【2020年最新版】保育士の志望動機の書き方や例文。転職や新卒などの履歴書に活かそう

保育士の転職や新卒採用で重要となる志望動機は、自身の熱意を伝えるために欠かせないものですよね。しかし、書き方を理解できていないと、自身をしっかりアピールすることは難しいでしょう。今回は、保育士の面接や履歴書に活用できる志望動機の書き方について、未経験や再就職などケース別に例文を紹介します。


面接を受けている様子

beeboys/shutterstock.com

 

保育士の転職における志望動機の必要性

就職活動をするときには、必ずと言っていいほど志望動機が必要になりますよね。

しかし、なぜ履歴書や面接において志望動機を求められるのでしょうか。

 

志望動機が果たす役割

 

そもそも志望動機は、その名の通りその企業や園に就職することを志望する理由のことを言います。

 

簡単に言うと、「〇〇に惹かれたので、あなたのもとで働きたいです」ということを伝えるためのものです。

 

つまり志望動機には、自分がその園に応募した理由、つまり園のどこに興味を持ち魅力を感じたのかを伝えるための役割があります。

 

またそれと同時に、応募先の園に対する理解が深いこともアピールできる材料とも言えるでしょう。

 

採用担当者が見ているポイント

 

採用担当者が応募者に対して志望動機を求めるのには、以下のような目的があるようです。

 

  • 自園への熱意があるかを知る
  • 自園が求める人物像と応募者がマッチしているか確認する
    (採用後、活躍してくれそうな人材かどうかの確認)


 

つまり、採用担当者は志望動機を通して、応募者の志望度の高さや将来的な園への貢献度を見ていると考えられるでしょう。

保育士の志望動機におけるポイントや注意点

保育士さんが志望動機を作成するときのポイントや注意点は、新卒や再就職などどんなキャリアでも共通しています。くわしく見ていきましょう。

 

志望動機を書くときのポイント

 

なぜその園を志望したのか

応募する保育園の分析をしっかりと行い、自分がなぜその園で働きたいのかを伝えましょう。

 

志望理由を書くときには、以下の2点を意識してみるとよさそうです。

 

  • 自分の希望と園の方針が合致している点を探す
  • 自分が魅力的に感じたポイントを根拠に基づいて説明する

 

理由となる事柄は、自身の経験や価値観に基づく内容にすると、より説得力が増し、志望度の高さが伝わりやすくなりそうです。

 

加えて、これまでの経験をもとに、志望する園に入職したらどのように貢献できるかを具体的に書くことで、採用担当者に採用後の活躍を具体的にイメージしてもらいやすくなるかもしれません。

なぜ保育士という仕事を選んだのか

保育士さんになろうと思ったきっかけを再認識し、子どもにどんなことをしていきたいかを書きましょう。

 

その際は、以下の2つを整理すると自身の保育に対する姿勢が見えてくるかもしれません。

 

  • 今までの子どもとの向き合い方
  • 保育士の仕事のなかで、どのような点にやりがいを感じているか

 

保育士を目指した理由として、「子どもが好きだから」だけではなく「どうして子どもが好きなのか」まできちんと説明できれば、仕事に対する前向きな姿勢をアピールできそうですね。

その他のポイント

その他にも、志望動機を書くうえで以下のようなポイントを押さえておきましょう。

 

  • 少なくとも枠の8割以上を埋め、分かりやすく丁寧な字で書く
  • 自分なりの経験談を盛り込む
  • 保育士向きの人柄をアピールする(体力に自信がある・責任感があるなど)

 

根拠となる過去のエピソードや、「在職中は無遅刻無欠勤だった」などの分かりやすい実績があると、より意欲が伝わりやすい志望動機になるでしょう。

 

志望動機を書くうえでの注意点

 

退職理由はポジティブに書く

転職や再就職をする保育士さんの場合、退職理由は前向きな言葉に言い換えて書くようにしましょう。

 

