができそうです。

 

保護者との面談のなかで、子どもの育て方や接し方についてのフォローやアドバイスをして保護者の支援を行っています。

 

また、保護者に代わって子どもたちに指導をしたり療育をしたりすることが、保護者の負担軽減にもなるため、やりがいを実感できそうです。

 

児童指導員として働くうえでの大変なこと

 

児童指導員として働く際の大変なことを見ていきましょう。

肉体的にハードなことも

児童福祉施設で働くと労働時間が長く、肉体的にハードなことが考えられます。

 

児童養護施設や乳児院などは24時間365日子どもたちを預かっているため、夜勤シフトがあったり勤務時間が不規則になったりしがちかもしれません。

 

また、人手不足となっている施設で働いた場合には、一人にかかる業務量が多くなり、残業などが増えてしまうことも考えられるでしょう。

子どもたちのケアが難しいことも

乳児院や児童養護施設などにいる子どもたちのなかには、精神的に不安定であったり、あまり職員に心を開いてくれなかったりすることもあるようです。
そのため、子どもたちとの接し方に悩んでしまうこともあるかもしれません。

 

また、療育などのケアはそれぞれの子どもによって適切なケースがさまざまなため、一人ひとりに合わせた支援の難しさを感じることもあるでしょう。

 

子どもたちとの信頼関係を築くのは簡単ではないかもしれませんが、日々子どもたちと向き合い続けることで、子どもから信頼してもらえたり、成長を感じられたりした時には大きなやりがいを感じられるでしょう。

児童指導員の仕事内容について知り、転職活動の選択肢に入れてみよう

今回は、児童指導員の仕事内容や資格、働くうえでのやりがいについて紹介しました。

 

児童指導員は障がい児が通う放課後等デイサービスや児童養護施設、乳児院などさまざまな場所で働き、子どもたちの成長を支援する仕事です。
児童指導員になるには民間の施設に就職するほか、公務員として働くこともできるようです。

 

今回紹介した児童指導員の仕事内容ややりがい、大変なことなどをふまえて、転職活動の視野を広げてみるのもよいかもしれませんね。

 

児童指導員の保育求人を紹介

 

関連する記事

保育園看護師の仕事内容とは?役割や給料、求人事情などを解説!

保育園看護師の仕事内容とは?役割や給料、求人事情などを解説!

看護師の資格を活かして働ける場所の一つに保育園があります。看護師さんは1人に限り保育士とし...

インクルーシブ保育とはどのような取り組み?保育者の役割やメリット・課題

インクルーシブ保育とはどのような取り組み?保育者の役割やメリット・課題

インクルーシブ保育とは何か、気になる保育士さんもいるでしょう。取り組みについて保育者の役割...

子育て支援センターとは?保育士の役割や施設のサポート内容

子育て支援センターとは?保育士の役割や施設のサポート内容

子育て支援センターは育児家庭をサポートする地域交流の場です。支援センター求人を目にした転職...

幼稚園教諭 一種ってどんな資格?取得方法や二種から一種への切り替え方法を解説 

幼稚園教諭 一種ってどんな資格?取得方法や二種から一種への切り替え方法を解説 

幼稚園の先生になるために、一種・二種どちらを目指すべきか悩んでいる方もいるかもしれません。...

幼稚園教諭の仕事内容とは?目的や資格など保育士との違いを比較

幼稚園教諭の仕事内容とは?目的や資格など保育士との違いを比較

幼稚園教諭の仕事内容について、知りたい方もいるでしょう。教育者として求められることや役割、...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!