保育士お悩み相談 第01回「先輩の保育に疑問を感じる」

保育のあるある ゆるりホッと相談室タイトル

保育士さんのお悩みにお答えします



はじめまして!『保育のあるある!ゆるりホッと相談室』を担当させて頂くことになりました内田淑佳(うちだよしか)と申します。
もともと私も保育士で、5年前まで、兵庫県の認可保育園で13年間ほど園長を務めていました。

保護者の方や職員の悩みに対応する中で、「心の健康」の重要性を改めて感じ、
本格的に心理を学び、現在は一般社団法人を立ち上げ、カウンセラーとしての視点も交えながら、
子育て支援や保育の研修をサポートしています。

いつか、みなさんにもお会いできる日が来るかもしれませんね。


保育のあるある!ゆるりホっと相談室

保育と心の関係



さて、私は心理学、そして「心の本質」、心と身体の関係などを学んでいくうちに、乳幼児期に「心を育む」ことの重要性を再認識しました。
人生の基礎を育むこの時期だからこそ「健康な心」に必要なものを、しっかり入れたいと思っています。
ん?どこに「入れる」のって?.........それはね、「無意識」です。

私たちは9割「無意識」で生きているって知っていましたか?
そんな「心」についてのお話も盛り込みながら、保育にとって大切なことをお伝えしていきますね。
『相談室』ということで、現場の先生方が楽しく保育するための一助となるよう、いろいろな悩みにお答えしていきます。


「先輩の保育に疑問を感じる...」



例えば、『先輩の保育に疑問を感じる...』など、現場の先生にはよくある悩みです。
給食の食べさせ方、子どもをどこまで手伝うのか、声かけ、ケンカの仲裁、行事での取り組み方...などなど。
「私はこう思うのに」「本当にこの保育でいいのかな?」ぶっちゃけて言うと「子どもが可愛そう...」そんなことを、よく相談されます。
私はこう答えます。「先輩の思い、考えは?聞いてみた?」
多くの場合、聞けていないのです。

人にはそれぞれ、思いがあり、価値観があり、自分の思いや価値観と、他人のそれとは違って当たり前なのです。
目玉焼きに何をかけて食べますか?しょうゆ、ソース、ケチャップ、マヨネース?
それぞれ、自分の好みがあり、自分のお気に入りが「一番おいしい!」と思っています。それは「自分の中での一番」であり、他人のそれとは違うものなのです。


いろんな価値観の保育者がいて「当たり前」



保育に対する価値観もそうです。
保育園には、さまざまな子どもがいるように、考え方やものの見方が違う先生がいても「当たり前」です。
ただ、目玉焼きは自分の好きなように食べたら良いですが、保育の場合、一番大切なのは「子ども」です。
先生が自分の価値観を主張するのではなく、子どもの育ちにとってどんな環境がより良いのか、考えることが重要です。

私はこう考えます。いろいろな思い、価値観を持つ先生がいるのだから、みんなで考えを出し合って、子どもにとって何が必要で、何がより良いか。
切磋琢磨していくほうが、良くないですか?

保育の現場には、沢山の人のアイディアが出るほうが、良いと思うのです。

自分の考え方にとらわれすぎないことは、相手を否定しないことでもあります。また、相手を否定しないことは、相手から否定されないことにつながります。
誰かの保育を否定的に見た時、その相手からあなたが否定されても仕方がないのです。
否定から入らず、「なぜ、あんなことをするのだろう?なぜ、そんなことを言うのだろう?」と考え、相手の思いに気付くことから始めてみましょう。

大事なのは、「価値観を合わせる」ことではなく、みんなが「子どもにとって何が大切か」を考えることなのです。
つまり「この保育、間違っていませんか?」と否定することではなく、「子どもにとって何が大切なんでしょう?」と質問していくことです。



先日、研修おわりに相談にきた先生が、先輩について悩んでいました。
そして、私は、この「否定しない」話をしました。その後、その先生からメールを頂きました。



「先日は、ありがとうございました。あれからいろいろ考えてみました。先輩には先輩の思いがある、確かにそうですね。
そして内田先生に言われた「自分の思いは?」というところで、やはり子どもに寄りそう保育がしたいです。
だからそうします。私自身が楽しい気持ちでいること、これが一番大事!本当にそうですよね。
だから私は楽しく保育できるようにします。ありがとうございました」


先生自身が楽しい保育を!



