ネット通信で行う幼稚園教諭免許更新。eラーニングなどオンラインを活用したやり方 

幼稚園教諭免許の更新を通信講座で受けられるのか気になる保育士さんや幼稚園の先生もいるのではないでしょうか。eラーニングなどネットを活用した通信講座で受講できると、時間を有効に使えそうですよね。今回はオンラインで幼稚園免許の更新をする場合のメリットや受講の手順、事前準備などについてまとめました。


パソコンに向かう女性

Ameashi/shutterstock.com

 

幼稚園免許の更新は通信講座で受験できる?

幼稚園免許を更新したいと考えていても、仕事など日々の生活に追われてなかなか更新講座を受講する時間が設けられないという方もいるでしょう。

 

そのなかで、幼稚園教諭免許の更新がオンラインでも可能だということをご存知でしょうか。

近年、大学などで行われている教員免許更新講習は、eラーニングなどネットを活用した通信講座でも受講できるようになっています。

 

パスコンやスマートフォンなどの端末を利用してネット通信で更新講座を受けることができれば、教員免許更新講習に通う時間を作ることが困難な保育士さんでも、幼稚園教諭免許の更新がスムーズに行えるかもしれません。

 

そこで今回は、通信講座を利用した幼稚園免許更新について紹介します。

 

出典:教員免許更新制/文部科学省

 

幼稚園教諭免許の更新講座を通信で受講するメリット

通信講座には、eラーニングを活用する方法があります。

eラーニングとは、パソコンやスマートフォン、タブレットなどのインターネットを利用して自宅などで受講できる学習形態のことです。

 

幼稚園教諭免許の更新講座を、eラーニングなどの通信講座で受講するメリットについてまとめました。

 

在宅で受講可能

 

eラーニングなどの通信講座は、ネット環境が整っていて、かつパソコンやスマートフォンがあれば家にいながら受講することができます。

 

そのため、交通費をかけてわざわざ受講会場へ出かける必要がないので、受講しやすくなるでしょう。

 

時間を有効に使える

 

通信講座であれば24時間いつでも視聴可能です。

 

自分の好きな時間に受講できるので、忙しくて日中に受講時間ができない人には便利かもしれません。

 

地方の人でも受講可能

 

オンライン講座は通学の必要がなく場所を問わないので、どこにいても受講できます。

 

そのため、近くに幼稚園教諭免許を更新する会場が無いという人にとっては便利かもしれません。

 

何度でも受講できる場合も

 

幼稚園教諭免許を更新する講座を何度でも受講できたり、好きなだけ動画を視聴できたりする場合もあるようです。

 

繰り返し学習できれば、納得のいくまで学ぶことができそうですね。

幼稚園教諭免許の更新を通信で受講する手順


保育室

Dmitri Ma/shutterstock.com

 

幼稚園教諭免許を更新する講座を、オンライン通信で受講する際の手順をお伝えします。

 

1.事前準備をする

 

ネット環境の整備

事前にオンライン通信が可能かどうか、環境チェックを行いましょう。

 

回線状況が悪かったり通信制限がかかったりするなど、ネット環境が整っていないと受講する際に弊害が伴う可能性があります。無線LANに接続したうえでの受講がよいかもしれません。

 

使用する端末カメラの用意

対話型の講座なら、Webカメラやマイクが使えるパソコンが必要でしょう。事前にカメラが正常に機能するのか、確認作業が行われる場合もあるようです。

 

スマートフォンやタブレットを代用してもよいもしれませんが、配布資料などをしっかり確認するためにも画面の大きいほうが見やすいでしょう。

 

なお、スマホやタブレットが受講対象外の場合もあるので、事前に確認しておくことが大切です。

 

2.申込みをする

 

実施機関により異なるようですが、通信講座で幼稚園免許の更新を行う際の基本的な流れをお伝えします。

 

  • 申し込みフォームに進み、必要事項を記入して仮登録を行います。
  • センターより予約受付メールが届きます(届かない場合は問合せ)。
  • 申し込みに必要な情報を入力し、本登録に進みます。
  • ダウンロードした受講申込書を印刷し、必要な情報を記入して本人写真を貼ります。
  • 受講申込書を郵送します。
  • 指定の口座へ講座受講料を振込みます。
  • 受講IDとパスワード、申し込み確定通知が届きます。

 

もしパソコンやプリンタの用意がない場合は、履修証明書等を郵送で受け取れる場合もあるようです。

 

オンラインであれば時間を気にせずに、いつでも幼稚園教諭免許更新の申し込みができますね。

 

3.受講・受験する

 

1.2の手順が無事完了したら、更新講座を受講します。

 

通信講座は在宅なので、好きな時間に好きな場所で受講できるでしょう。

スケジュールにしばられることが無く、自分で計画的に受講できるのは嬉しいですね。

 

4.履修証明書を受け取る

 

受講し終えて、無事に合格すると履修証明書が届きます。

ネット上に届いた場合はプリントアウトをして受理しますが、プリンタが無い場合は自宅に郵送してもらうようにしましょう。

 

もしも残念ながら不合格となってしまった場合は、そぐに幼稚園免許の取り消しとはならずに再試験を受けられる救済処置があるようです。

幼稚園教諭免許の更新を通信で受講する際の注意点

幼稚園教諭免許の更新を、オンライン通信で受講する際の注意点についてまとめました。

 

