保育園で活用できる2月のおたよりの文例。節分を伝える書き出しなど

保育園で発行する2月のおたよりについて、どのように書くとよいのか悩む保育士さんもいるでしょう。園だよりやクラスだよりで、暖冬や寒冬などの季節感を表しながら、節分などの行事についても伝えられるとよいですよね。今回は、2月のおたよりを作成するときのポイントや、書き出しの文例などを紹介します。


節分を楽しむ子ども

makore/shutterstock.com


2月のおたよりはどのような内容にするとよい?

クラス担任をしている先生にとって、毎月の業務であるおたより作成は悩みの種でしょう。


節分やバレンタインなど2月ならではの行事についても触れて、保育園での子どもの様子が伝わるようにしたいですよね。


また、2月は1年の中でも寒さが厳しい時期なので、暖冬や寒冬などの気温の変化について触れた書き出しにすると、季節感のあるおたよりになるかもしれません。


2月のおたよりを書く際に気をつけるポイントについて見ていきましょう。

2月のおたよりを書くときのポイント



行事について触れる


節分やバレンタインデーなど、2月の行事について触れることで、季節感を醸し出せるでしょう。


節分は怖い鬼が登場するなど、子どもにとって少しドキドキする行事かもしれません。


子どもが鬼についてどのような話をしているのかなどを伝えるのもおもしろそうですね。

 

またバレンタインデーにおいて、保育園にチョコレートを持参し子ども同士で交換をしてもよいのかなど、あらかじめ園だよりやクラスだよりを通して保護者へ伝えておくとよいでしょう。

 

季節感を出す


2月といえば寒さが厳しい時季ですが、年によっては暖冬となることもあるでしょう。


日々の気候の変化を意識して、保護者と季節感を共有できるような書き出しにするとよいかもしれません。

 

この時季の子どもたちの姿に触れる


寒さに負けず、元気に外遊びを楽しむ子どもの様子を伝えるのもよいでしょう。


また、外から帰ったときは必ず手洗いやうがいを忘れずに行っていることを記すと、保育園で風邪などの予防対策に取り組んでいる姿を伝えることができそうですね。


おたより作成におけるポイントを踏まえたうえで、2月のおたよりの書き出しや子どもの様子を伝える言葉などの文例を見ていきましょう。

 

2月のおたより:書き出しの文例

2月のおたよりに活用できる、書き出しの挨拶文例を紹介します。



書き出しの文例①


今年は暖冬といわれており、季節外れの暖かな日が続きますね。

園庭の桜の木も少し芽吹き、春が近づいていると感じます。



書き出しの文例②


寒さ厳しい毎日ですが、保育園には子どもの元気な声が響いています。

子どもの体調の変化などに充分注意しながら、今月も笑顔で過ごしたいと思います。



書き出しの文例③


いよいよ冬本番。園庭も雪で真っ白になりました。

この時季ならではの冬の遊びを楽しみながら過ごしていきたいと思います。


2月のおたよりの書き出しは、寒さが本番であることを意識した挨拶文にするとよいでしょう。


また、年度末まで残り2カ月に迫っていることもあわせて伝えるとよいかもしれませんね。

 

2月のおたより:子どもの様子を伝える文例

雪で遊ぶ子ども

MIA Studio/shutterstock.com


2月のおたよりに活用できる、子どもの姿を表す文例を紹介します。

 

乳児(0歳児、1歳児、2歳児)の子どもの姿を表す文例


0歳児

頬を赤らめながら、初めての雪遊びを楽しみました。

雪を何度も触っては、冷たくてふわふわの感触にびっくりしている様子でしたよ。

1歳児

外に出ると、冷たい空気に触れて目をパチクリ。

厳しい冬を肌で感じながらも、毎日元気に過ごしている子どもたちです。

2歳児

寒さ厳しい日は元気いっぱい室内遊び!

広いホールでマットやボールを使い、思いっきり体を動かしています。


0歳児、1歳児、2歳児のクラスでは、寒さに負けず冬の遊びに興味を持っている様子や、室内でも元気に過ごしている様子などを伝えるとよさそうです。

   

幼児(3歳児、4歳児、5歳児)の子どもの姿を表す文例


3歳児

真っ白になった園庭を見て、「雪が降ったね!」と大よろこび。

寒さに負けず、雪合戦や雪だるま作りなどの冬の遊びを楽しんでいます。

4歳児

子どもたちは、「鬼、くるのかなぁ。」と少し不安気な表情を見せながらも、節分に向けてカッコイイ鬼のお面を製作しましたよ!

