保育園での交通ルールの伝え方。子どもに教えるときのポイントやねらい

保育園で、交通ルールについてどのように子どもへ伝えるとよいのか知りたい保育士さんもいるでしょう。散歩中の事故を防ぐためにも、決まりや約束を守るねらいを踏まえて、子どもたちにきちんと教えたいですね。今回は、保育園で子どもへ伝える交通ルールについて、わかりやすく教えるポイントなどをまとめました。


さんぽ 保育園

milatas/shutterstock.com


保育園で交通ルールを身につけるねらい

残念なことに、子どもの交通事故は毎年多発している現状があります。

特に、幼稚園や保育園、小学校などからの降園や下校中、あるいは遊びに行った帰りなど、子どもが1人で道路を歩いているときに事故に遭うケースが多いようです。


なかには、交通ルールをきちんと身につけていれば、未然に防げた可能性のある事故もあるかもしれません。そのため、保育園で子どもたちに交通ルールを伝えることが大切になるでしょう。


子どもが交通ルールについて学ぶことには、次のようなねらいがあるようです。


  • 友だちと楽しみながら、交通ルールに興味をもつ
  • 散歩のなかで危険なことにはどのようなことがあるのかを知る
  • 交通事故を防ぐ行動をとれるようにする


保育園で早い時期から交通ルールを身につけることで、子どもが交通安全について意識しながら過ごせるように指導できるとよいですね。

保育園で子どもに伝えたい基本的な交通ルール

交通ルールについての基本的な項目をまとめました。



横断歩道を渡る


道路を渡るときは、横断歩道の上を歩くということを教えましょう。


信号機のない横断歩道を渡る際は、特に、「右を見て、左を見て、もう一度右を見て、車が来ないのを確認してから渡る」ということを繰り返し伝えることが大切です。



信号を守る


信号のある横断歩道では、「信号が青は進め、赤は止まれ」であることを伝え、必ず信号が青のときに横断歩道を渡るということを教えましょう。


赤信号で待っているときは、横断歩道に近づきすぎると車と接触する危険性があることも伝えるとよいかもしれません。


また、信号が青でも点滅しているときは渡らず、次にまた青になるまで待つということもしっかり指導できるとよいですね。



道路に飛び出さない


外で遊ぶ際は、どんなに夢中になっても道路へ絶対に飛び出さないということを徹底して約束しましょう。


滅多に車が通らないような道路でも注意散漫にならないよう、車が通ったタイミングで子どもに確認するとよいかもしれません。


また、できる限り交通量の少ない公園などで遊ぶよう伝えることも大切でしょう。

保育園で子どもに交通ルールを伝える方法

子どもに分かりやすく、かつ楽しく交通ルールを伝える方法をまとめました。


横断歩道 女の子

milatas/shutterstock.com



交通ルールにちなんだ絵本を読み聞かせる


交通安全をテーマにした絵本を子どもに読み聞かせながら、ルールについて学ぶ時間を作りましょう。


絵本に信号機がかかれていたら、「信号が青は進め、赤は止まれだね。」などと確認すると、子どもも覚えやすいかもしれません。



交通ルールにちなんだクイズをする


幼児クラスでは交通ルールにちなんだクイズを用意して、子どもに出題してみましょう。

クイズ例題①

Q.信号は何色のときに横断歩道を渡れるのでしょうか。

(答え:青)

クイズ例題②

Q.急いでいるときは、横断歩道を走って渡ってもよいのでしょうか。

(答え:走って渡ってはいけない)

クイズ例題③

Q.公園で遊んでいるときにボールが道路に転がってしまったら、すぐボールを取りに行ってもよいのでしょうか。

(答え:道路に飛び出すのは危ないので絶対にしない)



答えとともに理由も子どもに考えてもらうようにすると、交通ルールについての理解が深まりそうですね。

保育園で交通ルールを伝えるときのポイント

子どもに交通ルールについて伝える際に、気をつけるポイントをまとめました。



ルールがある理由を伝える


幼児クラスの子どもは、交通ルールを守る必要があるのはなぜなのか、理由を知ることができれば、理解が深まり行動に移せるようになるかもしれません。


例えば横断歩道を渡るときに左右を見たほうがよい理由として、たとえ信号が青でも車がくる可能性があるということを伝えるとよいでしょう。



模範的な行動をとる


散歩のときなど、交通ルールを伝えながら、保育士さん自身がお手本になる行動をとることが大切です。


手を挙げて横断歩道を渡るのも、保育士さんが行動で示すようにすれば、子どもが真似をしているうちに自然と身につくようになるかもしれません。



繰り返し教える


散歩中は外の風景や興味をもつことなどに気をとられ、交通ルールについて考えていないことがあるかもしれません。


子どもは正しいな状況判断ができないこともあるため、たとえ決まった散歩コースであっても、同じ場所で何度も繰り返し伝えることが大切です。



子どもと確認し合う


散歩中は、交通ルールについて実践的に学ぶ機会が多くあるでしょう。


例えば横断歩道を渡るときに「信号が青でチカチカ点滅しているときは渡っていいのかな?」などと質問して、子どもに交通ルールが身についているか、適宜確認してみるとよいかもしれません。

保育園で交通ルールをわかりやすく伝えよう

今回は、保育園で交通ルールについて子どもにどのように伝えるとよいのかまとめました。


子どもの交通事故を防ぐためにも、子どもに交通ルールを伝えるねらいを踏まえ、重要性を教えることが大切です。


散歩のコースは、交通ルールについて学べるよう横断歩道や信号機のある道を選ぶようにすると、実践的に伝えられるかもしれません。

また、幼児クラスではルールを守る理由も教えながら、交通安全に向けて意識を高められるとよいですね。


子どもの大切な命を守るために、保育園で交通ルールについて楽しく学ぶ時間を設けながら根気強く指導していきましょう。



自分に合った保育求人を紹介



関連する記事

保育園でクリスマスブーツを作ろう!1歳児から楽しめる製作や立体的なアイデア

保育園でクリスマスブーツを作ろう!1歳児から楽しめる製作や立体的なアイデア

冬が近づくと、クリスマスの代表的なモチーフであるブーツの製作を取り入れる保育園もあるのでは...

十字鬼を楽しもう!保育園で遊べる鬼ごっこのルールとやり方アレンジ

十字鬼を楽しもう!保育園で遊べる鬼ごっこのルールとやり方アレンジ

保育園で子どもといっしょに十字鬼を楽しむために、遊び方のアイデアを探している保育士さんもい...

異年齢児保育とは?ねらいや意味、メリット・デメリットをわかりやすく解説!

異年齢児保育とは?ねらいや意味、メリット・デメリットをわかりやすく解説!

異年齢児保育とは、縦割り保育とも呼ばれ、年齢の異なる子どもを同じクラスで保育することです。...

【0歳児~5歳児向け】製作の指導案の書き方とは?ねらいや援助方法の文例

【0歳児~5歳児向け】製作の指導案の書き方とは?ねらいや援助方法の文例

製作活動に向けて指導案を書く保育士さんも多いことでしょう。保育園で子どもたちが楽しく活動で...

秋を楽しむ!自然物を使った製作15選。どんぐりやまつぼっくりで季節を味わおう

秋を楽しむ!自然物を使った製作15選。どんぐりやまつぼっくりで季節を味わおう

どんぐりや落ち葉などさまざまな自然に出会える秋。これらの自然物を使って、保育園で季節感のあ...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!