異年齢児保育とは?ねらいや意味、メリット・デメリットをわかりやすく解説!

異年齢児保育とは、縦割り保育とも呼ばれ、年齢の異なる子どもを同じクラスで保育することです。先生のなかには、導入するメリット・デメリット、必要な配慮などを知りたい方もいるかもしれません。今回は、異年齢児保育の意味やねらいを紹介します。あわせて、年齢の異なる子どもが楽しめる遊びのアイデアもまとめました。


兄弟の子ども

MIA Studio/shutterstock.com


異年齢児保育とは

一般的に多くの保育園では、年齢ごとにクラス分けを行う「年齢別保育」や「横割り保育」が採用されているようです。


これに対して、年齢の異なる子どもたちを同じクラスで保育することを「異年齢児保育」または「縦割り保育」と言います。では、異年齢児保育とはどのようなものなのか、くわしく見ていきましょう。



異年齢保育が実施されている背景


異年齢児保育が行われるようになった背景には、少子化によって兄弟がいる子どもが少なくなり、年齢を超えた子ども同士のかかわりが減少したことが関係していると言われています。


そのため、異年齢児保育をして年齢の異なる子どもと交流できる機会を作ることによって、子どもが自分とは異なる存在を受け入れ、共に成長することが期待されているようです。



導入のしかたは園によってさまざま


園によって異年齢児保育を取り入れる方法はさまざまです。


例えば、年齢に関係なくクラスを決めて縦割り保育をしている園や、クラスを設けずに園全体で保育する園、乳児と幼児の2クラスに分ける園などがあります。


また、1週間のうち数日のみ行ったり、給食やおやつの時間だけと決めて取り入れたりする場合もあるようです。ほかにも、延長保育の時間帯や夏休みなど、子どもの人数が少ない場合に限って縦割り保育をしたりする園もあるでしょう。


では、異年齢児保育を行うねらいについて見ていきましょう。


出典:別紙 就学前の教育・保育を一体として捉えた一貫した総合施設について(審議のまとめ)/文部科学省

異年齢児保育を行うねらい

異年齢児保育を保育園や幼稚園で取り入れるのには、どのような意味があるのでしょうか。主に2つのねらいをまとめました。



年齢が異なる子とのかかわり方を学ぶ


異年齢児保育のねらいの一つとして、年齢が異なる友だちのとかかわり方を学ぶことが挙げられるでしょう。


年齢が異なる友だちといっしょに活動して交流することで、年上の子どもであれば年下の子のお手本になろうと意識したり、年下の子どもであれば年上の子を見習おうとしたりするような姿が見られるかもしれません。


年齢が異なる子との集団遊びを通して、子どもたちはお互いにかかわり方を学び、刺激を受けながらいっしょに成長してくことが期待できるでしょう。



社会性や協調性を身につける


二つ目のねらいとして、年齢の異なる友だちとの交流を通して、子どもが社会性や協調性を身につけることが挙げられるでしょう。


いっしょに遊んでいるときに、子どもたちは自分の意思を相手に伝えたり、反対に相手の思いを汲み取ろうとしたりすることがあるかもしれません。


また、年上の子どもが年下の子どもを助けるなど、思いやりの気持ちをもって接することにもつながりそうですね。


このような異年齢児保育の意味やねらいを押さえて、日々の保育はもちろん、転職活動の園選びにも役立てていきましょう。

異年齢児保育のメリット・デメリット

いっしょに遊ぶ子ども

ucchie79/shutterstock.com


では、保育園や幼稚園で異年齢児保育を取り入れるメリットとデメリットを紹介します。



メリット


相手を思いやる気持ちが育まれる

異年齢児保育のメリットとして、相手を思いやる気持ちが育まれることが挙げられそうです。


年齢の異なる子と遊ぶ際、例えばはさみを上手く使えなかったり、折り紙をきれいに折ることができなかったりと、できるできないの差が生まれることもあるでしょう。


そんなときに、上手くできない子に教えたり優しく接したりするようになることで、子どもが思いやりの心を持つことにつながりそうです。

興味や関心の幅が広がる

子どもの興味や関心の幅が広がったり挑戦心を育んだりすることもメリットと言えるでしょう。


年下の子は、年上の子を見て遊び方やルールを覚えたり、新しい遊びに興味を示したりするようになるかもしれません。また、年上の子どもが身近なお手本となることで、行動を真似たり見習おうとしたりする子どももいるでしょう。


