【保育士さんの産休制度】パート勤務でも取得可能?産休の条件や取得時期、手当など

パート保育士として働くなかで、自らの出産に備えた産休や手当の取得について不安を抱えている方もいるのではないでしょうか。今回はパート勤務の保育士さんの産休取得の条件や手当、雇用保険や扶養に入っているケースについて紹介します。この先も安心して長く働くために、産休制度について知識を深めて出産の準備をはじめましょう。


子どもを抱っこする先生

yamasan0708/shutterstock.com

 

パート勤務でも産休はとれる?

妊娠から出産までの間、お母さんは体調や体の変化など多くの不安を抱えながら赤ちゃんを育てていくのに、「パートだから産休は取れないかもしれない…」と、労働に関する不安まで抱えてしまう方も多くいるのかもしれません。

 

しかし、産休制度は、正社員・契約社員・パート・アルバイトという雇用形態に関わらず取得することができ、非正規雇用のパート保育士さんも労働者の権利として産休の取得が認められています。

 

また、産後は生まれてきたばかりの赤ちゃんと過ごす大切な期間です。その大切な時間をサポートするための制度として育休制度も存在しています。

 

今回の記事では、パート保育士さんが安心して出産を迎えられるよう、産休や育休制度の概要や、取得条件を紹介します。

パート保育士の産休の申請方法と条件

そもそも産休とは、出産予定日の6週間前(双子の場合は14週間前)から取得する産前休業と、出産の翌日から最低6週間の産後休業のことです。出産日は産前休業に含まれます。

 

産後休業は、出産した本人が希望し医師が認めた場合に限り、産後6週間を経過すると働くことができます。具体的な産休の申請方法についてみていきましょう。

 

取得条件

 

雇用形態に関わらず、出産を控える労働者全員が取得できます。

 

申請方法

 

産休の申請方法は、勤務する職場によって書類のフォーマットが異なります。

 

まず妊娠が判明したら、早い段階で職場へ報告を行い、産休時期や産後の復職について相談しましょう。

 

安定期に入ってから報告したいという思いをもつ保育士さんもいるかもしれませんが、報告が早いほど職場もスムーズに産休に向けた準備ができるので、ご自身の状況を鑑みてできるだけ早い申請を行うとよいですね。

産休後の育休、パート保育士も取れる?

育休とは、1歳に満たない子どもを養育する男女労働者は、子どもが1歳になるまでの間で希望する期間を休業することができる制度です。

 

産休が出産を控える労働者すべてに取得可能というのはわかったものの、育休はどうなのでしょうか。具体的な取得条件などを見ていきましょう。

 

取得条件

 

<期間の定めがある有期契約労働者の場合>

1.同一の事業主に引き続き1年以上雇用されている

2.子どもの1歳の誕生日以降も雇用継続の見込みがある

3.子どもの2歳の誕生日の前々日までに、労働契約の期間が満了しており、かつ契約の更新がされないことが明らかな場合を除く

 

育休の取得は産休とは異なり、有期契約労働の場合はいくつか条件があります。

 

1年以上の勤務実績や産後の勤務についての規定がありますが、条件を満たせば1歳未満の子どもを養育する労働者は男女問わず申請することができます。

 

パート保育士さんも条件に該当すれば取得できますので、ご自身の状況と照らし合わせて確認してみてくださいね。

育休の申請ができないケース

1.雇用された期間が1年未満である。

2.1年以内に雇用関係が終了する。

3.週の所定労働日数が2日以下。

 

出典:子育てをしながら働き続けたいパート社員派遣社員契約社員あなたも取れる!産休&育休pdf厚生労働省から抜粋

 

このように、日々雇用される方は育児休業を取得できません。

 

また、新しい職場に勤務して1年未満の期間に妊娠が分かった場合、産休は取得できますが育休の取得はできないこととなっています。

 

また有期労働の契約期間や、週の勤務日数などにも規定があるため、パート勤務の保育士さんは、雇用契約の条件、労働実状を確認した上で申請を行う必要があるでしょう。

 

申請方法

 

育児休業の申請期限は、休業開始予定日の1カ月前までと定められています。

 

産休後そのまま育休を取得する場合には、産前休業前か産前休業中の間に職場に申告しましょう。
取得に必要な提出書類などについては、職場の担当者からの指示を仰いで申請を行うとよいですね。

 

産休育休制度の保育士求人一覧

 

パート勤務でももらえる!産休中の手当

お金とノート

taka1022/shutterstock.com

 