5歳児

保育園卒業まで残り2カ月。

「先生、手伝ってあげる!」だなんて、すっかりお兄さんお姉さんになりました。


3歳児、4歳児、5歳児のクラスでは話し言葉なども交えながら園での様子を伝えると、子どもの成長が感じられるおたよりとなりそうです。

2月のおたより:行事・イベントに関する文例

2月の園だよりやクラスだよりは、節分やバレンタインなど2月にまつわる行事を意識しながら書いてみましょう。



文例①


鬼がちょっぴり怖い様子の子どもたち。

節分の行事に向けて豆まきの練習をしながら、いつにも増していい子に過ごしていますよ。



文例②


バレンタインデーに向けて、まるでパティシエ気分!

紙粘土や段ボールなどを使って、おいしそうなチョコレートをたくさん作りました。


おたよりを通して、子どもたちが保育園で行事を楽しんでいる様子が伝わるとよいですね。

2月のおたより:保護者へのお願いに関する文例

この時季の保護者から協力してもらいたいことをあげてみましょう。



文例①


天気の良い日は上着や手袋を着用して外で活発に遊びます。

温かい肌着や厚手のトレーナーなどでは汗ばむことがあるため、保温性の高い上着で服装を調節するようお願いします。

なお、汚れても気にならない上着を保育園に置いておくことも可能となっているので、ご検討ください。



文例②


風邪や感染症の流行る季節となりました。

ご家庭においても手洗いやうがいなどで予防対策できるよう、子どもへの声掛けをお願い致します。


保護者にお願いしたいことを、おたよりに記しましょう。


行事で用意してほしいものなどがあれば、おたよりを通して早めに伝えることで、保護者もスムーズに準備できるかもしれません。

2月のおたよりを通して季節感や子どもの様子を伝えよう

今回は、保育園で配布する2月のおたよりについて、作成するときのポイントのほか、書き出しの挨拶文や0歳児から5歳児までの子どもの姿などの文例を紹介しました。


2月の園だよりやクラスだよりの書き出しは、保護者へ「年度末までの残りの期間もお願いします」という気持ちを伝えられるものにするとよいかもしれません。


また、日本ならではの節分という行事にも焦点をあて、子どもが製作を楽しみながらも鬼を恐れている様子を伝えるなどして、季節感溢れるおたよりを作れるとよいですね。



持ち帰り残業なしの保育求人を紹介



 

関連する記事

保育園でクリスマスブーツを作ろう!1歳児から楽しめる製作や立体的なアイデア

保育園でクリスマスブーツを作ろう!1歳児から楽しめる製作や立体的なアイデア

冬が近づくと、クリスマスの代表的なモチーフであるブーツの製作を取り入れる保育園もあるのでは...

十字鬼を楽しもう!保育園で遊べる鬼ごっこのルールとやり方アレンジ

十字鬼を楽しもう!保育園で遊べる鬼ごっこのルールとやり方アレンジ

保育園で子どもといっしょに十字鬼を楽しむために、遊び方のアイデアを探している保育士さんもい...

異年齢児保育とは?ねらいや意味、メリット・デメリットをわかりやすく解説!

異年齢児保育とは?ねらいや意味、メリット・デメリットをわかりやすく解説!

異年齢児保育とは、縦割り保育とも呼ばれ、年齢の異なる子どもを同じクラスで保育することです。...

【0歳児~5歳児向け】製作の指導案の書き方とは?ねらいや援助方法の文例

【0歳児~5歳児向け】製作の指導案の書き方とは?ねらいや援助方法の文例

製作活動に向けて指導案を書く保育士さんも多いことでしょう。保育園で子どもたちが楽しく活動で...

秋を楽しむ!自然物を使った製作15選。どんぐりやまつぼっくりで季節を味わおう

秋を楽しむ!自然物を使った製作15選。どんぐりやまつぼっくりで季節を味わおう

どんぐりや落ち葉などさまざまな自然に出会える秋。これらの自然物を使って、保育園で季節感のあ...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!