年齢の異なる子どもが同じ空間で過ごすことで、年下の子が年上の子を見て「自分もやってみる」と積極的にチャレンジするようになるかもしれませんね。

友だちの幅や居場所が広がる

いっしょに遊ぶ友だちの輪や、園内での居場所が広がるというメリットも挙げられるでしょう。


年齢別保育では、どうしても同年齢の友だちが多くなるうえに、遊び場も固定されがちかもしれません。


それに対し、縦割り保育では年齢が異なる友だちと交流することができます。

また、さまざまな友だちや遊びにかかわれる環境があるため、子どもの居場所を広げることにもつながるでしょう。



デメリット


発達に合わない遊びでは子どもが飽きてしまう

異年齢児保育のデメリットとして、年齢に合わない遊びでは子どもが楽しめないことが挙げられます。


年齢によって発達の程度に差があるため、年下の子に合わせると年上の子が物足りなく感じてしまったり、年上の子に合わせると年下の子が遊びに参加できなくなったりする状況が発生するかもしれません。


そのため、先生は子どもたち全員が楽しめるような活動内容や環境構成を設定する必要があるでしょう。

力関係が発生してしまうことも

異年齢児保育のデメリットとして、遊びのなかで年齢による力の差が発生してしまうことが挙げられるでしょう。


たとえば年上の子がおもちゃを取ってしまったり、仲間外れにしてしまったりすることもあるかもしれません。年下の子がそれによってストレスを感じ、遊びを楽しめなくなることも考えられます。


こういったことを防ぐため、先生は子どもたちをしっかりと観察し、年齢の異なる子ども同士でトラブルが起こっている場合は声をかけるなど、状況を見ながら援助することが大切でしょう。

異年齢児保育をするときの配慮やポイント

おんぶする女の子

MIA Studio/shutterstock.com


異年齢児保育をするうえで、先生が配慮するべきポイントを紹介します。



子どもをしっかりと見守る


異年齢児保育をするときは、先生が子どもたちをしっかりと見守りましょう。


例えば年上の子が面倒を見ようと乳児さんを抱っこして、転んでしまうといったこともあるかもしれません。その際、子どもに「抱っこはしないでね」と伝えると、主体性を損なってしまうおそれがあります。


先生は、子どもの「やりたい」という自主性を尊重しながらも、安全を確保したうえで細心の注意を払って援助することが重要と言えるでしょう。



年齢に合ったおもちゃや遊びを取り入れる


年齢の異なる子どもがいっしょに遊ぶ場合は、年齢に合った遊びやおもちゃを用意するようにしましょう。


遊びのレベルをどちらかに合わせると全員が楽しめなくなる恐れがあるため、ゲームでは年齢ごとにルールを工夫するとよいかもしれません。


また、時にはクラスの中を区切っておもちゃを配置するなど、環境構成も配慮しながら全員が楽しめる遊びを取り入れるとよいですね。



力の差が出たら先生がフォローする


もし、年上の子が年下の子に意地悪をしたりおもちゃを取り上げたりしたら、先生がフォローに入りましょう。その際、どうしたらみんなで楽しく遊べるのか考えられるような声かけをするのがポイントです。


また、年齢の異なる友だちとのコミュニケーションの取り方が分からずに困っている場合もあるかもしれません。先生は、どのように話しかけたらよいのか伝えるなど、子どもが自ら仲よく遊べるようかかわり方を提案するとよいですね。