前職に不満があって退職したとしても、事実をそのまま伝えると採用担当者はよい印象を抱きにくくなってしまうかもしれません。

 

退職理由に触れる際は、「前職で〇〇という課題を見つけ、改善するために転職を考えました」など書き方を工夫すると、反省に対する改善の意思が明確になるでしょう。

 

あくまでスキルアップするための転職であることをアピールし、ポジティブな印象を与えられるような表現を心がけるとよいですね。

履歴書の本人希望欄には「給与や待遇面」の記載は避ける

未経験や再就職を考えている保育士さんのなかには、給与面を重視する方もいるかもしれません。また、待遇面の改善を求めて転職することもあるでしょう。

 

しかし、給与や福利厚生などの希望については履歴書など書面で伝えないようにしましょう。

応募書類に待遇に関する事柄が書いてあると、採用担当者に「条件のみで応募している」という印象を与えてしまう恐れがあります。

 

どうしても譲れないという絶対条件でない限りは、面接など顔を合わせる場できちんと相談することが大切です。

体調面について現状を説明する

体調不良で前職を辞めた場合は、現状についてきちんと明記しましょう。

 

もし完治しているのであればその旨を伝え、通院中であれば隠さずに話すことが大切です。

 

通院中の場合、就業について医師の承諾を得ていることを伝えれば、採用担当者も応募者が就職したあとの働き方をイメージしやすくなりそうです。

 

保育士の志望動機を書くときのポイントや注意点をふまえて、ここからは具体的なケース別の書き方や例文について見ていきましょう。

【キャリア別】保育士の志望動機の書き方・例文

履歴書の用紙

takasu/shutterstock.com

 

ここでは、3つのパターンごとに保育士の志望動機の書き方や例文を紹介します。

 

新卒・未経験の場合

 

保育士の経験がない新卒や未経験の場合の志望動機の書き方と例文をまとめました。

アピールポイント

保育士としての経験がない分、素直で伸びしろのある人材が求められているでしょう。

何事にも一生懸命で明るく、フットワークの軽い人を採用したいと考えているようです。

 

志望動機では、以下のようなポイントをアピールしてみましょう。

 

  • 元気であることやいつも笑顔でいること、人柄の良さ
  • 仕事に対するやる気や体力
  • 専門学校や大学での具体的な経験に基づく、保育士になりたいと思ったきっかけ
  • 保育に対する情熱、目指している保育の形

 

未経験ならではのやる気や元気、人柄のよさなど、保育士として重要な素質を採用担当者に伝えていきましょう。

志望動機の例文①

「私が貴園を志望した理由は、二つあります。一つ目は、自身が理想とする保育を実現できると感じたからです。二つ目は、先生方が、園児一人ひとりに向き合った保育をしていることを実感したからです。私は幼いころに通っていた保育園の先生のようになりたいと思い、保育の道を目指しました。夏に貴園のボランティアに参加した際に、お迎えの遅い子どもたちが寂しくならないように優しく接している先生方を拝見しました。その経験から、私も貴園で常に子どもの心に寄り添った保育がしたいと考えたため、応募いたしました。」

志望動機の例文②

「私が貴園を志望した理由は、外遊びをモットーとする教育方針に深く共感したからです。私は小学生の頃からバレーボールをしていたため身体を動かすのが得意で、保育実習では子どもと楽しめるボール遊びをたくさん発案しました。現代の子どもは外遊びが不足していると言われているなかで、積極的に外遊びを行っている貴園でなら、私の経験を生かした保育ができると考えています。保育士として、子どもたちには身体を動かす楽しさをたくさん伝えたいと思っています。」

 

例文のように、保育への強い熱意や未経験としてのフレッシュ感をアピールできるような志望動機を作成してみましょう。

 

ブランクからの再就職の場合

 

一度離職して保育士としてのブランクがある場合は、復帰したいと思ったきっかけと、ブランク中の経験をどう活かすかが志望動機に示されていると好印象でしょう。

 

