ヨコミネ式とはどんな教育法?特徴や働くうえでのメリット・デメリット

ヨコミネ式とは、自ら学ぶ力を育てることで子どもの自立を促す教育法です。保育園児でも逆立ちができるなど特徴的な面が注目されがちですが、その根底には子どものやる気を引き出すメソッドが重視されているようです。今回はヨコミネ式とは何か、特徴や理念を紹介します。また、導入園で働くときのメリットやデメリットもまとめました。


ヨコミネ式の写真

hanapon1002/shutterstock.com

 

ヨコミネ式とは

鹿児島で保育園を運営する横峯吉文氏が、30年間にわたって子どもとかかわる中で生み出された、子どもの自立を促し可能性を引き出すための幼児教育法です。

 

「すべての子どもが天才である。ダメな子なんて一人もいない」「すべての子どもが天命をうけてこの世に生まれて来た。その天命を最大限に発揮させたい」という理念をもとにしており、現在では全国の保育園や幼稚園で取り入れられています。

 

最も大切なことは「子どもが自ら学ぶ力」であるとして、読み・書き・計算や逆立ち、ピアニカなど、子どもの才能を引き出すために多岐にわたるアプローチをしていきます。

ヨコミネ式の特徴

次に、ヨコミネ式教育法の特徴を紹介します。

 

自立を促す「3つの力」

 

子どもが自ら考え、自ら行動し、自立して生きていけるよう、3つの力を育てることが大切にされています。

心の力

心の力とは、困難に直面しても諦めない忍耐力とともに、友だちを思いやる気持ちを指します。

 

子どもたちが自分でできることは手を貸さずに見守り、さまざまな経験を積むことが重要と考えられています。

学ぶ力

ヨコミネ式では読み・書き・計算を繰り返し学ぶことを通して、必要なことは自ら学ぼうとする「自学自習の力」を身につけていきます。

 

勉強のような学力をつけるのではなく、子どもが遭遇した問題を自分の力で解決する能力を身につけることを目的としています。

体の力

運動神経の基礎は6歳までに大きな発達を遂げると考え、かけっこ、水泳、柔軟、体操などに力を入れています。

 

幼児期にバランスよく身体を動かしておくことで、生涯の健康に役立つ体の力を育てられると言われています。

 

ヨコミネ式では「読み・書き・計算・体操・音楽」の活動を通して、これらの3つの力を育むことが大切にされています。

 

可能性を引き出す「4つのスイッチ」

 

ヨコミネ式で、子どものやる気を引き出すために重要と考えられる「4つのスイッチ」を紹介します。

1.子どもは競争したがる

幼児期の子どもが持つ「負けたくない」「もっとできるようになりたい」という競争心を大切にしています。

 

子ども同士で刺激しあえるような環境を整えることで、子どもの向上心やモチベーションにつなげられるようアプローチしていくことが必要となるようです。

2.子どもは真似をしたがる

周りにいる人の真似をすることで、子どもたちは学習し、たくさんのことができるようになると言われています。

 

「自分にもできるかも」「やってみたい」という気持ちを引き出せるよう、年長児や友だちなどにお手本になってもらうことが大切かもしれません。

3.子どもはちょっとだけ難しいことをしたがる

子どもは自分の力が及ばなさそうな「難しいもの」には挑戦したがらないものの、すぐに達成できる「簡単なもの」には飽きてしまうかもしれません。

 

一人ひとりのペースに合わせて、その子にとって「ちょっと難しいこと」にチャレンジできるようサポートすることで、子どもの向上心につながっていくでしょう。

4.子どもは認められたがる

「何かにチャレンジして成功したらほめられた」という経験を重ねることで、子どものモチベーションを養うことが大切になります。

 

できることを一つずつ増やすことで、子どもの自信や意欲につなげていくようです。

 

やる気を育てる「才能開花の法則」

 

子どものやる気を引き出し、潜在的な才能に働きかけるために大切にされている考え方です。

 

  • できることはおもしろい
  • おもしろいから練習する
  • 練習すると上手になる
  • 上手になると楽しい
  • 次の段階に行きたくなる

 

このサイクルを積み重ねられる環境を作れば、子どもの持つ力を引き出すことができると考えられています。

 

子どもが自らチャレンジしたり、学んだりしようという意欲を育むことを目的に、自分で考えて行動できる人間性作りをしていくことが大切です。

 

ヨコミネ式の保育士求人一覧

 

ヨコミネ式の保育園で働くメリットと注意点

ヨコミネ式の写真

kornnphoto/shutterstock.com

 

最後に、保育士さんがヨコミネ式を導入している園で働くときのメリット・デメリットを紹介します。

 

