担任を持たないフリー保育士の役割とは?仕事内容や給料事情、やりがいなど

フリー保育士の役割や仕事内容について、知りたい方もいるでしょう。担任を持つ保育士さんと、求められるスキルや待遇面などにどのような違いがあるのか気になりますよね。今回はフリー保育士について、働き方や目標例、給料事情などについて紹介します。合わせて、やりがいや難しいと感じることについてもまとめました。


milatas/shutterstock.com

 

フリー保育士の役割とは

フリー保育士とは、クラス担任を持たずに、担任の保育士さんのサポート役としてフリーで働く保育士さんのことです。

 

フリー保育士さんは、手が足りていないクラスの保育補助や、園全体の業務のサポートを行う大切な役割を担っています。

幅広い業務を任せられることもあるため、ベテランの保育士さんが配置されることもあるようです。

 

まずは、フリー保育士の仕事内容についてくわしくみていきましょう。

フリー保育士の仕事内容

フリー保育士さんの仕事について、各クラスや園全体に対しそれぞれどのようなサポートをしているのか説明します。

 

各クラスのサポート

 

フリー保育士さんは各クラスのサポートとして、担任の保育士さんがスムーズに保育を行えるよう次のような業務を行います。

 

  • 食事、おむつ替え、着替えのフォロー
  • 散歩や遊びなど保育活動に必要なものの準備
  • 担任の休憩時間などに代理で保育

 

このように、担任を持つ保育士さんの人手が回らない場合、さまざまなクラスに入って補助的な仕事をこなします。

 

園全体のサポート

 

フリー保育士さんは園全体のサポートとして、状況を把握しながら次のような業務を行います。

 

  • 給食やおやつの準備、配膳
  • 食後の食器洗い
  • 電話対応
  • 来客対応
  • 行事進行
  • 備品の管理
  • 衣類や雑巾などの選択
  • 清掃
  • 玩具の消毒

 

このように、保育以外にも幅広い業務を行います。

フリー保育士に求められるスキルとは

さまざまな業務をこなす必要のあるフリー保育士さんですが、どのようなスキルを求められるのでしょうか。

 

臨機応変な行動力

 

フリー保育士さんは、各クラスの急なヘルプ時に即座に対応するスキルが求められているといえるでしょう。

 

園全体の様子を見通しながら、その時々の状況に沿って適切な雑務を敏速にこなす力も必要とされています。

 

クラスの状況を把握する対応力

 

フリー保育士さんは、どのクラスが困っているのか常に察知する力が必要でしょう。

 

担任の保育士さんを助けるために何を準備すればよいのか、何をすべきかを考えながら対応するスキルが求められています。

 

子どもの状況を把握する観察力

 

フリー保育士さんは、全ての園児とかかわる機会があるため、どの子どものサポートが必要なのか考え、個別に対応できるよう全園児の発達段階や特徴を日頃から理解する必要があるでしょう。

 

担任の保育士さんや保護者と積極的にコミュニケーションを図り、子ども一人ひとりの状況を知ることも大切かもしれません。

フリー保育士の設定する目標例

さまざまなスキルを必要とされるフリー保育士さんですが、あらかじめ目標を設定することで保育士としての成長につながるかもしれません。

 

実現できそうな目標を立てて月に1度自己評価を行うなどすれば、ステップアップしていることを実感できるでしょう。

 

ここでは、フリー保育士さんの設定する目標の例文をいくつか紹介します。

 

例文1.「保育のしかたを学び担任になるときに活かす」

 

フリー保育士さんのなかには、これまで経験したことはないものの、いずれ担任になりたいと思っている人がいるかもしれません。

 

各クラスの補助として業務をこなしながら、担任保育士さんの保育のしかたを見て学び、いずれ担任業務を任された時の参考にするとよいでしょう。

 

例文2.「保護者と信頼関係を築く」

 

園全般の業務を担うフリー保育士さんは、電話応対やお茶出し、書類の受け渡しなどの業務を通して、保護者と関わることがあるかもしれません。

クラスのサポートとして、子どもの受け入れやお迎え時に保護者と接することもあるでしょう。

 

全ての保護者と話す機会があるため、信頼関係を築けるよう積極的にコミュニケーションをとることを目標にするとよいかもしれません。

 

例文3.「各クラスの担任と積極的に連携をとる」

 

担任の保育士さんと日頃から積極的にコミュニケーションを図ることで、日々の保育に役立つことが多いでしょう。

 

担任の保育士さんと常に連携をとるよう意識することで、クラスの補助として入った際にスムーズに働くことができるかもしれません。

 

例文4.「あらゆる仕事を受け入れる」

 

フリー保育士さんは保育以外にも、清掃や行事の準備、事務的な仕事など幅広い業務を行います。

 

全ての業務は子どもや職員が安全に楽しく過ごすことにつながるので、あらゆる仕事に前向きに取り組むとよいでしょう。

また、さまざまな仕事をこなすことで、マルチタスクのスキルを身につけることにもつながりそうです。

 

このように、目標を定めて毎月反省を踏まえつつ自己評価を行うことで、保育士としてのスキルアップにつながるかもしれませんね。

次に、フリー保育士の給料事情など、待遇面をみてみましょう。

フリー保育士の待遇とは?

yamasan0708/shutterstock.com

 