ふれあい遊びを取り入れる


0歳児から5歳児までの子どもたちで縦割り保育をする場合、ゲーム遊びや運動遊びなどを取り入れるのが難しいこともあるかもしれません。


そのような場合は、活動のなかに子ども同士がスキンシップを取れるようなふれあい遊びの要素を加えてみるとよいでしょう。


手をつなぐ・抱きしめるなど、乳児さんとふれ合える機会を作れば、幼児クラスの子どもに「自分はお兄さんやお姉さんなんだ」という意識が芽生えるきっかけになるかもしれませんね。

【ゲーム】異年齢児保育で楽しめる遊び

手をつなぐ兄弟

Ustyle/shutterstock.com


では、保育園や幼稚園で行う異年齢保育で楽しめるゲームのアイデアを紹介します。



ロンドン橋落ちた(目安の年齢:1歳児~)


みんなで歌を歌いながら遊ぶ、室内遊びでは定番の「ロンドン橋落ちた」を楽しんでみましょう。

遊び方

1.子どものなかからオニを2人決め、オニは頭の上で手をつないで橋を作ります。

2.子どもたちは円になって歌いながらその下をぐるぐると回ります。

3.歌が終わったタイミングでオニが手を下げ、下をくぐっている子どもを捕まえます。

4.オニに捕まった子どもが新しいオニとなって橋を作ります。

ポイント

乳児から幼児までの縦割り保育で行うときは、年長クラスの子どもがオニを順番に担当し、乳児クラスの子どもたちは下をくぐるようにしましょう。


橋を下ろすときは、ふれあい遊びのイメージでスキンシップを取るようにすると、年齢が低い子どももいっしょに楽しめそうですね。



しっぽ取りゲーム(目安の年齢:2歳児~)


しっぽ取りゲームは室内遊びでも外遊びでも楽しめる定番の集団遊びですよね。このゲームを、年齢が異なる2人組のペアでやってみましょう。

遊び方

1.年齢の異なる子ども同士でペアを作ります。

2.年下の子のズボンに、しっぽとしてハチマキや紙テープなどを垂らします。

3.先生は走り回れる枠を決め、子どもはしっぽを取られないように逃げながら、他の子のしっぽを取りに行きます。

4.しっぽを取られたら枠の外に出て、ゲーム終了時に最も多くしっぽを持っていたペアが勝ちです。

ポイント

ペアで取り組むことで、年上の子は年下の子がしっぽを取られないように守ったり、他の子のしっぽを取りに行こうと頑張ったりと、力を合わせて取り組む姿が見られるかもしれません。


ゲームを通して相手を気遣ったり協力したりする姿勢が身につきそうですね。



手をつないで鬼ごっこ(目安の年齢:2歳児~)


集団遊びではおなじみの鬼ごっこをアレンジして、子ども同士で手をつなぎながら行ってみましょう。

遊び方

1.年齢の異なる子ども同士でペアを作ります。

2.オニとなるペアを1組決めます。

3.子どもはペアの子と手をつなぎ、スタートの合図で鬼ごっこを行います。

ポイント

この鬼ごっこは、手を離してはいけないことがポイントです。


たいていの場合、年上の子は年下の子よりも一歩が大きく、走るのも早いでしょう。


しかし、ゲーム中は手を離してはいけないため、年上の子は年下の子のペースに合わせて走る必要があります。遊びを通して、子どもが友だちへの思いやりの心を育むきっかけになるとよいですね。



アレンジを加えた椅子取りゲーム(目安の年齢:3歳児~)


