保育士の「専門リーダー」になるための要件とは?役割や処遇改善についてなど

保育士の新ポジション、専門リーダーについて気になっている保育士さんもいるのではないでしょうか。なるための要件などを知っておくと、転職の際に役立つかもしれません。今回の記事では保育士の専門リーダーについて、役割や立ち位置、予測できる影響などを解説します。

あわせてキャリアアップすることでの処遇改善についてもまとめました。
保育室に立つ保育士

milatas/shutterstock.com

 

保育園の新ポジション、専門リーダーとは

2017年4月に政府が打ち出した「処遇改善等加算Ⅱ」によって、保育士さんに新たな役職が加わったのをご存じでしょうか。

 

これまで保育現場での役職は、主に園長と主任保育士しか設置されていない状況でした。

しかし、厚生労働省は保育士さんに役職が少ないことなどが低賃金の原因であることから改善策を講じ、「副主任保育士」「専門リーダー」「職務分野別リーダー」の3つのポジションを新設したのです。

 

具体的に、以下のように説明しています。

 

現在、保育現場においては、園長、主任保育士の下で、初任後から中堅までの職員 が、多様な課題への対応や若手の指導等を行うリーダー的な役割を与えられて職務にあたっており、こうした職務内容に応じた専門性の向上を図るための研修機会の充実が特に重要な課題となっています。

 

出典:保育士等キャリアアップ研修の実施について P1 /厚生労働省から抜粋

 

このように中堅保育士さんの仕事量の多さを踏まえ、役職として任命することで、より専門的に学べるようにしたのですね。

 

新たに設けられた役職により段階的にキャリアアップしていく仕組みが成立しましたが、それぞれどのような役割をもつのかなど気になる保育士さんもいることでしょう。

 

今回は3つの役職のなかから「専門リーダー」というポジションにスポットをあてて詳しく紹介します。

 

出典:処遇改善等加算の運用について/厚生労働省

保育士の新ポジション:専門リーダーの役割

専門リーダーは園長と主任保育士に次ぐ中堅保育士のためのポジションで、文字通り専門分野のスペシャリストとしての役割を担っています。

 

一般保育士から主任保育士までの間に新たな役職が加わったことで給与アップの機会も増し、保育士として働く意欲が高まることも期待できるでしょう。

 

また、さまざまな分野について研修で学ぶことにより、専門リーダーとして乳児保育やアレルギー対応など専門性の高い保育士さんとして働くことができそうですね。

 

専門リーダーになれる人数の上限は、園長と主任保育士を除いた人数の3分の1決められています。

役割は園によってさまざまなようですが、乳児クラスまたは幼児クラスのリーダーを担うこともあるようです。

 

園長と主任保育士のサポートもしつつ、保育経験が豊富なことから新人保育士などからは頼られる存在になるかもしれません。

 

出典:処遇改善等加算Ⅱに関する参考資料(平成29年度における状況)/厚生労働省

保育士の新ポジション:専門リーダーになるための要件

保育士と子ども

milatas/shutterstock.com

 

専門リーダーになるためには、次に挙げるいくつかの要件をクリアする必要があります。

 

  • 保育士としての経験年数概ね7年以上あること
  • 職務分野別リーダーを経験していること
  • キャリアアップ研修のうち、4つ以上の分野の研修を修了していること
  • 研修修了後に、専門リーダーとしての発令されること

 

職務分野別リーダーを経験した後に研修を4つ受講することにより、専門リーダーへの道が開かれるしくみとなっています。

 

なお専門リーダーになるためのキャリアアップ研修は、以下の8つの分野より選択します。

 

  • 乳児保育
  • 幼児教育
  • 障害児保育
  • 食育・アレルギー対応
  • 保健衛生・安全対策
  • 保護者支援・子育て支援
  • 保育実践
  • マネジメント

 

保育士としての専門分野を受講することで、自分が興味のある分野のスキル向上にもつながるでしょう。

 

こうして専門リーダーとして発令を受けると、専門性の高い保育のスペシャリストとして保育園の現場を支えるポジションに就くことができます。

 

出典:処遇改善等加算Ⅱに関する参考資料/厚生労働省

保育士の新ポジション:専門リーダーの給料はどれくらい?