正社員として働くフリー保育士さんの月給は、担任を持つ保育士さんと大差ないようです。

また、パートや派遣など非常勤として働く場合は時給1200円くらいとなっており、やはり担任を持つ保育士さんとそれほど変わらないでしょう。 

 

勤務時間は雇用形態によりますが、担任を持つ保育士さんと同様に、行事前などは出勤時間が長くなることがあるかもしれません。

 

なお、パートで働くフリー保育士さんは早番で子どもの受け入れをしたり、遅番で最後のお迎え時を任されることも考えられます。

 

このように待遇は普通の保育士と大きな変わりはないようですが、担任を持たないフリー保育士として働くとどのようなやりがいがあるのでしょうか。

フリー保育士として働くやりがいや難しいと感じること

フリー保育士さんが仕事をするうえでのやりがいや大変に思うことをまとめました。

 

やりがいを感じること

 

多くの子どもと関われる

フリー保育士さんは、保育園に通う全園児とかかわる機会があります。

 

0歳児から5歳児までのあらゆる子どもと接するなかで、年齢による子どもの特性や成長について気づけることが多く、自身のスキルアップにもつながるかもしれません。

保育に集中できる

補助としてクラスに入り、ひとりの子どものサポートを任されることもあるでしょう。

1対1でじっくり接することができるので、子どもの気持ちに寄り添う保育ができるかもしれません。

 

また、週案や月案などを書く業務は担任の保育士さんが行うことが多いため、フリー保育士さんはそのぶん保育業務に集中できるというメリットもあるでしょう。

保育士として成長できる

さまざまな保育士さんと接する機会があるので、保育のコツなどを学べることが多いかもしれません。

新人でフリー保育士になった場合は、キャリアのあるベテランな保育士さんの仕事を見ながら自分の保育力の成長につなげることもできるでしょう。

 

担任になったときどのような保育がしたいのか、イメージを持ちやすいかもしれませんね。

 

難しい・大変だと感じること

 

園全体の流れを把握しづらい

ほかの保育士さんの手が回らない業務をこなすフリー保育士さんですが、慣れるまでは保育園全体の流れをつかむことが難しいと感じるでしょう。

 

そのため、何をしてよいのか戸惑ってしまうことがあるようです。

モチベーションの維持が難しいことも

行事が近づいたときなど、時期によっては製作物などの準備を任されることがあるかもしれません。

すると、なかには担任の保育士さんのように子どもともっとかかわりたいと思う方もいるでしょう。

 

時期によっては保育以外の仕事が多くなり、保育士として働くモチベーションを維持しづらくなってしまうことも考えられます。

子どもと信頼関係を築くのに時間がかかる

フリー保育士さんはさまざまなクラスに入るため、なかには関わる時間の少ない子どももいるでしょう。

子どもに人見知りされてしまうなど、信頼関係を築くのに時間がかかってしまうこともあるようです。

 

このようにフリー保育士さんならではの大変さもあるようですが、保育園の縁の下の力持ち的な存在として、やりがいやメリットも多い仕事といえそうです。

フリー保育士の仕事を知り、転職に役立てよう

今回は、フリー保育士さんの仕事内容やスキルなどについて解説しました。

 

フリー保育士さんは正社員やパートに関わらず担任を受け持つことはないものの、いろいろなクラスに入り幅広い年齢の子どもととかかわる機会が多いでしょう。

保育について学べる環境にあることは、いずれ担任になったときにも活かせそうです。

 

各年齢の発達状況などの理解が求められるため、ベテランの保育士さんが配属されるケースが多いかもしれません。

フリー保育士になった際は、行動力や対応力が身につくような目標を掲げ、自己評価を踏まえつつさらなるスキルアップを目指すとよいでしょうでしょう。

 

保育園で必要とされるフリー保育士の仕事内容や待遇、求人事情について知り、転職することを検討してみるのもよいかもしれませんね。

 

自分に合った保育求人を紹介

 

関連する記事

玩具の取り合いが起きたときの保育士の対応。環境整備や仲裁の方法

玩具の取り合いが起きたときの保育士の対応。環境整備や仲裁の方法

子どもが玩具の取り合いになったとき、保育士さんはどのような対応をするべきでしょうか。1歳児...

保育士さんの肩こりの解消方法は?原因とツボ押しやストレッチなどの改善アイデア

保育士さんの肩こりの解消方法は?原因とツボ押しやストレッチなどの改善アイデア

保育士さんは子どものお世話をしたり、いっしょに遊んだりと身体に負担をかかることが多く、肩こ...

幼保小連携とは?幼児教育と小学校教育をつなぐ取り組み

幼保小連携とは?幼児教育と小学校教育をつなぐ取り組み

幼保と小学校のつながりを深め、子どもたちの生活や学びの基盤を支える「幼保小連携」。小学校入...

保育士として主任になるには?経験年数などの必要な条件や、仕事内容・給料

保育士として主任になるには?経験年数などの必要な条件や、仕事内容・給料

主任になるにはどうすればよいのか知りたい保育士さんもいるでしょう。研修や経験年数など必要な...

103万円の壁とは?パート保育士さんが扶養内で働くための注意点

103万円の壁とは?パート保育士さんが扶養内で働くための注意点

扶養内で働くため、自身の年収が103万円以内になるよう、勤務日数の調整をしているパート保育...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!