保育園で飼育をしよう!カタツムリやザリガニなどおすすめの生き物や気をつけること

保育園で飼育するのにおすすめの生き物について知りたい保育士さんもいるでしょう。メダカやうさぎなどを飼う際に気をつけることを押さえれば、子どもといっしょに楽しく飼育できそうです。今回は、保育園で飼いやすい生き物について解説します。あわせて、飼育する際の子どもへのかかわり方についてまとめました。


かぶとむし

ANURAK PONGPATIMET/shutterstock.com


保育園で生き物を飼育するねらい

お散歩の最中に昆虫などの生き物を見つけて、目を輝かせる子どもの姿に出会うこともあるでしょう。生き物を飼うことは、自然の不思議さや美しさを知ることにつながるので、子どもたちに経験してほしいと考える保育士さんもいるかもしれません。


飼育する際に気をつけることを押さえれば、子どもといっしょに楽しく生き物を飼うことができそうですね。


保育園で生き物を飼育することには、次のようなねらいが考えられます。


  • いろいろな生き物の存在を知り、興味をもつ
  • 身近な生き物を飼育しながら、生命の不思議さや尊さに気づく
  • 生き物を世話することで役割意識を高め、大切にする気持ちをもつ

生き物の飼育を通して、子どもたちが命の大切さに気づくきっかけにつながるかもしれません。

可能であれば、小動物や昆虫など、子どもが自分で世話しやすい生き物を飼ってみるとよいですね。

保育園で飼育しやすいおすすめの生き物

ここでは、保育園で飼いやすくい生き物を挙げてみました。



動物・魚など


愛くるしい動きをする動物や水中に生息する生物のなかで、保育園で飼いやすいのは以下の生き物でしょう。


  • うさぎ
  • メダカ
  • ザリガニ
  • カエル

カエルのように成長すると体が変化する生き物は、観察するなかで発見が多く、おもしろそうですね。



昆虫


以下の公園などで見かける生き物は、子どもといっしょに昆虫採集をして育てる流れにすると、愛着をもって飼育してくれるかもしれません。


  • カブトムシ
  • クワガタ
  • カタツムリ

保育室の中で生き物を飼えば、乳児クラスでも観察して楽しめそうですね。



次に、保育園で飼いやすい生き物について、それぞれの飼育方法を簡単に紹介します。

保育園で生き物を飼育する方法

うさぎ

Alina Bitta/shutterstock.com


保育園で生き物を飼育する際は、餌のほかに、ホースやバケツなどの掃除用具などを用意しましょう。

また、水中で生息する生き物を飼う場合は、水槽にカルキ抜きをした水を満たしておく必要もあります。


そのほか、生き物を飼育するにあたって用意するものやポイントなどを解説します。



メダカ


メダカの飼育はそれほど難しくないようなので、保育園で初めて飼う生き物としてもおすすめでしょう。

なお、品種改良されたメダカは遺伝的に弱い品種や個体も多いようなので、注意が必要かもしれません。

用意するもの

  • 水槽
  • 底砂

飼育のポイント

<水槽>

水槽に生えるコケを掃除し、水が汚れる前に水を換えるようにしましょう。

なお、水量1リットルあたり成魚1匹くらいの割合なら、ろ過器は必要ないようです。


<砂利>

砂利の凹凸に微生物が住みついて、水質を安定させる効果があるようです。

水が濁らないよう、メダカを飼う前日までに洗っておきましょう。


<温度・水質合わせ>

温度によるショックを防ぐために、購入したときの水とメダカをビニール袋に入れたまま、水槽に20~30分ほど浮かべることが大切です。


その後、水槽の水をビニール袋に少しずつ入れて水質に慣らしていきましょう。


<餌>

餌の量が多すぎると、水質が悪化してメダカが弱ってしまうかもしれません。

2分くらいで食べきれる量にし、1日1~2回を目安に与えるとよさそうです。



ザリガニ


ザリガニも、飼育はそれほど難しくないでしょう。

匂いが気にならないようにするためには、水を清潔に保つとよいようです。

用意するもの

  • 水草や流木
  • ろ過フィルター

飼育のポイント

<水槽内>

複数のザリガニを飼うと互いに共食いすることもあるため、