ブランクからの再就職を目指す場合の志望動機の書き方と例文をまとめました。

アピールポイント

保育士さん不足の影響で、ブランクがあっても保育士の資質と経験があれば歓迎したいと考える園は多いようです。

 

育児経験を保育に活かすことができるので、ブランク期間に主婦として子育てをしていた方は、即戦力となることを期待されるかもしれませんね。

 

一度離職してブランクがある場合、以下のようなポイントをアピールしてみましょう。

 

  • 過去の保育士経験
  • 保育から一度離れた理由や、復帰しようと考えたきっかけ
  • 子どもがまだ小さい場合は、家族の理解やサポートの有無

 

過去の保育経験や離職していた間に得た経験を、どのように保育の仕事に活かせるかを説明すれば、採用担当者に伝わりやすくなるでしょう。

志望動機の例文①

「私は、新卒保育士として就職してから8年間働いていましたが、出産を機に退職しました。保育の仕事から離れたものの、自分や友人の子どもの成長とかわいらしさに触れるうちに、やはり私には保育士の仕事しかないと思うようになりました。娘は今春から保育園に入り、送り迎えは近くに住む実母がサポートしてくれる予定です。親の立場になって気づいた事が多々あるため、今後は子どもだけではなく、保護者の方の気持ちにも寄り添える保育士になりたいと考えております。」

志望動機の例文②

「私は以前、保育士として3歳児と5歳児の担任をした経験があります。その後、多角的な視野を持ちたいと思い他業種に転職しましたが、甥の面倒をみているうちに、再度保育士の仕事をしたいと思うようになりました。現職の接客業では、幅広い年齢層の方々と話す機会があり、年齢に沿った言葉遣いや対応を身につけることができました。今後は、得意とする手遊びを用いた集団指導の経験を活かしつつ、密接にコミュニケーションをとって保護者の方と信頼関係を築いていきたいと考えております。」

 

例文のように、保育士として復帰したいと考えた理由と、これまでの経験をどのように活かせるのか、という点を押さえて志望動機を作成するとよいでしょう。

 

異業種からの転職の場合

 

異業種から保育士に転職する場合の志望動機の書き方と例文をまとめました。

アピールポイント

異業種から転職する場合は、保育士を目指したきっかけを具体的に書き、やる気があることをアピールすることが大切でしょう。

 

経験者と比べると不利に感じるかもしれませんが、意欲や保育に生かせる経験があれば、採用されるチャンスはあるかもしれません。

 

異業種からの転職を目指す場合、以下のようなポイントをアピールしてみましょう。

 

  • 異業種で経験したことを保育にどう活かせるのか
  • 協調性とコミュニケーション能力があること
  • 保育士の仕事を一から学ぼうとする熱意

 

以上の点をアピールすることで、今まで培ってきた経験をどのように活かせるのか、また保育士の仕事へのやる気などが採用担当者に伝わりやすくなるでしょう。

志望動機の例文①

「私は、大学卒業と同時に保育士資格を取得したものの、卒業後すぐに結婚して主婦となり、夫の仕事を手伝うことになったため、保育士の経験がありません。しかしながら、子育てがひと段落したことを機に、保育士資格を活かして働きたいと思っております。10年以上事務職をしていたため、パソコンでの書類作成が得意です。主婦の頃に培った子育て経験と事務経験を活かし、保育士として貴園で子どもたちの健やかな成長の手助けをしたいと考えております。」

志望動機の例文②

「私は人と関わる仕事が好きで、5年間飲食店で働いておりました。お店には親子連れのお客様が多かったため、手が空いたときは自然と子どもの遊び相手になっていました。そんなとき、親御さんはこちらが恐縮するほどお礼を言って下さり、とても嬉しかったことを覚えています。また、そんな親御さんから子育ての苦労を垣間見て、私はいつしか保育士になって誰かの役に立ちたいと考えるようになりました。接客業で培った笑顔と体力を活かして、子どもと親御さんをサポートできる保育士になりたいと考えております。」