本来の椅子取りゲームは、音楽に合わせて動き、最後に残っている椅子に座れたら勝ちというゲームです。


しかし、異年齢で行う場合、勝ち残りの要素があると全員が楽しめなくなってしまったり、力の差が出てしまったりするかもしれません。


そこで、年長クラスの子どもが椅子となる、アレンジを加えた椅子取りゲームをしてみましょう。

遊び方

1.年長クラスの子どもが輪になって座ります。

2.乳児クラスの子どもは音楽に合わせて歩き、音楽が止まったら年長クラスの子どもたちのもとへ走ります。

3.年長クラスの子は自分のもとに来た子どもと手をつないだり、抱っこをしたりしてスキンシップを取ります。

ポイント

この椅子取りゲームでは、勝ち残ることではなく子ども同士がふれ合えることを大切にしましょう。ルールがシンプルなうえに全員が参加できるので、飽きることなく楽しめそうですね。



ハンカチ落とし(目安の年齢:3歳児~)


ハンカチ落としは室内で盛り上がる定番の集団遊びでしょう。異年齢児保育に取り入れるときは、以下の遊び方で楽しんでみてくださいね。

遊び方

1.年齢の異なる子ども同士でペアを作ります。

2.子どもたちは内側を向いて輪になって座り、手を後ろに出しておきます。

3.オニをやるペアを決め、オニは手の上にそっとハンカチを落として走ります。

4.ハンカチを落とされたペアは、手をつないでオニを追いかけます。

5.捕まえることができなかったら次のオニになり、捕まえることができたらもう一度同じペアがオニを行います。

ポイント

追いかけたり逃げたりするときは、年上の子が手を引っ張ったり焦らせたりせずに、年下の子のペースに合わせるなど、配慮することが大切です。


先生はゲームを始める前に、ペアの子の手を無理に引かないようにすることを約束事として伝えましょう。



じゃんけん列車(目安の年齢:3歳児~)


室内遊びとしてなじみのあるじゃんけん列車を取り入れてみましょう。

遊び方

1.先生が音楽を流し、曲が止まったら子ども同士でじゃんけんをします。

2.じゃんけんに負けた子どもは、勝った子どもの後ろにつき、肩に手を置いて列車を作ります。

3.(1)と(2)を繰り返し、最後に先頭に立っている子どもが勝ちです。

ポイント

じゃんけんを使うゲームは、道具を使わずに遊べるうえに比較的力関係も発生しにくいため、異年齢児保育の際に取り入れやすい遊びといえるでしょう。


このゲームはじゃんけんのルールを理解していないと楽しめないかもしれないため、ルールのある遊びを楽しめるようになる3歳児から5歳児の幼児クラスで行うとよいかもしれませんね。

【製作】異年齢児保育で楽しめる遊び

ここでは、子どもたちが協力して一つの作品作りに取り組める壁画製作と、ごっこ遊びやゲーム遊びに発展させられるおもちゃの製作アイデアを紹介します。



壁画製作


まずは、壁画製作に活用できるアイデアをまとめました。

手形スタンプでさくらのお絵かき(目安:0歳児~)


<用意するもの>

  • 画用紙
  • 絵の具セット
  • ペットボトル

<ポイント>

0歳児や1歳児など乳児クラスの子どもたちに手形を押してもらい、幼児クラスの子どもたちがスタンプを行いましょう。模造紙のような大きな紙を使って、たくさん桜を咲かせてもよいですね。(詳しい作り方はこちら

花火(目安:1歳児~)


<用意するもの>

  • 画用紙
  • 鉛筆
  • はさみ
  • のり

<ポイント>

花火のパーツを作る作業は少し細かいため、幼児クラスの子どもが行いましょう。


1歳児や2歳児クラスの子どもは、パーツを貼りつけたりシールで装飾したりする作業を担当するとよいですね。


花火をモチーフにした夏らしい壁画製作なので、夏休みに行う縦割り保育の際にチャレンジしてみるのもよいかもしれません。(詳しい作り方はこちら

大きなかき氷(目安:1歳児~)


