保育士さん向け~失敗しない求人の選び方~

保育士さんの早期離職率が高いのはなぜ?




一般企業と違い、保育士さんというのは幼いころから保育士に憧れ、就職したという人が多い職業です。
子どもが好き、保育士の仕事が好きという人ばかりが保育士になるのに、なぜか、就職して1~3年以内に離職してしまう早期離職率が高い職業でもあるのです。

その理由は一体どこにあるのでしょうか?


求人の選び方を相談したい


保育士さんの早期離職率が高いのはなぜ?


この離職率が高いという問題は、「就活に失敗している方が多い」ため。
つまり、新卒で就職した園がその人に合っていなかったということです。就活ではかなり労力を使います。どうせ労力を使うなら、長く勤められる職場に就職したいと誰しも思うはず。

そこでここでは、保育士さん向けの失敗しない求人の選び方をいろんな切り口からお伝えしたいと思います。参考にしてくださいね。


保育士の求人はポイントを押さえて選ぼう



求人の探し方や、選び方は待遇面だけではなく、園の方針に共感できるかどうか、はたまた、公立か私立かなどポイントが多数あります。ポイントを理解することで就職や転職の失敗を防ぐこともできますので、以下のようなポイントを参考にしてみましょう。




1.どんな保育園に就職したいかを明確にする



保育園の選び方として、まずは、自分がどんな保育園で働きたいのかを明確にすることが大切です。例えば、行事を大々的に、多く実施している保育園であれば、残業や持ち帰りの仕事が多くなるでしょうし、都心部の保育園であれば、延長保育の時間が他園より長くなるということが考えられるので、帰宅時間が遅くなるでしょう。自分が希望する保育園に就職するためには、保育園の方針や特徴、雰囲気といった情報をできるだけ多く得ることが重要です。自分のニーズに合う求人を見つけるために、しっかり情報収集しましょう。


2.私立か公立かで選ぶ



「どういう選び方をすればいいかわからない」という場合は、公立か私立かで選択する選び方でもいいかもしれません。公立の場合は地方公務員となりますので、私立よりかは安定した収入が得られます。また、行事が比較的少なく、ゆったりとした時間が流れる園が多いようです。私立の場合は、園ごとに保育方針が異なりますので、自分にあった園の求人に出会えれば、働きやすいでしょう。ただ、行事が多いので、年中準備に追われてあっという間に1年が終わると感じることもあるようです。


3.就職先の選び方の良い例



就職先の選び方の良い例をご紹介しましょう。

・保育園のホームページを見る

・複数の保育園のパンフレットを取り寄せて比較してみる

・候補に挙げた保育園へ見学に行ってみる

・保育園の説明会に参加して、見て回ってみる

・実際の実習をさせてもらうように申し出る

保育園がどのような方針の保育をしているか、また、実際に働いている保育士同士の雰囲気などを知ることが大切です。事前に、把握しておくことで、実際に就職した際に「思っていたのと違った!」ということが少なくなります。


4. 就職先の選び方の悪い例



就職先の選び方の悪い例もご紹介します。

・自宅からの距離が近いという利便性のみ

・お給料が他の施設と比べて高額

・知人や友人の紹介で、保育園の情報を知らないまま決める

以上のような理由で、安易に就職先を決めてしまうのは、おすすめしません。また、気を付けておきたいのが、常に求人を出している保育園です。増園や規模拡大ではなく、常に求人募集があるということは、離職率が高い可能性があります。人間関係がうまくいっていない園では、当然、離職率が高いでしょう。また、人間関係だけではなく、残業が多いのに残業代が出なかったり、仕事量が多いのに待遇が悪かったりといった問題がある可能性があります。
保育士バンク!があなたの就活・転職をお手伝いします


希望の条件→優先順位付けが大切!




園への就職を考える際、自分自身の中で「ここは譲れない!」という条件付けはみなさんやっていると思います。ですが、あれもこれも...と転職先の条件を増やしてしまうと、応募できる求人が少なくなってしまい、転職活動が長期化する危険もあるんですよね。

条件を増やすというよりは、いくつかの条件に対して【優先順位を付ける】という考えの方が、もう少し楽に転職活動を行えるようになるのではないかと思います。

そこでここからは、実際に転職を成功させた方から「転職活動の際、優先度を高くした条件」を教えていただきましたので、ご紹介いたします!


