保育士の転職に適した髪色は?面接で悪い印象を与えないヘアカラーとは

転職活動中の面接時や証明写真を用意する際に、髪色について悩む保育士さんもいるでしょう。特に明るい髪色をしている女性は、転職時は黒髪かダークブラウン程度まで暗くした方がよいのか、アッシュやグレージュのヘアカラーはダメなのかいろいろと疑問に感じることもあるでしょう。今回は、転職時に適した髪色について紹介します。


カラー見本

charnsitr/shutterstock.com

 

保育士さんの転職時の髪色事情

髪色はその人の外見の雰囲気に大きく影響します。

転職活動中の保育士さんにとって、見た目の印象を左右する髪色は重要なポイントといえるでしょう。

 

特に女性は普段からお洒落でヘアカラーをしている方も多く、転職活動の際に「そのままの髪色で大丈夫か」「染めなおす必要があるか」など悩む方も多いかもしれません。

 

その際はまず、保育園にとっての最優先事項が何かを考えてみましょう。

 

保育園が大切にしていることは、保護者の方が安心して子どもを預けられる場所を提供することです。

 

よって、就労する職員が保護者に安心感を与えられる人材であることは非常に重要な点でしょう。

 

そのため職員の採用時には、見た目に清潔感があり、落ち着いた印象があるかがチェックされるポイントの1つになります。

 

明るすぎる茶髪や派手さを感じる髪色は、保育園側が求めている「保護者が安心できる人材」としては見られず、不採用になる可能性も出てくるでしょう。

 

転職時の髪色は、「周囲の方が安心できる印象を与えられるかどうか」を基準に考えてみると、どのような色がよいか判断しやすいかもしれません。

 

それでは、次に髪色の明るさのトーンや相手に与える印象について見ていきましょう。

保育士の転職における髪色の基準

企業が従業員の髪色の規定を決める際に明るさのレベルを表した見本などを基準にすることがあります。


規格はさまざまありますが、髪色の明るさを4番から15番までの12段階に分けて記した規格を採用している事業所もあるようです。

 

一般的には下記のように判断されることが多くあります。

 

  • 4番から5番:黒髪
  • 6番から7番:染髪していることは分かるが目立たない範囲
  • 8番から9番:室内でも染髪していることがわかる
  • 10番から11番:明るい髪色。室内で染髪していることがはっきりわかる
  • 12番以降:とても明るい髪色

 

13番以降は金髪の範囲といえる色であり、最後の15番は複数回ブリーチをしてほとんど色が抜けている状態の髪色である場合が多いです。

 

一方、番号が一番若い4番は、場合によっては不自然な印象を与えてしまうほど、真っ黒な髪色を示すこともあるようです。地毛がかなり暗い場合でも5番くらいに該当するケースがほとんどでしょう。

 

7番程度までであれば、「派手」「過度な染髪」として判断されず、適色とされることが多いようです。

ただし職場によって最終判断は異なるため、目安として考えるとよいでしょう。

 

また、染髪から時間が経過し根本部分が伸びたプリン状態の髪色も、清潔感に欠ける印象を与えてしまう可能性が高く、色を整える必要があるかもしれません。

 

状況に応じて、美容師さんに転職の面接があることを伝えて色見の相談しながら、髪色を決めるとよいかもしれません。

転職時の髪色別の印象

ここでは、髪色別の印象を紹介します。自身の年齢にあわせた髪色を選ぶ際の参考にしてみましょう。

 

黒髪


黒髪

Roquillo Tebar/shutterstock.com

 

ナチュラルな黒髪は、誠実さや清潔感がある印象を与えやすいでしょう。

 

勤勉さや真面目さを感じさせることも多いため、就職の場面では好感度が上がりやすいかもしれません。ただし、不自然さを感じさせるほどの黒さは避けたほうが無難です。

 

20代で真っ黒にしてしまうと、明るい髪色を無理に黒染めしたような印象を与える可能性もありますし、30代であれば落ち着くというよりは、暗く地味な印象につながるケースもあります。

 

自然さが残る程度の黒髪であれば年代問わず悪い印象は与える可能性は低いため、美容室で相談してみてもよいでしょう。

 

ダークブラウン


ダークブラウン

Maaleenn/shutterstock.com

 

黒髪よりもやや柔らかい雰囲気が感じられることも多いでしょう。

 

ダークブラウンは新卒のようなイメージとは異なり、落ち着いた社会人としての印象を与えやすいようです。30代などある程度経験を積んだ年齢の保育士さんにとって、選びやすい髪色かもしれません。

 

アッシュ


アッシュ

SCphoto28/shutterstock.com

 

カラーバリエーションが多いアッシュは、本来「灰色」のカラーです。

 

日本人に多い赤みを消し、透明感が出やすいため洗練イメージを抱く方もいるのでしょう。

アッシュは明るさよって印象が大きく変わりやすいため、明るさのトーンに注意するとよいかもしれません。

 