<用意するもの>

  • 画用紙
  • PEテープ
  • のり
  • はさみ

<ポイント>

動画よりも大きな画用紙で土台を作っておき、3人~4人程度のグループで一つのかき氷づくりに挑戦してみましょう。


PEテープは柔らかいので、1歳児クラスの子どもでも裂くことができるかもしれません。


3歳児や4歳児の子どもがのりをつけ、1歳児や2歳児の子どもがPEテープを貼りつける、など役割を作って取り組んでみるのもよいですね。(詳しい作り方はこちら

壁面ぶどう(目安:2歳児~)


<用意するもの>

  • 折り紙
  • 画用紙
  • のり
  • はさみ
  • 色えんぴつなど

<ポイント>

短冊形の折り紙は、あらかじめ先生が用意しておくとよいかもしれません。


2歳児頃になるとのりを使えるようになる子どももいるため、でんぷんのりを用いてぶどうの粒を作る工程にチャレンジしてみましょう。


子どもたちで一つの大きな房を作れば、達成感を味わえるとともに協調性も育まれそうですね。秋の壁画製作に活用してみましょう。(詳しい作り方はこちら

モザイクアート(目安:3歳児~)


<用意するもの>

  • 卵の殻 3個分程度
  • アクリル絵の具
  • 画用紙 1枚
  • ダンボール
  • 鉛筆
  • 接着剤

<ポイント>

卵の殻に色を塗る作業は、年齢によっては難易度が高いかもしれません。


そのため、子どもの年齢に応じて先生が用意しておいたり、年長クラスの子どもが担当したりしましょう。


また、動画のように殻を小さく割ると接着剤を塗る作業も難しくなってしまうため、先生は少し大きめに割った殻を見本として見せておくとよいですね。(詳しい作り方はこちら



おもちゃ製作


作ったあとにおもちゃとしていっしょに遊べるアイデアを紹介します。

輪投げ(作れる年齢の目安:2歳児~)


<用意するもの>

  • 紙皿 1枚
  • 紙コップ 1個
  • 段ボール(画用紙を貼っておく) 1枚
  • コンパス
  • はさみ
  • テープ

<ポイント>

コンパスやはさみで紙皿をくりぬく工程は、あらかじめ先生が対応しましょう。


紙コップに切り込みを入れる工程は4歳児や5歳児の幼児クラスの子どもが行うようにし、動物の顔をかく工程と分担すると、はさみを使えない子どもでも楽しむことができそうです。


クマやうさぎなどさまざまな動物にアレンジできるため、何の動物を作るのか子どもたちで相談して決めてもよいですね。(詳しい作り方はこちら

トイレットペーパーロールチャレンジ(作れる年齢の目安:3歳児~)


<用意するもの>

  • ダンボール
  • トイレットペーパーの芯 数本
  • 画用紙や折り紙
  • ボール
  • ペン
  • はさみ
  • のり

<ポイント>

トイレットペーパーの芯は事前に先生が切っておきます。


同じものを10個作るので、子どもたちが作業を分担して協力しながら取り組む姿が見られるでしょう。


年齢が低い子どもの場合、上手くできない工程があるかもしれません。先生は年上の子どもたちに困ってる子がいたら手伝うよう声をかけるとよいですね。(詳しい作り方はこちら

的当てゲーム(作れる年齢の目安:3歳児~)


<用意するもの>

  • トイレットペーパーの芯
  • 色画用紙
  • 輪ゴム
  • テープ
  • はさみ

<ポイント>

子どもたちで分担してたくさん的を作ってみましょう。画用紙に絵をかいたりシールを貼ったりして、自由に飾りつけを楽しんでくださいね。


作り終わった後は、的当てゲームをして遊んでみましょう。うまく的に当たらない子がいたら、年上の子が鉄砲をいっしょに持ってゲームを楽しむとよいかもしれません。先生は、友だちと協力して遊ぶよう子どもたちに声かけをするとよいですね。(詳しい作り方はこちら