 

例文のように、異業種での経験がどのように活かせるか、また保育士の仕事を学ぼうとする意欲や熱意が伝わるように志望動機を作成するとよいでしょう。

【経験年数別】保育士の志望動機の書き方・例文

ここでは、経験年数ごとに保育士の志望動機の書き方や例文を紹介します。

 

経験年数5年未満の場合

 

保育士経験が5年未満の場合の、志望動機の書き方と例文をまとめました。

アピールポイント

若さと体力があり、保育現場についての知識がある第二新卒はニーズが高いと言えるでしょう。

採用担当者は応募者の経験やスキルも見ていますが、人柄重視で合否を決めていることも考えられそうです。

 

経験年数が5年未満の第二新卒の場合、以下のポイントをアピールしてみましょう。

 

  • これまでの仕事で行ってきた努力
  • 保育士としての自分の魅力
  • 前職を辞めたポジティブな理由

 

前職での経験を踏まえて保育士の仕事に熱意を持って取り組むことができる人材である、という印象を採用担当者に与えられるかもしれません。

志望動機の例文①

「新卒から3年間、乳児のみが入所する施設で働いてきたのですが、もう少し受け持てる年齢の幅を広げたいと感じるようになりました。6歳までの異年齢保育を実施している貴園の見学に参加した際、赤ちゃんと幼児が触れ合っている姿がとても魅力的に映りました。これまで培ってきた乳児保育の専門性を活かしつつ、園全体の保育に貢献してまいりたいと思います。」

志望動機の例文②

「前職は園児数〇〇名という大規模な園で勤務をしておりました。仕事にはやりがいを感じていましたが、一方で勤務するうちに「子どもの意志を一番に尊重できる保育士さんになりたい」と考えるようになりました。そのとき、貴園で家庭的な保育を目指されている旨を情報ページで拝見いたしました。貴園でならば、希望する保育を実践することができるのではないかと感じ、志望いたしました。」

 

これらの例文のように、保育士としての経験を踏まえてさらなるキャリアアップを図ることが目的であるということが具体的に伝わるような、ポジティブな志望動機を書くといいでしょう。

 

経験年数5年以上・転職回数2回以上の場合

 

保育士経験が5年以上、または転職経験が2回以上ある場合は、これまでの経験や成果を具体的に書き、それをもとに新たな職場でどんな貢献ができるのかをまとめましょう。

アピールポイント

保育士経験が5年以上、または転職経験が2回以上ある保育士さんには、保育に関するノウハウ・マネージメント経験や、その資質があるかどうかが求められているようです。

 

保育士経験が5年以上、または転職経験が2回以上ある場合は、以下のポイントを押さえるとよいでしょう。

 

  • これまでしてきた具体的な取り組み、実績はあるか
  • 保育士経験を活かし、どのように貢献していきたいか
  • 転職をした前向きな理由と今後どうしていきたいか

 

培ってきた経験をもとにどのように活躍し、園に貢献できるかを採用担当者にイメージしてもらいやすくなるでしょう。

志望動機の例文①

「私は、現在の職場で主任を任されて〇年目になります。主な業務として、保育士25名のとりまとめや、新人の採用面接などを担当しております。これまで私は、新人保育士の育成に特に力を入れてまいりました。月に1度は面談を行い、細やかにコミュニケーションを取ることで、保育士のほとんどが結婚や出産などライフステージが変化するまで長く働いてくれました。貴園は、結婚や出産などのライフイベントを経ても、保育士たちが復帰しやすい環境が整えられています。ご採用いただけましたあかつきには、今までの経験を活かし、保育士たちが本当の意味で長く生き生きと働ける環境作りを目指したいと考えております。」

