【新年度】入園式での担任保育士の挨拶。子どもや保護者に向けた自己紹介の例文。

新しい子どもたちを迎える入園式。式典では、職員紹介の一環として担任保育士から一言挨拶をすることがあるでしょう。新年度らしく前向きで明るい自己紹介をしたいものの、どんなことを言えばよいのか悩むかもしれません。今回は、入園式で子どもと保護者に向けて行う担任挨拶について、伝える内容や例文を紹介します。


マイク

smolaw/shutterstock.com

 

入園式で行う担任挨拶とは?

新年度を迎えると、保育園には新しい子どもたちが入ってきますよね。新入園児とその保護者を歓迎し、お祝いするのが入園式です。

 

一般的なプログラムとして、園長挨拶や来賓からのお言葉、新入園児紹介のほか、職員紹介などが行われることが多いでしょう。

 

職員紹介のなかで、クラスを受け持つことになった保育士さんは、担任として子どもや保護者に向けて挨拶をすることもあるようです。

 

主に、お祝いのメッセージや「これから1年間よろしくお願いします」といった気持ちを伝えるのが一般的でしょう。

 

では、具体的にどんな内容を盛り込んで挨拶すればよいのでしょうか。次で見ていきましょう。

入園式で行う担任挨拶の流れやポイント

入園式で行う担任保育士さんの挨拶は、基本的に以下の流れで進めるとよいでしょう。

 

  • お祝いの言葉
  • 自己紹介(担当クラスと名前)
  • 今後の抱負
  • 締めの挨拶

 

1.お祝いの言葉

 

まずは、入園式に欠かせないお祝いの言葉を伝えます。

 

子どもや保護者はどんな人が担任なのかワクワクしていることでしょう。第一印象はとても大切になるので、笑顔で元気よく挨拶することがポイントです。

 

2.自己紹介

 

お祝いの言葉を伝えたら、自己紹介を行います。

 

自分が担当するクラスと、名前を述べましょう。「〇〇先生って呼んでください」など呼び名を伝えれば、親しみを感じてくれるかもしれません。

 

子どもも保護者も聞き取れるように、大きな声で少しゆっくりと話すのがポイントです。

 

3.今後の抱負

 

次に、保育目標や今後の抱負を述べます。

 

子どもたちとどんな遊びをしたいか、どんな風に過ごしていきたいのかなどを手短にまとめましょう。

子どもと保護者が、これからの新生活に期待を膨らませられるような内容を伝えられるとよいですね。

 

4.締めの挨拶

 

抱負を述べたら、締めの言葉を述べましょう。

 

子ども向けの場合は「明日から楽しく過ごそうね」、保護者向けの場合は「1年間よろしくお願いします」といった形で結びの言葉を伝え、挨拶を終えます。

 

以上のような流れで簡単に挨拶を行いましょう。

職員紹介の時間は限られており他の保育士さんも挨拶をするため、だらだらと話さずに1分程度で簡潔にまとめることが大切です。

【子ども・保護者向け】入園式の担任挨拶の例文

笑顔の保育士さん

metamorworks/shutterstock.com

 

先述した流れをふまえて、ここでは子ども向けと保護者向けの担任挨拶の例文を紹介します。

 

子ども向け

 

例文①

〇〇組のみなさん、ご入園おめでとうございます。私は、担任の△△先生です。

保育園では、お友だちと外で遊んだりお散歩をしたり歌を歌ったり、楽しいことをしてたくさん遊びます。先生は早くみんなと仲よくなりたいです。明日から元気いっぱい遊びましょう。

例文②

〇〇組のみなさん、ご入園おめでとうございます。私は△△先生です。

先生は、みんなに会えるのをとっても楽しみにしていました。


先生はピアノと歌が大好きなので、これからみんなとたくさん歌を歌って楽しみたいです。

これから□□保育園で楽しい思い出を作って行こうね。

 

子どもに向けて挨拶するときは、集中できるようにできるだけ手短にまとめるようにしましょう。また、「保育園って楽しそう」と思ってもらえるよう笑顔で元気に話すこともがポイントです。

 

あまり内容にこだわりすぎず、まずは「顔と名前を覚えてもらう」くらいの心構えでいるとリラックスして挨拶できそうですね。

 

保護者向け

 

例文①

保護者の皆様、本日はご入園おめでとうございます。〇〇組の担任の△△と申します。

大きく成長する子どもたちの気持ちに寄り添いながら、保育園での生活を充実して過ごせるように全力でサポートしてまいります。


お子さまのことや園生活について不安なことがありましたら、いつでもご相談ください。1年間、よろしくお願いいたします。

例文②

保護者の皆様、本日はご入園おめでとうございます。〇〇組の担任を務めます、△△と申します。

子どもの成長に沿った運動や遊びを積極的に取り入れ、一人ひとりに寄り添った保育をしてまいります。


保護者の皆様と、これからの子どもたちの成長をいっしょに見守っていけることを心からうれしく思います。1年間、どうぞよろしくお願いいたします。

 

保護者に向けて挨拶するときは、安心して保育園に預けてもらえるように丁寧に抱負を述べることを心がけましょう。

 

初めて子どもを保育園に預ける保護者のなかには、子育てや園生活についての心配事を抱えている方もいるかもしれません。

 

担任として、親身にサポートする姿勢を伝えれば、保護者との信頼関係も築きやすくなりそうですね。

入園式の担任挨拶で、子どもや保護者を温かく迎え入れよう

今回は、入園式で行う担任保育士の挨拶について、基本的な流れや例文などを紹介しました。

 

入園式は、新しく保育園に通い始める子どもとその保護者を歓迎しお祝いする行事です。

 

担任として挨拶する際はお祝いの言葉や自己紹介、今後の抱負などを伝え、子どもや保護者が今後の園生活に期待感を持てるような内容にするとよいでしょう。

 

初めて顔を合わせることになる挨拶の場面では、笑顔で元気よく話すことが大切です。担任挨拶のポイントを押さえ、新年度らしく温かい気持ちで新入園児を迎え入れましょう。

 

行事重視の保育求人を紹介

 

関連する記事

保育園で画用紙遊びを楽しもう!ねらいや簡単な工作アイデア9選

保育園で画用紙遊びを楽しもう!ねらいや簡単な工作アイデア9選

さまざまな色を楽しめる画用紙遊びの製作アイデアを探している保育士さんもいるでしょう。画用紙...

保育園でクリスマスブーツを作ろう!1歳児から楽しめる製作や立体的なアイデア

保育園でクリスマスブーツを作ろう!1歳児から楽しめる製作や立体的なアイデア

冬が近づくと、クリスマスの代表的なモチーフであるブーツの製作を取り入れる保育園もあるのでは...

十字鬼を楽しもう!保育園で遊べる鬼ごっこのルールとやり方アレンジ

十字鬼を楽しもう!保育園で遊べる鬼ごっこのルールとやり方アレンジ

保育園で子どもといっしょに十字鬼を楽しむために、遊び方のアイデアを探している保育士さんもい...

異年齢児保育とは?ねらいや意味、メリット・デメリットをわかりやすく解説!

異年齢児保育とは?ねらいや意味、メリット・デメリットをわかりやすく解説!

異年齢児保育とは、縦割り保育とも呼ばれ、年齢の異なる子どもを同じクラスで保育することです。...

【0歳児~5歳児向け】製作の指導案の書き方とは?ねらいや援助方法の文例

【0歳児~5歳児向け】製作の指導案の書き方とは?ねらいや援助方法の文例

製作活動に向けて指導案を書く保育士さんも多いことでしょう。保育園で子どもたちが楽しく活動で...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!