トイレットペーパーロード(作れる年齢の目安:4歳児~)


<用意するもの>

  • トイレットペーパーの芯 数個
  • 画用紙 2枚
  • ビー玉
  • 紙コップ
  • はさみ
  • ペン

<ポイント>

トイレットペーパーの芯をランダムに切り、壁に貼った画用紙に貼りつけてビー玉を転がして遊ぶゲームです。


先生はトイレットペーパーの芯を切ったものを用意しておきましょう。


画用紙に貼る場所や貼る順番など、どのようにコースを作ればいいのか相談しながら製作を進めるため、子どもたちの仲が深まりそうですね。(詳しい作り方はこちら

【運動】異年齢児保育で楽しめる遊び

保育園の異年齢保育で楽しめる運動遊びのアイデアを紹介します。



マット運動


マット運動は、乳児も幼児も楽しめる室内遊びの定番でしょう。


異年齢保育で取り入れるときは、子どもの年齢に合わせたコースを作り、リレーをしてみると面白いかもしれません。

乳児向けコース

0歳児や1歳児の場合、マットの下にやわらかいブロックや巻いたマットを敷いて緩やかな坂を作り、その上をハイハイして進んでもらうコースを作ります。


また、2歳児向けのコースでは、平らなマットの上に寝転がり、端から端までゴロゴロと転がってもらうとよいですね。

幼児向けコース

3歳児クラスでは、手足を広げずに寝転がってゴロゴロと転がるコースに挑戦してみましょう。


4歳児や5歳児の場合は、うさぎ跳びでジャンプしながら進んだり、背中に軽い荷物を乗せて落とさないようにハイハイしながら進んだりと、少し難易度を上げたコースを設定してゴールを目指してもらいます。


マット運動の際は先生が子どもの横につき、マットから落ちたり子ども同士がぶつかったりしないように見守るなど、安全に配慮しながら行うことが大切です。



新聞紙遊び



室内で異年齢児保育を行う際に、新聞紙を使った集団遊びを取り入れてみましょう。

ここでは、動画で紹介している遊びのなかから2つをピックアップして紹介します。

新聞紙リレー

新聞紙リレーでは、新聞紙を落とさないように走るのが少し難しいかもしれないため、2歳児以上の子どもたちと楽しんでみましょう。


年齢を混ぜて縦割りのチームを作るほか、年齢ごとに分けたチーム編成にするのも面白いかもしれません。その場合は、4歳児や5歳児のチームは1人ずつコースを1周半走るなど、ハンデをつけると楽しめそうですね。

新聞紙でボール運び

ボール運びは友だちと息を合わせて協力する必要があるため、子どもたちの協調性を育むことができそうです。2人1組で行うため、年上の子が年下の子を急かさないように、先生はあらかじめ声をかけておきましょう。


2人1組のペアで競うほか、いくつかのチームを作ってリレー形式にしてみても楽しそうです。年上の子どものチームはボールを2個運ぶなど、年齢に応じて難易度を変えるのも面白いかもしれませんね。



縄跳び遊び


室内でも屋外でも楽しめる、縄跳びを使った遊びを紹介します。

ロープくぐり

年上の子ども2人が縄跳びを持ち、年下の子は身体が触れないように縄跳びの下をくぐって遊びます。


高さを変えて難易度を調節したり、上をまたいでもらう遊び方にアレンジしたりしてみても面白いかもしれません。


年下の子が縄跳びを持つ場合は、年上の子にジャンプで跳び超えるのに挑戦してもらうなど、年齢にあわせてルールを変えると全員で楽しめそうですね。

にょろにょろヘビ

にょろにょろとした動きのヘビを再現した縄跳び遊びをしてみましょう。


縄跳びを左右に揺らして波を作り、子どもたちは縄を踏まないように跳び越えます。

乳児向け縄跳び

最初は年上の子が縄を持つ役と跳ぶ役に分かれて、年下の子に遊び方を教えるとよいかもしれません。年齢の低い子が飛ぶときはゆっくりと縄を動かして、飛びやすいようにすることが大切です。