志望動機の例文②

「子育てや引っ越しが重なり、職場や働き方を変えながら保育士の仕事を続けてまいりました。そのなかで、より一人ひとりの子どもと向き合いながら、子育てに関する悩みを抱える保護者の方に寄り添いたいと考えるようになりました。自身の子育てが落ち着いたのを機に、改めてフルタイムで働く場所を探していたところ、貴園に出会いました。子どもたちと密に関わる保育を取り入れている貴園の家庭的な環境で、保護者の悩みに寄り添いながら今までの経験を活かして保育を実践していきたいと考えております。」

 

例文のように、これまでの保育士経験で培ってきたノウハウを活かして、新しい園にどのように貢献できるかをアピールできるような志望動機を作成するとよいでしょう。

【雇用形態別】保育士の志望動機の書き方・例文

2人の面接官と求職者

metamorworks/shutterstock.com

 

ここでは、雇用形態ごとに保育士の志望動機の書き方や例文を紹介します。

 

パート・アルバイトの場合

 

パートやアルバイトの場合は、保育士だけでなく保育補助として保育現場で働くこともできます。

 

ここでは、パートやアルバイトで応募する場合の志望動機の書き方と例文をまとめました。

アピールポイント

パートやアルバイトでは、園側が要望している曜日や時間帯できちんと働けるかが、採用の大きなポイントになるでしょう。

 

さらに、正社員のように研修がないこともあるため、即戦力となる人が求められることも多いようです。

 

パートや派遣社員として働きたい場合、以下のポイントをアピールしてみましょう。

 

  • 園が希望するシフト通りの勤務時間
  • 保育士としての実務経験や、子育て経験など即戦力につながる経験
  • 他業種からの応募でも保育実務につながりそうな経験

 

このようなポイントをアピールすることで、即戦力となる人材であることが採用担当者に伝わりやすくなるでしょう。

志望動機の例文①

「私は、正社員保育士として6年間勤め、出産を機に退職しました。主婦として子育てをしているうちにもう一度保育の仕事に携わりたいという思いが強くなったため、子育てがひと段落したタイミングで貴園のパート募集に応募いたしました。夫・子どもは仕事と学校で外出しているため、応募要項にありました7:00~18:00内のシフトは、どの時間帯でも対応できます。家が近く通勤もしやすいため、急な出勤要請にも可能な限り対応できるかと存じます。」

志望動機の例文②

「結婚を機に前職を退職し、保育士資格を取得するため、現在通信講座で勉強しております。保育の知識を身につけるために実務経験を積みたいと思い、こちらで募集している保育補助のアルバイトに応募いたしました。子育てはしておりませんので、シフトに関しては可能な限り柔軟に対応いたします。前職は会社員をしておりましたが、一度も欠勤することがなかったため体力には自信があります。保育を一生の仕事にしたいため、ぜひこちらの園で学ばせていただきたいと考えております。」

 

例文のように、働いた場合に即戦力となること、あるいは保育について学ぶ意欲があることが伝わるように志望動機を作成するとよいでしょう。

 

派遣社員の場合

 

派遣社員の場合、直接雇用契約を結ぶのは派遣会社となるため、保育園に履歴書を送ったり志望動機を伝えたりすることはないようです。

 

しかし、園見学などに行った際に職員から簡単に志望理由を聞かれることもあるかもしれません。

 

派遣保育士として働く場合の志望動機の書き方や例文を紹介します。

アピールポイント

派遣保育士の場合、志望度や熱意よりも、求める人材としてふさわしいかといったスキル面が重視されるようです。

また、契約期間内は休まず出勤できるかどうかも求められるかもしれません。

 

派遣保育士として働く場合には、以下のポイントをアピールしてみましょう。

 

  • これまでの保育士経験、スキル
  • 園が希望するシフト通りの勤務時間

 

