保育園でのお盆期間はどう過ごす?アイデアや子ども向けにわかりやすく説明する方法

8月の中旬といえばお盆の時期。保育園では、お盆期間をどのように過ごしたらいいのか悩んでいる先生もいるかもしれません。また、子どもたちへどのように説明するといいのか知りたいという方もいるでしょう。今回は、お盆とはいつなのかや保育園での過ごし方、子ども向けに分かりやすく説明する方法を紹介します。


盆踊りの様子

Hanafi Latif/shutterstock.com


お盆とは

お盆という言葉は聞いたことがあっても、具体的に何をする日なのか分からない先生もいるかもしれません。ここでは、お盆とはどのような意味や由来をもつ行事なのかくわしく解説します。



お盆の意味


お盆は日本伝統の風習で、ご先祖様が一年に一度この世に戻ってくる期間と言われています。そして、迎えたご先祖様のご冥福をお祈りして供養するのが日本の慣例です。

迎え火・送り火の意味

迎え火は盆の入りの日に行われ、送り火は盆明けに行われます。


迎え火には道に迷わずに帰ってこれるようにという意味が込められており、現世に帰ってくるときの目印にもなっています。一方、送り火には無事にあの世に帰ることができるようにという意味が込められています。

盆提灯の意味

盆提灯は、迎え火や送り火として使用する提灯のことです。

盆提灯を飾るのには、先祖の霊が迷わずに帰ってこれるようにという意味があり、目印のような役割を果たしています。


一般的には、玄関や軒先のほかに仏壇や盆棚などに飾られ、奇数ではなく一対や二対というようにセットで飾ることが風習となっているそうです。

きゅうりとなすをお供えする意味

きゅうりやなすは、先祖の霊があの世とこの世を行き来するときに使う乗り物としての役割があるようです。


一般的には、きゅうりで作った馬は精霊馬と呼ばれ、「馬に乗って早くこの世に帰ってきてほしい」という願いが込められています。そして、なすで作った牛は精霊牛と呼ばれ、「牛に乗ってこの世を楽しみながらゆっくりと帰ってほしい」という願いが込められているようです。

なぜ盆踊りがあるの?

盆踊りは一般的に先祖の霊があの世に帰る最後の夜に行われるとされ、盛大に送り出すための風習のようです。


もともとは、お盆の時期に帰ってきた先祖を供養する念仏踊りが始まりで、鎌倉時代には全国的に盆踊りが広まったとされています。そして徐々に民俗芸能の意味合いが強くなり、室町時代ごろには太鼓をたたくなど、華やかな現代の形に近づいたと言われています。


盆踊りには本来、「先祖の霊を供養する」という意味が込められていたのですね。



お盆の由来


お盆の正式名称は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言い、サンスクリット語やペルシャ語の言葉が語源であると伝えられています。


お盆は、お釈迦様の弟子である目連尊者が地獄に落ちてしまった母親を救うために、7月15日に多くの霊を供養したことが始まりと言われているようです。


この弟子は、神通力によって亡くなった母親が苦しんでいることを知り、お釈迦様にどうしたら母親を救えるかを相談しました。すると、お釈迦様は「夏の終わりの7月15日(現在の8月中旬)に多くの人を供養すれば、苦しみから救われる」と伝えました。


そして弟子がその教えに従ったところ、弟子の母親は極楽往生を遂げることができたことから、盂蘭盆会という行事が生まれたとされています。



2020年のお盆期間はいつ?


お盆の期間は7月に行われる新盆と、8月に行われる旧盆があり地域によって異なります。

しかし、全国的には例年8月の第3週目あたりが一般的とされており、2020年のお盆は【8月13日~8月16日】の4日間となっています。


東京都や函館などの一部地域では7月15日を中心とした新盆が適用されていますが、お盆の風習自体には、地域によって大きな差は見られないようです。

保育園でのお盆期間の過ごし方

子どもたちがお盆についての理解を深めるために、保育園ではどのように過ごしたらいいのでしょうか。



暑中見舞いをかく


暑中見舞いとは、お盆の時期にかく挨拶状のことです。先生や保護者の方、友だちに暑中見舞いとして、夏らしいイラストといっしょにお手紙をかいてみてはいかがでしょうか。


ここでは、暑中見舞いを飾る夏らしいデザインの消しゴムハンコを紹介します。



ハンコといっしょにかき氷や風鈴などの涼しげなイラストがかいてあれば、もらった相手も喜んでくれるかもしれませんね。


ちなみに、正式には8月7日~9月6日の期間に贈るものを「残暑見舞い」、7月7日~8月6日の期間に贈るものを「暑中見舞い」と呼ぶようです。



盆踊りをする


保育園内で子どもたちと盆踊りをしてみましょう。段ボールにちょうちんやのれんなどの簡単な装飾をしてやぐらを作れば、園内で盆踊り会場の雰囲気を作ることができそうです。


頭にねじりはちまきを巻いたりはっぴを着たりして、盆踊りの装いをすれば準備完了です。やぐらを囲んで輪になり、みんなで音楽をかけて踊りましょう。

盆踊りが演出する一体感に、子どもたちのテンションもあがりそうですね。


他にも、屋台の食べものを用意してお店屋さんごっこをしたり、金魚すくいや輪投げのセットを手作りしてゲームや遊びを取り入れたりすると、夏らしい雰囲気になって保育園での盆踊りがさらに盛り上がるかもしれません。