グレージュ


暗めのグレージュ

Maaleenn/shutterstock.com

 

灰色とベージュを混ぜた色見であり、アッシュと同様に赤みをおさえることができるカラーです。

 

グレージュは日本人に多い赤みを出さないようにすることから、お洒落を楽しむ20代、30代の方が多く選ぶカラーの1つのようです。

 

カラー前のブリーチの有無や、カラー剤の配合によって仕上がりの明るさや色見に大きく変化がでやすいカラーであるといえるでしょう。室内であれば黒髪に近い印象を持たれることもあるため、トーンをおさえれば落ち着いた印象を与えることもできるかもしれません。

 

インナーカラー

 

ここ数年で流行が見られるカラーリングですが、就職の場面に適しているとは言い難いでしょう。

 

20代の方であれば、インナーカラーの部分だけ明るい色または赤や金髪といった目立つ色を入れているケースも多くあります。30代の方も、少し落ち着いた色やグレーなどでインナーカラーを入れていることもあり、お洒落を楽しむ要素が大きいヘアカラーです。

 

そのため子どもの保育を行う職場に適しているかについては、厳しい意見が多いかもしれません。

 

また、証明写真の撮影の際にもライトによって染髪箇所が目立つため、現状インナーカラーをしている場合には、染めなおすとよさそうです。

 

ここまでそれぞれの髪色が与える印象についてみてきました。

 

転職という場面に関わらず、20代、30代と年代別に似合う髪色が異なることも多くあります。これは、誰でも年齢によって見た目が変化するからです。

 

特に女性は身だしなみに気を配り、相手によくない印象を与えないように配慮することもあるでしょう。

 

同じ髪色でも、「落ち着いて見えるのか」「ただ暗く見えるのか」では大きな差があります。

転職時の髪色においても、年齢を考慮して判断すると、採用担当者によい印象を与えることができるかもしれません。

転職時の髪色はスプレー染めでも大丈夫?

完全に染めるのではなく、証明写真の際や面接の時だけスプレーなどで一時的に染めたいと思う方もいるでしょう。

 

「髪へのダメージなどを避けたい」「インナーカラーの部分だけをカバーしたい」など、自身の状態にあわせてスプレーを使用することは悪いことではありません。

 

ただし、スプレーでのカラーリングはムラになりやすかったり、自然な色見に整えることが難しかったりすることがあります。

 

またプリン状態の髪色であれば、地毛の黒髪の部分にあわせて色抜けした箇所を染める必要があります。

 

セルフカラーは均一に染めることが難しい場合も多く、インナーカラーの色見やプリンなど髪の状態よっては不自然仕上がりになる可能性もあるため、使用時には注意するとよいでしょう。

 

また、採用になれば一時的なスプレーでは対応できないため、転職の段階から髪色を整えておくとよいかもしれません。

転職時の髪色は、安心して仕事を任せられるかの判断につながる 

今回は、保育士さんの転職時の髪色について紹介しました。

 

保育士さんは、保護者の方から大切な子どもを預かり、日々の保育を通して子どもにいろいろなことを教えたり伝えたりしながら、共に成長していく仕事です。

 

転職にあたっても、登園する子どもや保護者の方に安心感を与えられるよう、見た目に配慮する意識を持つことが大切になります。

 

周囲が抱く印象に気を配り、転職時の髪色を判断していきましょう。

 

転職者向けの保育求人を紹介

 

関連する記事

保育士さんが転職に失敗する理由とは。失敗談の例や成功するために気をつけるポイント

保育士さんが転職に失敗する理由とは。失敗談の例や成功するために気をつけるポイント

転職活動中の保育士さんの中には、自身の希望に合う保育園探しに苦労している方もいるしょう。給...

保育士さんの転職。なぜ面接に落ちたのか、不採用の理由と今後の対策アイデア

保育士さんの転職。なぜ面接に落ちたのか、不採用の理由と今後の対策アイデア

転職を目指して面接を受けてもなかなか合格にならず、悩んでいる保育士さんもいるでしょう。不採...

【2021年最新版】保育士の職務経歴書の書き方ガイド。転職に役立つ職務内容や自己PRの例文

【2021年最新版】保育士の職務経歴書の書き方ガイド。転職に役立つ職務内容や自己PRの例文

転職活動の際に求められる職務経歴書は、保育士としてのキャリアや自己PRを盛り込んで自身をア...

【2021年最新版】保育士の面接対策!よく聞かれることや質問への回答例文

【2021年最新版】保育士の面接対策!よく聞かれることや質問への回答例文

保育士さんが転職活動をするうえで重要な面接。自身の人柄を上手にアピールするためには、自己紹...

保育士さんの退職の引き止め。断り方のポイントと例文を紹介

保育士さんの退職の引き止め。断り方のポイントと例文を紹介

転職を考えている保育士さんの中には、退職を引き止められた際の断り方に悩む方もいるかもしれま...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!