メリット

子どもが挑戦する環境を作れる

子どものやる気を引き出すための環境作りに力を入れているため、子どもの自立心や向上心を促すための手法を学べるでしょう。

 

また、意欲を引き出し、ほめて伸ばすことが重視されているので、子どもが自らチャレンジして成長する姿や、難しいことを達成してうれしそうにする姿は、保育士さんのやりがいにつながるかもしれません。

運動、学習、音楽などの活動をしっかり行える

ヨコミネ式では、3つの力を育むために「読み・書き・計算・体操・音楽」の活動に力を入れています。

 

そのため、自由遊びばかりでなく集中して活動に取り組む時間ができ、メリハリのある保育をしていけそうです。

 

また、スポーツが得意、音楽が好きなど自分の得意分野がある保育士さんなら、特技を活かして子どもと関わることができるかもしれません。

自分自身も学び続けられる

ヨコミネ式の保育園では子どもの力を伸ばすために、保育士さん自身も学び続けることが求められる環境と言えるでしょう。

 

研修や自習はもちろん、保育書類に関してもヨコミネ式のメソッドを取り入れる必要があるため、新しく身につけることが多いかもしれません。

 

注意点

保育方針が合わない可能性がある

ヨコミネ式では、子どもたちの可能性を引き出すために、多くの経験ができるよう活動を考えていきます。

 

そのため自由保育中心の園で勤務していた保育士さんや、のびのびとした遊びをしたいと感じる保育士さんは合わないと感じることがあるかもしれません。

 

ただし、強要するのではなく「子どもの自主性を育む」「やる気を引き出す」など子どもが自ら挑戦する意欲を大切にしているため、そうした考えを持つ方にはマッチすると言えるでしょう。

保育士さんも自学の姿勢を求められる

さまざまな活動を取り入れ、子どもに自学自習の姿勢を養うヨコミネ式の園では、保育士さん自身も学び続けることが必要とされるようです。

 

研修や講演会に参加したり、ヨコミネ式の保育について自ら学んだりといった姿勢が求められるでしょう。

 

保育士として成長したい、自分自身も向上心を持っていたいと考える保育士さんには向いているかもしれません。

ケガにつながりやすいことも

ヨコミネ式では逆立ちや跳び箱、水泳などを高いレベルで行うため、通常の保育園に比べて子どものケガが増えてしまうこともあるでしょう。

 

子どもにとって「少しだけ難しい」レベルにチャレンジできるよう、安全を確保しながら一人ひとりの状況に合わせた環境を用意することが大切になりそうです。

ヨコミネ式の特徴をおさえて、転職活動に活かそう

今回は、ヨコミネ式とは何か、特徴や働くときのメリット・デメリットをまとめました。

 

子どものやる気を引き出すことで自立を促すヨコミネ式では、3つの力や4つのスイッチなど、独自のメソッドに基づいた保育方針が特徴的です。

 

子どもが挑戦する環境作りや、読み・書き・計算など、保育士さん自身も仕事を通して成長できる教育法と言えます。

 

ヨコミネ式の理念や保育方針をしっかりと理解し、職場選びの参考にしてみてくださいね。

 

遊び重視の保育求人を紹介

 

関連する記事

保育園看護師の仕事内容とは?役割や給料、求人事情などを解説!

保育園看護師の仕事内容とは?役割や給料、求人事情などを解説!

看護師の資格を活かして働ける場所の一つに保育園があります。看護師さんは1人に限り保育士とし...

インクルーシブ保育とはどのような取り組み?保育者の役割やメリット・課題

インクルーシブ保育とはどのような取り組み?保育者の役割やメリット・課題

インクルーシブ保育とは何か、気になる保育士さんもいるでしょう。取り組みについて保育者の役割...

子育て支援センターとは?保育士の役割や施設のサポート内容

子育て支援センターとは?保育士の役割や施設のサポート内容

子育て支援センターは育児家庭をサポートする地域交流の場です。支援センター求人を目にした転職...

幼稚園教諭 一種ってどんな資格?取得方法や二種から一種への切り替え方法を解説 

幼稚園教諭 一種ってどんな資格?取得方法や二種から一種への切り替え方法を解説 

幼稚園の先生になるために、一種・二種どちらを目指すべきか悩んでいる方もいるかもしれません。...

幼稚園教諭の仕事内容とは?目的や資格など保育士との違いを比較

幼稚園教諭の仕事内容とは?目的や資格など保育士との違いを比較

幼稚園教諭の仕事内容について、知りたい方もいるでしょう。教育者として求められることや役割、...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!