沖縄県の保育士事情。平均給料などの現状と、家賃補助の取り組みや貸付金制度

沖縄県で保育士として働きたいと考える方もいるでしょう。エリアごとの平均年齢や給料事情について押さえておけば、求人探しをするうえで役立つかもしれません。今回は、勤続年数や平均年収など、沖縄県の保育士事情をまとめました。あわせて、沖縄県が実施する保育士さん向けの補助金事業や貸付金制度についても紹介します。


保育士と子ども

takayuki/shutterstock.com




保育士バンク!に転職相談してみる



沖縄県の保育士事情

まずは、沖縄県の保育士さんの給料や平均年齢などを、全国と比較してみましょう。



沖縄県の保育士事情
沖縄県 年齢(歳) 勤続年数(年) 労働時間(時間) 給与
(万円)
賞与
(万円)
労働者数(人) 平均年収(万円)
男性保育士 24.8 4 166 20.25 57.08 110 300.08
女性保育士 41.4 11.1 174 23.25 59.73 3080 337.73


全国の保育士事情
全国 年齢(歳) 勤続年数(年) 労働時間(時間) 給与
(万円)
賞与
(万円)
労働者数(人) 平均年収(万円)
男性保育士 32.4 5.7 169 27.38 72.25 14900 400.81
女性保育士 37.9 7.8 168 24.84 74.89 251760 372.97


沖縄県の保育士の平均年齢


沖縄県の保育士さんの平均年齢は男性が24.8歳、女性が41.4歳です。


全国の男性保育士さんの平均年齢が32.4歳、女性保育士37.9歳であるため、沖縄県では若い世代の男性保育士さんが活躍していることがわかります。



沖縄県の保育士の平均勤続年数


沖縄県の保育士さんの平均勤続年数は男性が4.0年、女性が11.1年です。


全国平均をみると男性が5.7年、女性が7.8年であるため、沖縄県では男性保育士さんの勤続年数が短い一方で、女性はやや長く勤める傾向にあるといえるでしょう。



沖縄県の保育士の所定内労働時間(残業時間は除く)


沖縄県の保育士さんの平均労働時間は、男性が166時間、女性が174時間です。


全国平均は男性が169時間、女性が168時間であるため、沖縄県では男性保育士さんの労働時間がやや短く、女性の方が長いことがわかります。



沖縄県の保育士のきまって支給する現金給与額(給料)


沖縄県の保育士さんの平均給料は、男性が20万2500円、女性が23万2500円です。


全国の男性保育士さんの給料が27万3800円、女性は24万8400円であるため、沖縄県の保育士さんの平均給料は男女ともに全国平均を下回ることがわかります。


ちなみに、「きまって支給する現金給与額」とは手取り額ではなく、所得税や社会保険料などを控除する前の金額です。



沖縄県の保育士の年間賞与その他特別給与額


沖縄県の保育士さんの年間賞与などは、男性が57万800円、女性が59万7300円です。


全国の男性保育士さんの平均賞与額が72万2500円、女性が74万8900円であるため、沖縄県で働く保育士さんの賞与は男女ともに全国平均を下回ることがわかります。



沖縄県の保育士の労働者数


沖縄県で働く保育士さんの人数は、男性が110人、女性が3080人です。


全国の数字をみると男性が14900人、女性が251760人となっており、沖縄県は男女ともに保育士人材が少ない地域といえるでしょう。



沖縄県の保育士の平均年収


沖縄県と全国の保育士さんの給料と賞与額をもとに平均年収を算出したところ、沖縄県で働く男性保育士さんの平均年収は300万800円、女性の場合は338万7300円となりました。


一方、全国の男性保育士さんの平均年収は400万8100円、女性は平均年収372万9700円となったため、男女ともに全国平均を下回っていることがうかがえます。


出典:賃金構造基本統計調査/厚生労働省



保育士バンク!に転職相談してみる



沖縄県が実施する保育士向けの支援や取り組み

沖縄の景色

T.TATSU/shutterstock.com


続いて、沖縄県が実施する保育士さん向けの家賃補助や貸付制度などの取り組みについて紹介します。



貸付事業


沖縄県は、保育士さんの人材確保や離職防止を目的として3つの貸付事業を実施しています。

保育士修学資金貸付

沖縄県内の保育士養成施設に通う学生さんに、修学資金を貸付ける制度です。


貸付金の種類と金額は、それぞれ以下のように定められています。


  • 修学費:月額5万円以内(合計120万円以内)
  • 入学準備金:20万円以内
  • 就職準備金:20万円以内

その他、該当者には生活費加算も貸付けられます。


これらの貸付金は無利子で、養成施設を卒業してから1年以内に保育士登録を行い、県内の指定施設で5年間継続して勤務すれば返還が免除されます。

保育士就職準備金貸付

保育士資格を持っているものの、保育士として働いていない潜在保育士さんに向けて、就職に必要な資金を貸付ける制度です。


具体的には、県内の保育施設等を離職してから1年以上経過した方、あるいは勤務経験がない方を対象としており、新たに保育施設で週20時間以上勤務する場合に準備金を貸付けます。