使用機器の確認をする

 

パソコン

インターネットに接続し、プリンタ出力の可能なパソコンがあるとよいかもしれません。

通信講座のなかには、スマートフォンやタブレット端末が非対応の場合もあるので注意しましょう。

 

コンピューターを動かすためのソフトウェア、いわゆるOSは、できる限り最新の型のほうがスムーズに対応できそうです。なお、基本的なパソコンスキルが必要な場合もあるので、事前にパソコンの操作に慣れておくとよいかもしれません。

回線

回線速度が遅い場合は、受講が正常に進まないことがあるかもしれません。

動画の視聴に差し障りのないかテストなどを行い、ネット回線を確認しておきましょう。

メール設定

講座についてのメールが届くよう、迷惑メールのフィルターをかけていないかあらかじめ設定を確認しておきましょう。

プリンタ

書類や課題プリント等をアップロードする必要もあるため、ダウンロードしたファイルを印刷できる環境が必要です。

 

なお、カラープリンタを推奨している場合もあるので、受講に必要な環境を事前に調べておくようにしましょう。

Webカメラ

受講前に、本人確認のためWebカメラによる顔認証を行う場合があります。

ebカメラが内蔵されていないパソコンの場合は、外づけのWebカメラを用意しましょう。

 

なお、Webカメラは100万画素以上を推奨しているようです。

 

通信講座にあった環境作りをする

 

オンラインで更新講座を受講するにあたり、ネット回線を整えたりマイクの設定をしたりと、環境整備に時間がかかるかもしれません。

 

受講する前に、ネットワークへの接続テストなどを済ませておくと、受講当日に慌てることはなくなるので安心でしょう。

 

また、自宅で更新講座を受講する場合は学習ペースを自分で作ることができる半面、趣味のものに気持ちがいってしまったり、家事が気になってしまったりすることがあるかもしれません。

 

受講に集中できる環境に整え、気を紛らわす要因から離れる工夫も必要かもしれませんね。

 

ルールを守る

 

通信講座を受講するにあたり、いろいろなルールが設定されているかもしれません。

 

例えば講座内容を録音したり保存したりすることが禁止されているなど、規定を理解して利用することが大切です。

 

個人情報の取り扱いに注意する

 

オンライン講座を受講する場合、パスワードを設定する必要があるかもしれません。

 

個人情報が流出しないよう、細心の注意を払って利用するようにしましょう。

 

キャンセル料が発生する場合がある

 

通信講座を申し込んだあと事前にキャンセルする場合、キャンセル料がかかる場合もあるようです。

申し込んだまま放置してしまったということのないよう、受講時期について慎重に計画するとよいでしょう。

 

通信料金に注意する

 

オンラインは通信容量が多くなるので、スマートフォンなどを活用する場合は通信料が膨らむ可能性があるため注意が必要です。

 

LANネットワークなどの環境を整えたり、携帯電話の契約プランについても確認したりしておくとよいかもしれません。

通信講座を活用してスムーズに幼稚園教諭免許更新をしよう

今回は、幼稚園教諭免許の更新を通信講座で行えるかどうかや、受講する際の手順と注意点について解説しました。

 

オンラインを活用すると、大学等の会場に足を運ばなくても幼稚園教諭免許の更新講座の受講が可能です。自分の好きなときに好きな場所で受講できるので、時間を有効に使えそうですね。

 

需要が益々上がる保育業界。事前にインターネットがスムーズに使える環境に整えておく必要はありますが、幼稚園免許更新をするにあたり、便利な通信講座の利用を検討してみてもよいかもしれません。

 

これから保育士サムネ

 

持ち帰り残業なしの保育求人を紹介

 

関連する記事

保育士資格の免許更新は必要?再発行や書き換えの手続きの方法

保育士資格の免許更新は必要?再発行や書き換えの手続きの方法

保育士資格は免許更新が必要なのか、疑問に思う保育士さんもいるかもしれません。更新は不要です...

地域限定保育士とは?試験の内容や受験資格、科目免除の条件などを解説!

地域限定保育士とは?試験の内容や受験資格、科目免除の条件などを解説!

地域限定保育士とは、特定の地域で働ける保育士のことで、保育人材不足の解消を目的として201...

保育園での面接日程がいつでもいい場合の返信の仕方は?メールや電話での例文

保育園での面接日程がいつでもいい場合の返信の仕方は?メールや電話での例文

保育士の転職活動において、面接の日程や時間がいつでもいいというケースもあるかもしれません。...

【保育士試験】独学で一発合格したい方必見!勉強時間や方法などの対策ガイド

【保育士試験】独学で一発合格したい方必見!勉強時間や方法などの対策ガイド

保育士試験を受験する方のなかには、独学での一発合格を目指している方もいるかもしれません。い...

【2021年版】保育士試験の実技の概要。科目や合格率、ピアノなどの対策方法

【2021年版】保育士試験の実技の概要。科目や合格率、ピアノなどの対策方法

保育士試験の筆記に合格したあとに行われる実技。科目は造形・音楽・言語とありますが、それぞれ...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!