お給料(賞与)



保育士のお給料は、他の職種に比べるとかなりお安め...というのは残念な事実です。

給料が安くても子ども達のための仕事だから...というモチベーションに支えられているのが保育士という職業のようにも見えるほどですが、「この金額では生活がいつまでも苦しいままだ...!」「これだけ頑張って働いているのだから、もう少しもらえてもいいんじゃないかな!?」などのように、保育士さんそれぞれが考えた結果、転職の際には【今の保育園よりもお給料が高いところ】という条件を掲げている人がほとんどでした。

事実、そもそもの転職活動のきっかけが「お給料が低いことだった」と言う方も、かなりの数いらっしゃいましたね。また、「賞与が年2回出るところ」という条件を最優先にしている方も、かなりいました。賞与がきちんと出ているところということは、それだけその保育園の経営状態が安定しているという指標になるから、とのことです。


労働時間



保育士はお給料が安い上に、勤務時間もとても長いです。残業は当たり前のようにありますし、早番シフトともなれば、朝7時ころから出勤している人も少なくないでしょう。

ただしこの労働時間は、保育園により多少の増減はありますから、「こんなに仕事漬けの毎日ではなく、もっとプライベートを楽しみたい!」という保育士の方は、労働時間が短くなることを最優先条件にあげていました。

せめて残業時間だけでも減らしたい、と考える方が多く、きちんと残業状況を管理している保育園への転職を希望する声がとても多いです。



これが一番厄介!人間関係



保育士の9割以上は女性です。「保母」という名称から「保育士」という名称に変わってから久しいですが、男性保育士が劇的に増えることはなく、まだ保育士の職場は完全なる女性社会。女性社会だと、どうしてもイジメや陰口、いびり、嫌がらせなどなど......人間関係でギスギスしたものが出てくることが多いのが悲しいところです。

そこでここからは、働きやすい職場の見抜き方をご紹介いたします。


チェックポイント1:平均勤続年数が短くはないか?



長く働いている保育士が多いということは、それだけその保育園が働きやすいことを指しています。

保育士のように女性の多い職場ですと、どうしても出産のタイミングなどで働けなくなる時期がやってきますが、その後戻ってきてまた働いているような年代の保育士が多い職場は、「戻ってきたい職場」ということになりますから、それだけ働きやすい保育園だということになりますね。

しかしあまりベテランばかりだと、まだ若い保育士さんの場合「若手の自分は働きづらいかもしれない......」という心配もありますよね。そういう心配がおありならば、せめて平均勤続年数が4、5年以上の職場を探しましょう。仮に大卒で保育士として働き出したとして、出産のタイミングまでその保育園で勤務し続けた場合、平均して4、5年が勤続年数となります。出産までは働き続けることができる職場、ということになりますから、大丈夫と考えていいでしょう。


チェックポイント2:求人の数が多すぎはしないか?



これはわりと有名な話なのでご存知の方も多いかもしれませんが、頻繁に求人を出している職場は、それだけ離職率が高い職場ということになりますから、あまり働きやすい保育園だとは言えないでしょう。


チェックポイント3:職場の雰囲気は悪くないか?



これは、面接などで実際に職場を見学する機会がなければチェックできない項目にはなりますが、自分自身の目で、保育園の雰囲気を見ておくということは、とても大切です!

保育士同士の挨拶がない、笑顔がない、会話がない(会話があってもなんだかギスギスしている)など、明らかに雰囲気が悪いようなら、転職先に選ぶ必要はないでしょう。

また、あなたが見学をしている最中に、保育士からどういう対応をされるのかもかなり重要な指標になってきます。外部の人に対してしっかり挨拶をしてくれる保育園は、内部の人間関係も良いことが多いので、そういった点にも注意して見学をしてみてください。



考え得る限りの対策を立てて求人を探そう!



求人を見る際、まずは最初の「保育士の求人はポイントを押さえて選ぼう」の項目をすべて押さえて探していきましょう。条件に合うところがなければ、「希望の条件→優先順位付けが大切!」を参考に条件を絞ることも検討してください。

さらに、人間関係に苦労したことがあるという方は、ぜひ最後の項目も参考に、納得のいく求人を探してくださいね。保育士バンクでは、多数の求人を用意しています。ぜひ参考にしてください!