お供え物をする


お盆には、きゅうりで作った馬(精霊馬)やなすで作った牛(精霊牛)をお供えする風習があり、あの世とこの世を行き来する乗り物としてお供えされるようになったと伝えられています。

そのため、保育園でもきゅうりやなすを飾ってお盆を過ごしてみましょう。


お供え物がもつ意味は地域によって異なるものの、一般的にはきゅうりで作った馬やなすで作った牛には「早くこの世に帰り、無事にあの世へ戻れますように」というような意味が込められています。


きゅうりやなすにそれぞれ短く切った4本の割り箸をさせば精霊馬と精霊牛のできあがりです。

作り方は簡単なので、遊びや工作の気分で子どもたちといっしょに作ってみてくださいね。

お盆について子ども向けに説明する方法

提灯の写真

photoAntenna/shutterstock.com


保育園では、お盆について子どもたちから聞かれることもあるかもしれません。

ここでは、お盆とはどのような行事であるのか、またいつなのかを子どもたちに伝えるための簡単な言い換え例を紹介します。



「お盆はどんな日なの?」


「お盆は、ご先祖様にありがとうを伝える期間だよ。ご先祖様というのは、おじいちゃんやおばあちゃんのパパやママのことを言うんだよ。」



「お盆はいつからいつまでなの?」


「2020年のお盆は8月13日から16日までだよ。」



「お盆の日は何をするの?」


「お盆はきゅうりを飾ってご先祖様が早く帰ってこれるようにしたり、なすを飾ってゆっくりお見送りするんだよ。」



「どうしてきゅうりやなすを飾るの?」


「きゅうりやなすは夏の野菜だから、たくさん手に入ったんだって。そこで、きゅうりは細くて長いから馬、なすは太くて丸いから牛に見立てられるようになったんだよ。」


お盆の意味や由来を伝えるときには難しい言葉は使わないようにして、子どもたちが身近に感じられるように簡単な言葉で説明するとよさそうです。


また、先祖と言われても子どもたちにはピンとこないこともあるかもしれません。

そのようなときには「ママやパパの家族にありがとうを伝えるんだよ」などのように説明すると、子どもたちもイメージしやすくなるでしょう。

お盆の意味や過ごし方を知り、保育園で子どもたちに分かりやすく伝えよう

今回は、お盆とはどのような行事なのか、また保育園での過ごし方や子ども向けに簡単に説明する方法などを紹介しました。


お盆について子どもたちに伝えるときには、分かりやすい言葉を用いて、身近なことと絡めながら説明するといいかもしれません。また、暑中見舞いをかいたり盆踊りを踊ったりして、楽しみながらお盆に触れるとよさそうです。


お盆は日本ならではの伝統行事であり、ご先祖様を供養する大切な期間でもあるため、子どもたちにも親しみをもってもらえるような工夫をしましょう。



行事重視の保育求人を紹介



関連する記事

【6月4日】保育園で行う虫歯予防デー!ペープサートなどの出し物で子どもに説明しよう

【6月4日】保育園で行う虫歯予防デー!ペープサートなどの出し物で子どもに説明しよう

保育園で虫歯予防デーについて伝えてみましょう。子どもたちが虫歯予防の大切さを知り、普段の歯...

保育室が狭い!そんなとき、どうレイアウトする?環境設定や遊び方の工夫

保育室が狭い!そんなとき、どうレイアウトする?環境設定や遊び方の工夫

「遊びの環境を充実させたいけれど、保育室が狭い」といった悩みをもつ保育士さんもいるかもしれ...

アイスクリームの日とは?保育園での由来の伝え方、製作やゲームのアイデア

アイスクリームの日とは?保育園での由来の伝え方、製作やゲームのアイデア

アイスクリームの日とは、アイスを広めることを目的として1964年に制定された記念日です。保...

【梅雨】保育園でカエルの製作をしよう!ぴょんぴょん跳ねるものや時計などのアイデア

【梅雨】保育園でカエルの製作をしよう!ぴょんぴょん跳ねるものや時計などのアイデア

保育園で楽しめるカエルの製作アイデアを知りたい保育士さんもいるかもしれません。時の記念日と...

【保育士さん必見】保育園の懇談会の進め方。挨拶や自己紹介テーマ、司会のポイント

【保育士さん必見】保育園の懇談会の進め方。挨拶や自己紹介テーマ、司会のポイント

保育園で行われる懇談会の進め方に悩む保育士さんもいるでしょう。全体の流れを知っておけば、司...

特集コラム一覧

プロ厳選!プレミアム求人

保育士求人を探す

コラム記事を探す

よくある質問

Q

保育士バンク!のコラムにはどんな記事がありますか?

A

転職に関する記事の他に、日常の保育で使える手遊びや工作の動画など、幅広いジャンルで保育士さんや幼稚園の先生に役立つ情報を提供しています。詳細はコラム総合トップからご確認ください。

Q

最新の記事や動画はどこから見る事ができますか?

A

最新記事はこちらです。保育士バンク!では週に3~5本くらいの新しい記事や動画を公開していますのでぜひご覧ください!最新記事や人気記事はコラム総合トップからもご確認いただけます。

Q

最新の記事や動画をもっと簡単に見たいです。

A

保育士バンク!アプリがオススメです!iPhoneアプリはこちらからAndroidアプリはこちらからダウンロードください!