幼児向け縄跳び

年齢が高い子が跳ぶときは、縄を早く動かして波を小さくしてみましょう。子どもたちが慣れてきたら、ヘビを踏むというルールにアレンジして挑戦するのも面白いかもしれません。


縄を動かす速さや波の大きさを調節すれば難易度を変化させられるので、遊び方を工夫すれば異年齢でも楽しめそうですね。



ボール送りリレー


異年齢の子どもたちが協力して取り組めるボール送りリレーを紹介します。

遊び方

1.何人かのチームを作り、子どもたちが縦に1列に並んで前から後ろへとボールを送っていきます。(往路は頭の上からボールを送ります。)

2.一番後ろまでボールがいったら、前に戻していきます。(復路は開いた足の間からボールを送ります)

3.最も早く、先頭の子どもの元へボールが戻ってきたチームが勝ちです。

ポイント 

列に並ぶ際、子どもたちの年齢をばらばらにしてあえて身長差を作ると面白いでしょう。


前後にいる子が自分とは異なる年齢の場合、その子に合わせてボールを送る必要があるため、相手を思いやる気持ちが育まれるかもしれません。


ボールを落としてしまう子や上手く渡せない子がいても、責めたり焦らせたりしないよう、先生が適宜声をかけて配慮することが大切です。

異年齢児保育の意味やメリット・デメリットを知り、保育に役立てよう

今回は、異年齢児保育とは何か、ねらいやメリット・デメリットなどを紹介しました。


異年齢児保育には、子どもが年齢の違う子とのかかわり方を知るというねらいがあり、思いやりの気持ちが育まれるなどのメリットがあるようです。


ただし、年齢に合わない遊びを行うと飽きてしまう子どもが出てくる可能性があるため、全員が楽しめるようなアイデアを取り入れたり環境構成に配慮したりする必要があるでしょう。


異年齢児保育の意味や援助のポイントなどを押さえて、子どもたちが楽しめる遊びを工夫して取り入れてみてくださいね。





気になる保育求人を紹介



関連する記事

保育園で楽しめる紙袋製作11選!遊びのねらいと、行事に使えるパペットやお面

保育園で楽しめる紙袋製作11選!遊びのねらいと、行事に使えるパペットやお面

保育園で、紙袋を使った製作にチャレンジしてみましょう。紙袋の特徴的な形を活かして、動物のパ...

【9選】紙粘土で遊ぼう!保育園で楽しめる0歳児~5歳児別、秋の製作アイデア

【9選】紙粘土で遊ぼう!保育園で楽しめる0歳児~5歳児別、秋の製作アイデア

保育園で子どもといっしょに遊べる、紙粘土の製作アイデアを探している保育士さんもいるでしょう...

保育士の仕事納めの挨拶。園長先生や保護者への伝え方のポイントと例文

保育士の仕事納めの挨拶。園長先生や保護者への伝え方のポイントと例文

保育士さんの中には、仕事納めの挨拶の仕方を知りたい方もいるのではないでしょうか。ゆっくり話...

【動画】Seriaの商品で作るクリスマスオーナメント!雪の結晶で冬の保育室を彩ろう

【動画】Seriaの商品で作るクリスマスオーナメント!雪の結晶で冬の保育室を彩ろう

おしゃれな品揃えが人気の100円均一ショップ「Seria」の商品を使って、保育園で使えるク...

保育園で遊べるなぞなぞ70選!幼児向けのいじわるクイズや、食べ物・動物の問題

保育園で遊べるなぞなぞ70選!幼児向けのいじわるクイズや、食べ物・動物の問題

保育園での隙間時間やレクリエーションなどで楽しめるなぞなぞ。クイズのように簡単なものから、...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!