関連する記事

保育園事務員の仕事内容。求人や正社員、パートなど働き方、志望動機について

保育園事務員の仕事内容。求人や正社員、パートなど働き方、志望動機について

保育園で働く事務員というと、仕事内容などあまりイメージが湧かない人も多いのではないでしょう...

チャイルドマインダーの資格をいかした仕事とは。仕事内容や収入について

チャイルドマインダーの資格をいかした仕事とは。仕事内容や収入について

少人数保育のプロフェッショナル、チャイルドマインダーの資格が注目されています。英国では古い...

チャイルドマインダー通学・通信講座の選び方。試験の受験資格を得るには

チャイルドマインダー通学・通信講座の選び方。試験の受験資格を得るには

チャイルドマインダーになるには、チャイルドマインダーの資格を管理・認定する団体が用意してい...

保育士の志望動機の書き方。転職や新卒など履歴書で参考にしたい例文集

保育士の志望動機の書き方。転職や新卒など履歴書で参考にしたい例文集

志望動機は、保育士の履歴書でも面接でも、必ず問われる重要なポイントです。「どうすれば自分の...

保育士の有効求人倍率とは?解説と都道府県別の違い

保育士の有効求人倍率とは?解説と都道府県別の違い

景気のよしあしを表す指標の一つに有効求人倍率があります。各職業ごとに違いがあり、保育士はそ...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!

ランキング記事

幼児期の終わりまでに育ってほしい「10の姿」とは。改定保育指針の内容や具体的な事例 1
幼児期の終わりまでに育ってほしい「10の姿」とは。改定保育指針の内容や具体的な事例
保育士とは。保育士になるための資格取得の方法や国家試験と仕事内容 2
保育士とは。保育士になるための資格取得の方法や国家試験と仕事内容
認可保育園と認可外保育園の違いとは? 保育料や無償化、補助金制度など 3
認可保育園と認可外保育園の違いとは? 保育料や無償化、補助金制度など
【調査】保育士のお給料事情。安い理由や平均給与、今後の賃金改善する? 4
【調査】保育士のお給料事情。安い理由や平均給与、今後の賃金改善する?
「なめられない保育」はもうやめよう(前編) 5
「なめられない保育」はもうやめよう(前編)

新着記事

【動画】ゆらゆら揺れる紙コップフラワー
【動画】ゆらゆら揺れる紙コップフラワー
5歳児の室内遊びとは。ねらいやゲーム、運動などジャンル別の遊びのアイディア
5歳児の室内遊びとは。ねらいやゲーム、運動などジャンル別の遊びのアイディア
【動画】海をテーマにした壁面製作にも使える!折り紙で作るかもめとヨット
【動画】海をテーマにした壁面製作にも使える!折り紙で作るかもめとヨット
【動画】子どもたちへのプレゼントに添える、フラワーリボンを作ろう
【動画】子どもたちへのプレゼントに添える、フラワーリボンを作ろう
[PR]明日の保育に役立つ!ポケモンキャラクターの活用方法
[PR]明日の保育に役立つ!ポケモンキャラクターの活用方法

カテゴリー

注目の求人

学校法人大藤学園

勤務地
北海道
職種
幼稚園教諭 ほか

株式会社アソシエ・インターナショナル

勤務地
東京 神奈川
職種
保育士

ウィズブック保育園(株式会社アイ・エス・シー)

勤務地
東京 ほか
職種
保育士ほか
株式会社第一住宅 みらいく保育園

株式会社第一住宅 みらいく保育園

勤務地
東京
職種
保育士

株式会社さくらさくみらい

勤務地
東京 ほか
職種
保育士ほか

株式会社Kids Smile Project

勤務地
東京 神奈川ほか
職種
保育士ほか
おすすめ法人特集 ウィズブック保育園_株式会社アイ・エス・シー 株式会社Kids Smile Project 株式会社グローバルキッズ 株式会社さくらさくみらい フェア 新卒特集 保育士バンク!チャンネル【公式】