保育にとって一番大切なのは「子ども」です。
でも先生が楽しく働いていなくて、子どもが楽しいハズはないのです。
子どもたちが楽しい毎日をおくれるよう、先生自身が楽しく保育をしてください。
先生の笑顔が、子どもたちにとって何よりの安心です。
これからこの相談室で、具体的な例をあげながら、楽しく保育をする方法をお伝えしていきますね!!お楽しみに!!

※この連載では、現役の保育士の皆さんからのお悩みを募集しています。
こちら(info@hoikushibank.jp)まで、保育士お悩み相談と明記の上、お送りください。


プロフィール



内田淑佳(うちだよしか)
一般社団法人そだち 代表理事。心理カウンセラ―。
保育士、認可保育園の園長などを経て、一般社団法人を立ち上げ、子育て支援、保育運営サポート、研修講師を数多く務める。
カウンセラーとしてメンタルサポートの仕事に取り組みつつ、現役の保育士、保育教諭から主任・園長などの管理職、資格取得を目指して勉強中の人、潜在保育士などに向けて、保育の仕事の素晴らしさや、保育をする上で大切なことを伝え続けている。
ウェブサイト https://www.sodachi.net/

関連する記事

保育士お悩み相談 第16回「保護者に『子どもにこうしてあげて欲しい』と伝えるには?」

保育士お悩み相談 第16回「保護者に『子どもにこうしてあげて欲しい』と伝えるには?」

Q.保護者に「もっと子どもに、こうしてあげて欲しい」と伝えるには? 子どもに対する言葉...

保育士お悩み相談 第15回「行事に凝りすぎてしまう同僚をどう説得する?」

保育士お悩み相談 第15回「行事に凝りすぎてしまう同僚をどう説得する?」

Q.行事に凝りすぎてしまう同僚をどう説得する? 1歳児の副担任です。組んでいる同僚が凝り...

保育士お悩み相談 第14回「研修で学んだことを自分の園で広げるには」

保育士お悩み相談 第14回「研修で学んだことを自分の園で広げるには」

Q.研修で学んだことを自分の園で広げるには? 外部のさまざまな研修に出かけて、知見を...

保育士お悩み相談 第13回「ピアノへの苦手意識がなくなりません」

保育士お悩み相談 第13回「ピアノへの苦手意識がなくなりません」

Q.ピアノへの苦手意識がなかなかなくなりません。 ピアノで、生の音で歌を教えたり、歌っ...

保育士お悩み相談 第12回「行事の司会で毎回緊張してしまう」

保育士お悩み相談 第12回「行事の司会で毎回緊張してしまう」

Q.「園全体の行事の司会が何度やっても緊張してしまいます...」 誕生会、クリスマス会...

保育士お悩み相談 第11回「初めての学年主任、後輩指導に困っています」

保育士お悩み相談 第11回「初めての学年主任、後輩指導に困っています」

Q.「初めての学年主任になりましたが、後輩指導が上手くいきません。」 後輩に言わないと...

保育士お悩み相談 第10回「書類仕事が多く、保育内容にまで手が回らない!」

保育士お悩み相談 第10回「書類仕事が多く、保育内容にまで手が回らない!」

Q.「書類仕事が多く、保育内容にまで手が回りません!」 日案、週案、月案、誕生会やクラ...

保育士お悩み相談 第09回「保育の引き出しをひろげるためには?」

保育士お悩み相談 第09回「保育の引き出しをひろげるためには?」

Q.「.保育の引き出しをひろげるためにはどうしたらよいか?」 いつも保育がワンパターン...

保育士お悩み相談 第08回「いつも笑顔で、がしんどい......」

保育士お悩み相談 第08回「いつも笑顔で、がしんどい......」

Q.「いつも笑顔でいるのがしんどい......」 保育士は子どものためにいつも笑顔でいる...

保育士お悩み相談 第07回「保育以外の一般社会を経験しておくべき?」

保育士お悩み相談 第07回「保育以外の一般社会を経験しておくべき?」

Q.保育以外の一般社会も経験しておくべきでしょうか? 「今の保育・仕事環境には満足してい...

保育士お悩み相談 第06回「給与やキャリア...主任を目指すべき?」

保育士お悩み相談 第06回「給与やキャリア...主任を目指すべき?」

Q.そろそろキャリアも中堅。主任を目指すべきでしょうか? 保育歴も10年を超えてくると、...

保育士お悩み相談 第04回「新人に怒ってばっかり...」

保育士お悩み相談 第04回「新人に怒ってばっかり...」

Q.「新人の指導係を任されたのですが、何をやってもダメで、毎日怒ってばかり。どのように...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す