1匹だけ飼うのがよいでしょう。


脱走しないよう、水槽上部に蓋をつけることも大切です。


<水草や流木>

複数のザリガニを飼う場合は水草や流木を入れて、ザリガニの数より多い隠れる場所を用意しましょう。

これらは、冬の期間の非常食としても活用できるようです。


<砂>

ザリガニは脱皮をする際に、触角の根元に砂を入れているそうです。

そのため水槽には、小さい砂を敷き詰めておきましょう。


<ろ過フィルター>

水替えの手間が省けるので、ろ過フィルターをつけると飼育が少し楽になるでしょう。


フィルターを用意しない場合は水槽の水を変える回数を増やし、きれいな水を維持できれば匂いも気にならないかもしれません。


<餌>

餌は1日1回、食べ残さない量に調整して与えるとよさそうです。


もし食べ残してしまった場合は、水が汚れないようきれいに取り除きましょう。

なお、冬の間はほとんど餌を食べることはないようです。



うさぎ


うさぎは厳しい暑さや寒さに弱いため、15度から26度の温度を保つとよさそうです。


また、オスとメスを同時に飼うと繁殖し、オス同士ではケンカすることもあるため、メスのみの飼育がおすすめかもしれません。

用意するもの

  • ケージ
  • 給水器

飼育のポイント

<屋内ケージ>

屋外に小屋を設けると、野良犬に狙われるなど危険な環境になりやすいため、屋内のケージで飼育するとよいようです。


その際はうさぎが自然にふれ合えるよう、土や草の上で遊ぶ時間を作るとよいでしょう。


<給水器>

うさぎが好きな時に水を飲めるよう、常に新しい水を用意しましょう。

給水器はうさぎが飲みやすく、手入れがしやすいものを選ぶとよさそうです。


<餌>

うさぎの歯は伸び続けるため、与える餌には繊維質が必要なようです。

市販の餌だけでなく、干草や野菜の残飯、野草などを与えるとよいかもしれません。



カブトムシ


子どもに人気の昆虫、カブトムシは暑さが苦手と言われています。

そのため、日陰で風通しの良い場所で飼育するとよいでしょう。

用意するもの

  • 飼育ケース
  • 昆虫マット(土)
  • 昆虫用のゼリー
  • 小枝や落ち葉
  • 餌用の皿

飼育のポイント

<飼育ケース>

サイズが小さすぎると、ストレスがたまって弱ってしまうかもしれません。

しっかり潜れる深さの昆虫マットを入れるためにも、深さのある飼育ケースを用意しましょう。


<昆虫マット>

乾燥させないように、こまめに霧吹きなどを活用しましょう。

カブトムシの成虫を飼育する場合は、針葉樹マットもおすすめです。


<小枝や落ち葉>

カブトムシは転倒すると自力で起きることが難しい生き物です。

そのため、足掛かりとなる小枝や落ち葉などを準備しましょう。


<餌>

市販の昆虫用ゼリーなら、子どもも餌を与えやすくおすすめかもしれません。餌で汚れた場合はこまめに掃除して、飼育ケース内を清潔に保ちましょう。



カタツムリ


カタツムリの飼育は初心者向けかもしれません。

独特の動きや殻の模様など、子どもは興味津々になるでしょう。


6月など梅雨時には園庭に生息しているかもしれませんね。

用意するもの

  • 飼育ケース
  • キッチンペーパー
  • 霧吹き

飼育のポイント

<キッチンペーパー>

カタツムリはフンに水分が多いため、底面に土を敷き詰めると掃除が大変かもしれません。

土の代わりにキッチンペーパーを代用すると、掃除が楽になるでしょう。


<霧吹き>

乾燥防止のため、毎日カタツムリに霧吹きをする必要があります。

2歳児クラスの子どもでも、霧吹き係ならよろこんで世話してくれそうですね。


<餌>

カタツムリは、キャベツやキュウリ、リンゴなど水分の多い野菜を好むようです。


また、カタツムリの殻を維持するためにカルシウムを摂取する必要があるので、餌といっしょに卵の殻を与えましょう。



カエル


カエルは天気がよすぎても、日陰ばかりでも弱ってしまいます。

涼しい時間帯には日が当たるようにし、暑いときには陰になるような場所を探しましょう。

用意するもの

  • 水と陸地(オタマジャクシも同様)
  • コケ(またはカエルがいた場所の草と土)
  • 枝(アマガエルの場合)