このようなポイントをアピールすることで、スキルがあり園に貢献できる人材であることが採用担当者に伝わりやすくなるでしょう。

志望動機の例文

「現在小学生と中学生の子どもがおり、育児と両立しながら保育士として働きたいと考え、派遣という働き方を選びました。私は以前5年ほど保育園に勤め、1歳児クラスと2歳児クラスを担当していた経験があります。自身の保育経験を活かして、フリーや補助の形で職員の方のサポート業務に回れたらと考えております。また、貴園の応募要項に記載されていました、9:00~15:00のシフトで対応可能ですので、よろしくお願いいたします。」

 

保育士としての実践的な経験があることや、きちんと出勤することができることが伝わるような志望動機を作成してみましょう。

保育士の志望動機の書き方を押さえて、就職活動に活かそう

今回は、保育士の志望動機について、作成するときのポイントや例文などを紹介しました。

 

履歴書や面接で志望動機を求められるのは、園側が応募者の熱意や志望度の高さをはかるためのことが多いようです。

 

そのため、自分がどうしてその園を選んだのか、どうして保育士として働きたいのかなどがわかるように作成することを心がけると、より採用担当者に伝わる志望動機となるでしょう。

 

今回紹介した書き方やポイントを押さえて、自身の意欲をしっかりとアピールできる志望動機を書いてみてくださいね。

 

気になる保育求人を紹介

 

advisor-02.png

志望動機を書くのが難しい・・・

経験豊富なアドバイザーが、志望動機の考え方から転職までフルサポート!完全無料なので、お気軽にご相談くださいね。


アドバイザーに相談してみる

保育士の転職でよく見られる記事

転職の流れ

転職のためには何か月前から動くべき?転職の流れを理解しましょう。

良い求人の見つけ方

ご自身にとっての「良い求人」の見つけ方をつかみましょう!

履歴書

ぜひ会ってみたい!と思わせる履歴書の書き方を解説します。

職務経歴書

職務経歴書にこれまでのスキルや経験をまとめてアピールしましょう!

自己分析と自己PR

履歴書や面接に活かせる自己PRの書き方を解説します。

志望動機

志望動機の書き方と例文を「保育士歴別」に分けて解説します。

円満退職

辞めるまでの過ごし方のコツ、退職届の書き方などをご紹介します。

面接対策

身だしなみや面接でよく聞かれる質問のポイントをおさえましょう。

転職Q&A

保育士が転職する際に気になる点をQ&A形式で集めました。

離職後の注意点

保育士が離職後に注意するべき各種手続きなどをお教えします。

 

一般の転職との違い

転職する際に知っておきたい保育業界の転職事情を知りましょう。

 

関連する記事

保育士さんが転職に失敗する理由とは。失敗談の例や成功するために気をつけるポイント

保育士さんが転職に失敗する理由とは。失敗談の例や成功するために気をつけるポイント

転職活動中の保育士さんの中には、自身の希望に合う保育園探しに苦労している方もいるしょう。給...

保育士さんの転職。なぜ面接に落ちたのか、不採用の理由と今後の対策アイデア

保育士さんの転職。なぜ面接に落ちたのか、不採用の理由と今後の対策アイデア

転職を目指して面接を受けてもなかなか合格にならず、悩んでいる保育士さんもいるでしょう。不採...

【2021年最新版】保育士の職務経歴書の書き方ガイド。転職に役立つ職務内容や自己PRの例文

【2021年最新版】保育士の職務経歴書の書き方ガイド。転職に役立つ職務内容や自己PRの例文

転職活動の際に求められる職務経歴書は、保育士としてのキャリアや自己PRを盛り込んで自身をア...

【2021年最新版】保育士の面接対策!よく聞かれることや質問への回答例文

【2021年最新版】保育士の面接対策!よく聞かれることや質問への回答例文

保育士さんが転職活動をするうえで重要な面接。自身の人柄を上手にアピールするためには、自己紹...

保育士さんの退職の引き止め。断り方のポイントと例文を紹介

保育士さんの退職の引き止め。断り方のポイントと例文を紹介

転職を考えている保育士さんの中には、退職を引き止められた際の断り方に悩む方もいるかもしれま...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!