手当によって、扶養内外、雇用保険の加入有無など支給条件が異なります。ここでは各手当別に、給付の条件などをみていきましょう。

 

出産手当金

 

産休をとることで減ってしまった収入をサポートするための手当です。

 

勤め先の健康保険に加入していること、産前6週間(42日)と産後8週間(56日)の休暇を取得し、その期間中に給与の支払いがないことを条件に支給されます。

 

出産育児一時金

 

出産にかかる費用負担を軽減する制度です。

 

1.妊娠4カ月以上(85日以上)の方

2.一児につき42万円支給

3.産科医療補償制度の対象外となる出産の場合は39万円の支給(2015年1月1日以降の出産は40.4万円)

 

上記の内容で申請者には出産育児一時金が支給されます。

 

支給時期は申請から約1~2カ月後であり、医師による出産証明が必要です。また、申請漏れの場合でも産後から2年以内であれば申請が可能です。

 

育児休業給付金

 

育休を取得している被保険者を対象者にした、育休中の収入をサポートする制度です。

 

育休の開始日から遡って過去2年の間に、給料計算の際に用いる支払基礎日数が11日以上である月が1年以上ある方に支給されます。

 

支払基礎日数は、月給制か日給制・時給制かで数え方が異なるため、不明な箇所がある場合は勤務先へ確認していみとよいでしょう。

 

出典:出産手当金について/全国健康保険協会

出典:出産で会社を休んだとき/全国健康保険協会

出典:出産育児一時金について/全国健康保険協会

出典:育児休業給付の内容及び支給申請手続きについて/厚生労働省

 

扶養内可の保育士求人一覧

 

いつからとれる?パートの産休申請時期と実状

産前休業は出産の6週間前から申請することができます。産前休業は任意での取得ですが、産後休業の原則8週間は必ず取得しなければならない期間ですので、この点は注意しましょう。

 

職場によっては産休の間、代理職員の採用を考えるケースもあるため、取得する側だけではなく取得者を雇用する保育現場にとっても大きな問題であるといえるでしょう。

 

産休をスムーズに取得するためには、早めに職場へ申請を行い、双方が困らないようお互いに配慮しながら、安心して出産を迎えられるように進めていけるとよいですね。

産休の取得条件を知ることで、安心してパート保育士さんとして働こう

今回は、パート勤務の保育士さん向けに、産休や利用できる各種手当の制度について紹介しました。

 

まずは雇用形態に関わらず、出産向けた大切な準備である産休の取得を踏まえたうえで、取得のための申請時期など必要な情報をおさえておきましょう。

 

制度について理解を深めることができれば、自分にとってよりよい状態で制度を活用でき、周りと相談しながら進めることができそうです。

 

妊娠・出産後も安心して保育士さんとして勤務できるように、ご自身のパート勤務の契約条件を確認し、職場の方とも情報を共有しながら出産・子育てに取り組んでいきましょう。

 

産休育休ありの保育求人を紹介

 

関連する記事

保育士さんの貯金事情。平均貯金額と一人暮らしで貯蓄するためのポイント

保育士さんの貯金事情。平均貯金額と一人暮らしで貯蓄するためのポイント

保育士さんの中には、貯金を考えていてもなかなか実行できていないという方もいるでしょう。「給...

玩具の取り合いが起きたときの保育士の対応。環境整備や仲裁の方法

玩具の取り合いが起きたときの保育士の対応。環境整備や仲裁の方法

子どもが玩具の取り合いになったとき、保育士さんはどのような対応をするべきでしょうか。1歳児...

保育士さんの肩こりの解消方法は?原因とツボ押しやストレッチなどの改善アイデア

保育士さんの肩こりの解消方法は?原因とツボ押しやストレッチなどの改善アイデア

保育士さんは子どものお世話をしたり、いっしょに遊んだりと身体に負担をかかることが多く、肩こ...

幼保小連携とは?幼児教育と小学校教育をつなぐ取り組み

幼保小連携とは?幼児教育と小学校教育をつなぐ取り組み

幼保と小学校のつながりを深め、子どもたちの生活や学びの基盤を支える「幼保小連携」。小学校入...

保育士として主任になるには?経験年数などの必要な条件や、仕事内容・給料

保育士として主任になるには?経験年数などの必要な条件や、仕事内容・給料

主任になるにはどうすればよいのか知りたい保育士さんもいるでしょう。研修や経験年数など必要な...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!