飼育のポイント

<水槽>

カエルは両生類なので、オタマジャクシも同様に水と陸地を用意しましょう。

可能ならコケを敷き詰めるか、カエルがいた場所の草と土を敷くとよさそうです。


<枝>

アマガエルを飼う場合は、枝などを用意して登れる場所を備えましょう。


<餌>

カエルは基本、生きた動く餌しか食べないそうです。

強いカエルが餌を全部食べてしまわないよう、1匹ずつに餌を与えるとよいかもしれません。


それぞれの生き物を実際に飼育するなかで、ほかに用意した方がよいものが出てくるかもしれません。気づいたものがあればその都度、徐々に揃えていきましょう。

保育園で飼育する際に気をつけること


かたつむり

BlueOrange Studio/shutterstock.com


保育園で生き物を飼育するときに注意することをまとめました。



飼うのが簡単な生き物を選ぶ


保育園で飼育をするときは、小型でおとなしい生き物を選ぶとよいかもしれません。


なお、亀も保育園で飼う生き物として人気のようですが、寿命が40年ほどと長いうえに大きく成長します。

亀の飼育を検討する際は、保育園で最後まで飼えるかどうか、慎重に考える必要があるでしょう。



身近に生息する生き物を飼育する


公園などで、カブトムシやクワガタ、カタツムリなどの昆虫を、子どもたちと見つけることがあるかもしれません。


自分たちで見つけた生き物であれば、より大切に飼育したいという気持ちを育むことにつながりそうです。



衛生面に気をつける


アマガエルには弱い毒があるなど、生き物によっては、衛生面に気をつける必要があります。

そのため、生き物を触った手で傷口や目を触らないように注意しましょう。


保育士さんは、生き物を触ったあとは必ず手を洗うよう子どもたちに伝えることが大切です。



外来生物に注意する


例えば、アメリカザリガニやは要注意外来生物であり、逃がしてはいけないことになっています。

他にも、ウシガエルは特定外来生物に指定されていて、飼うのも逃がすのも禁止されています。


そのため生物を飼育する際には、飼っても問題ない生き物なのか確かめる必要があるでしょう。

保育園で飼育する際の子どもへのかかわり方

子どもが楽しく生き物を飼育できるアイデアをまとめました。



図鑑や本を読み聞かせる


飼育する生き物にちなんだ本などを用意して、子どもに読み聞かせてみましょう。


5歳児クラスでは、育て方や特性などを調べる時間を設けてみれば、生き物に興味をもつきっかけにつながるかもしれませんね。



楽しく飼育する姿を示す


保育士さんが生き物をかわいいと受けとめ、楽しく飼育する姿を子どもに示しましょう。


保育士さんの姿を見れば、生き物に苦手意識のある子どもでも安心して触れることができるかもしれません。



子どもに無理のない仕事を任せる


生き物がすごしやすくなるためには何が必要か、子どもといっしょに考えてみましょう。

そのうえでカタツムリに霧吹きをするなど、子どもにとって簡単な役割を用意するとよいかもしれません。


カブトムシの越冬のためにみんなで落ち葉を集めるなど、子どもに仕事を任せると責任感をもって飼育できそうです。 

子どもは、生き物を育てながら命の大切さなどを学ぶことができるでしょう。



子どもと一緒に飼育をする 


保育士さんが率先して生き物の世話をするようにし、子どもといっしょに取り組むようにしましょう。


例えば餌の量の加減を誤ってしまうなど、子どもは飼育に不慣れなため、子どもに仕事を任せっぱなしにないよう気をつけることが大切です。



出典:学校における望ましい動物飼育のあり方/文部科学省

保育園で飼育しやすい生き物を知り、子どもの情操教育に役立てよう

今回は、保育園での飼育に適している生き物や飼育方法、気をつけることなどを説明しました。


亀などは保育園で飼育することが難しいようですが、メダカやカタツムリなど子どもでも飼育しやすい生き物を選べば取り組みやすいかもしれません。


生き物を世話することで役割意識を高めるなどのねらいを踏まえ、保育士さんが楽しく飼育する様子を見せましょう。そうすることで、子どもも生き物に親しめるかもしれません。

生き物の飼育を通して、子どもがさまざまな発見をしながら、思いやりの気持ちを育めるようになるとよいですね。



気になる保育求人を紹介



関連する記事

【幼児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

【幼児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

子どもたちの造形活動の成果を披露する一大イベント、作品展。今回、保育士バンク!公式インスタ...

【乳児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

【乳児編】作品展のアイデア、現役保育士さんに聞きました!実際にやったおすすめ製作

保育園の秋冬のビッグイベントの一つといえば、作品展!子どもたちの製作を展示する大切な場です...

保育園で宿鬼をしよう!遊び方やルール、より楽しむためのポイントなど

保育園で宿鬼をしよう!遊び方やルール、より楽しむためのポイントなど

鬼ごっこの一つ、宿鬼を保育に導入してみましょう。ルールを守りながら身体を動かす集団遊びを行...

保育園で活用できる11月のおたより文例。季節の書き出しや保護者へのお願いなど

保育園で活用できる11月のおたより文例。季節の書き出しや保護者へのお願いなど

冬の訪れを感じ始める11月。毎月のおたより作成に悩む保育士さんもいるでしょう。季節の挨拶や...

【年齢別】保育に導入できる劇遊びの題材10選!絵本や歌を活用したアイデア

【年齢別】保育に導入できる劇遊びの題材10選!絵本や歌を活用したアイデア

劇遊びに使える題材にはどのようなものがあるでしょうか。子どもに人気のある絵本のストーリーや...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!