1人1回あたり最大40万円を無利子で貸付け、対象の保育施設で保育士として2年以上勤務を継続すれば返還が免除される仕組みです。

未就学児を持つ潜在保育士に対する保育料の一部貸付

未就学児を育てる潜在保育士さんの再就職を促進するため、保育料の一部を貸付ける制度です。


対象は未就学児をもつ保育士さんのうち、新たに県内の保育施設で週20時間以上働く方や、産後休暇・育児休暇から復帰する方です。


月額2万7000円、期間1年間を限度として保育料の半額を無利子で貸付け、対象の保育施設で保育士として2年以上勤務すれば返還が免除されます。



県外保育士誘致支援事業


沖縄県外からの保育人材を確保するために、県外に住む保育士さんに対して県内での就職活動にかかる費用をサポートする事業です。


実施主体は各市区町村で、単身世帯の場合1世帯あたり20万円、2人以上世帯の場合1世帯あたり40万円を補助します。


補助金の支給対象者は、以下に該当する方です。


  • 保育士資格を有している
  • 県内に移住する前に沖縄県外に住んでいた
  • 沖縄県内の認可保育所(公立園除く)、認定こども園、地域型保育事業所に就職予定
  • 県内の保育施設等で週20時間以上かつ1年以上勤務する

これ以外にも、石垣市や宮古島市では独自に保育士さんへ渡航費や準備費用の補助を実施しています。



沖縄県保育士等キャリアアップ研修


沖縄県では2種類のキャリアアップ研修が行われています。

一つは県が主催する研修で、委託を受けた事業者によって実施されているものです。もう一つは、県が指定した実施機関が主催する研修です。


どちらも、多様化する保育の課題への対応を学んだり、若手保育士さんの指導を担うリーダーを育成し、専門性を向上させたりすることが目的とされています。


研修内容は、国が定める「保育士等キャリアアップ研修ガイドライン」に基づいており、専門分野別研修、マネジメント研修、保育実践研修の3つに分けられています。



保育士宿舎借り上げ支援事業


沖縄県の一部地域では、保育士さん向けの家賃補助事業が行われています。


浦添市で実施されている「保育士宿舎借り上げ支援事業」は、保育施設などの事業者に対し保育士さんの住居にかかる費用を補助する事業です。


具体的には、市内の対象の保育施設に新たに常勤保育士として採用された方が家賃補助の対象となります。


補助金額やくわしい条件は市によって異なりますが、この事業の対象となっている施設に新しく勤めれば、経済負担を減らしながら働けるでしょう。


出典:浦添市ホームページ



保育のセミナーなど


沖縄県では、地域ごとに独自のフェアやセミナーなどを開催しています。

保育園見学ツアー

那覇市では、公共職業安定所と沖縄県保育士・保育所総合支援センターと協力して保育園見学ツアーを実施しています。


保育園で保育士や保育補助として就職を希望する方であれば、誰でも参加可能のようです。


ツアーでは、園舎や園庭の見学や、採用2~3年目の現役保育士さんとの交流会が行われるそうなので、情報収集に活用したり保育園選びの参考にできたりしそうですね。


出典:保育園見学ツアー/厚生労働省

保育士プチセミナー

那覇市や沖縄市、名護市などでは、保育士さん向けのセミナーが開催されています。


有資格者向けと無資格者向けの両方があり、現役保育士さんによる保育士の仕事紹介や、現在の保育現場に関する講演が行われているようです。


具体的には、有資格者向けのセミナーでは復職に向けたアドバイスのほか子どもとの寄り添い方など、実践的な内容を紹介しています。


一方、無資格者向けのセミナーでは資格取得方法や保育園の紹介など、就職をサポートするプログラムが実施されているようです。





沖縄県の求人一覧




沖縄県で保育士として働くことを検討してみよう

今回は、沖縄県の保育士さんの平均給料や労働時間、保育士支援の取り組みなどを紹介しました。


沖縄県は、就職準備金や修学資金などの貸付事業を実施し、積極的に保育士さんの就職や復職を支援しています。


キャリアアップ研修も実施されているので、保育の専門性を向上させる機会もあり、スキルアップを目指しながら働けるエリアといえそうです。


また、市町村ごとに家賃補助事業や各種セミナーなども行われており、保育士を目指しやすく、かつ働きやすい環境の整備に力を入れていることがうかがえるでしょう。


さまざまな支援策や補助金制度を気軽に活用できるので、沖縄県で保育士として働くことを検討してみてくださいね。


出典:沖縄県ホームページ



沖縄県の保育求人を紹介



関連する記事

京都府の保育士事情。平均給与と、自治体が行う家賃補助やキャリアアップ研修について

京都府の保育士事情。平均給与と、自治体が行う家賃補助やキャリアアップ研修について

京都府で保育士として働こうと考えている方もいるでしょう。京都府や市区町村が独自で行う補助金...

兵庫県の保育士事情。給料・労働時間の現状や、補助金・貸付制度について

兵庫県の保育士事情。給料・労働時間の現状や、補助金・貸付制度について

兵庫県の保育士求人を調べるなかで、地域全体の平均給料や賞与などが気になることもあるでしょう...

【保育学生さん必見!】オンライン就活について、保育士バンク!が徹底解説

【保育学生さん必見!】オンライン就活について、保育士バンク!が徹底解説

就職先を探す方法には、園のHPを見る、就職フェアに参加するなどさまざまありますが、「就活サ...

保育士バンク!公式LINEで保育士さんの就職・転職、日々の保育に役立つ情報をGETしよう!

保育士バンク!公式LINEで保育士さんの就職・転職、日々の保育に役立つ情報をGETしよう!

この度、保育士バンク!は公式LINEを開設!「転職しようか迷っている」「おすすめ求人が見た...

保育士さん155名に聞いた!お気に入り文房具アイテムを紹介!【第2弾~事務作業編~】

保育士さん155名に聞いた!お気に入り文房具アイテムを紹介!【第2弾~事務作業編~】

便利な文房具があれば、書類の成や製作の準備に忙しい保育士さんの仕事を支えてくれるはず。そこ...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!