政府の打ち出した処遇改善等加算Ⅱにより、専門リーダーにも処遇改善手当が上乗せされることになりました。

専門リーダーとしてキャリアップすると、最大月40,000円が給与にプラスされるしくみとなっています。

 

例えば、園長1名、主任保育士1名、ほか専門リーダー含む一般保育士が15名の計17名の保育園の場合、一般職員数の3分の1にあたる5人分の加算額(40000円×5)20万円を役職手当として分配します。

 

月額4万円の賃金改善を行う保育士さんを1人以上確保することになっているため、副主任保育士、専門リーダーの対象者のうち、1人以上に4万円を充てれば、残り16万円は園長を除く、主任保育士、職務分野別リーダーに月額5千円~4万円未満で割り振ることができます。

 

また、園長以外の管理役職(主任保育士等)については、園の実情によって専門リーダー等の役職手当を柔軟に調整することも可能なようです。

 

このように、新たな役職が増設された背景には、賃金が低いことによる中堅保育士さんの離職を防ぎたいという政府の思惑があります。

 

役職手当がつくことで保育士さんの給与がアップすることができれば、低賃金を理由に離職する事態を緩めることが期待できそうですね。

 

出典:処遇改善等加算の運用について/厚生労働省

 

出典:処遇改善等加算の取扱い及び令和2年度における改正点について/厚生労働省

保育士の新ポジション:専門リーダーになることで考えられる影響

専門リーダーというポジションが新設されたことで、期待できることをまとめました。

 

保育士の離職率の減少

 

先程述べたように、処遇改善等加算Ⅱにより専門リーダーになると役職手当が配分されます。

 

低賃金を理由に離職を考える保育士さんが少なくないことから、役職手当がつくことで保育士さんの離職防止につながるでしょう。

 

また、役職が増えたことでキャリアアップできる機会が増え、専門リーダーを目指そうと7年勤続を目標に掲げて働くような保育士さんも増えるかもしれません。

 

段階的にキャリアアップをしながら給与も改善でき、保育のモチベーションを上げることができそうですね。

 

保育士や保育園の質の向上

 

処遇改善等加算Ⅱの目的のひとつに、研修を設けて保育士のキャリアアップを図ることが挙げられます。

 

専門リーダーは保育の専門分野を受講することで、保育士としての専門的な知識や技術の向上を期待できるでしょう。

 

さらに専門リーダーのスキルがアップすれば、保育園の専門分野の質の向上にもつながるかもしれません。

 

出典:処遇改善等加算の運用について/厚生労働初

専門リーダーについて知り保育士としてキャリアアップを目指そう

今回は、中堅保育士の役職として新たに設置された専門リーダーという役職について紹介しました。

 

政府の打ち出した処遇改善等加算Ⅱによって段階的に保育士としてキャリアパスできるようになり、保育の仕事にやりがいを見出せるかもしれません。

 

保育園の専門分野のスペシャリストとして働く専門リーダーの仕事に興味をもち、保育士としてキャリアアップを目指してみてはいかがでしょうか。

 

持ち帰り残業なしの保育求人を紹介

 

関連する記事

玩具の取り合いが起きたときの保育士の対応。環境整備や仲裁の方法

玩具の取り合いが起きたときの保育士の対応。環境整備や仲裁の方法

子どもが玩具の取り合いになったとき、保育士さんはどのような対応をするべきでしょうか。1歳児...

保育士さんの肩こりの解消方法は?原因とツボ押しやストレッチなどの改善アイデア

保育士さんの肩こりの解消方法は?原因とツボ押しやストレッチなどの改善アイデア

保育士さんは子どものお世話をしたり、いっしょに遊んだりと身体に負担をかかることが多く、肩こ...

幼保小連携とは?幼児教育と小学校教育をつなぐ取り組み

幼保小連携とは?幼児教育と小学校教育をつなぐ取り組み

幼保と小学校のつながりを深め、子どもたちの生活や学びの基盤を支える「幼保小連携」。小学校入...

保育士として主任になるには?経験年数などの必要な条件や、仕事内容・給料

保育士として主任になるには?経験年数などの必要な条件や、仕事内容・給料

主任になるにはどうすればよいのか知りたい保育士さんもいるでしょう。研修や経験年数など必要な...

103万円の壁とは?パート保育士さんが扶養内で働くための注意点

103万円の壁とは?パート保育士さんが扶養内で働くための注意点

扶養内で働くため、自身の年収が103万円以内になるよう、勤務日数の調整をしているパート保育...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!